人気ブログランキング |

鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:1960-1964(45~49才)( 79 )


2008年 07月 27日

再結成SHOW-YAに注目。【寺田恵子】

c0119436_9154990.jpg

寺田恵子、愛称:姐さん、1963年7月27日生まれ。(今日が誕生日)血液型A型。千葉県船橋市出身。 1982年 - YAMAHA Light Music Contest '82 レディス部門ベストボーカリスト賞を受賞。1985年 - SHOW-YAのボーカリストとして、「素敵にダンシング」でデビュー。1991年 - SHOW-YAを脱退。1992年 - シングル「PARADISE WIND」でソロデビュー。 1997年 - SHOW-YAの五十嵐美貴らと「全日本女子プロバンド」を結成。1998年 -公共広告機構「骨髄バンク」テーマソングを担当。2004年 -ROCK’N JAM MUSICALにてミュージカル初舞台を踏む。2005年 - 自身の呼びかけでSHOW-YAを再結成。2006年 - NHK-FMで「私の名盤コレクション」MCを担当。

Session Works:■Hips(西田Marcy昌史/EarthShaker & 寺田恵子)「夜をぶっとばせ」(88/11/30) TVアニメ 超音戦士ボーグマン 「EUPHORIA」(03/10/29) XboxGame ダイナソーハンティング■RiderChips(野村義男/Gtr、寺沢功一/Bs、Joe/Drs、寺田恵子/Vocal)「果てしない炎の中へ」(02/8/7) 仮面ライダー龍騎エンディングテーマ 「MASKED RIDER LIVE 2004」(04/4/21) 「MASKED RIDER LIVE 2004」(04/4/21)■「戦場のダンス ~dance in the battlefield~」(04/2/24)TVアニメAREA88エンディング曲、全日本女子プロバンド(寺田恵子/Vocal、五十嵐sun-go美貴/Gtr、渡辺敦子/Bs、富田京子/Drs、力石理江/Kb)■「SuperRock☆Summit ~天国への階段~」(99/3/17) 「SuperRock☆Summit ~レインボウ・アイズ~」(99/6/30)

未だにライブ活動を通じ音楽業界で活躍し、40代半ばを迎えた彼女。確かに一時代のミュージックシーンを席巻した。それだけにまだまだという気持ちが彼女のブログからもうかがい知る事ができる。音楽はライフワークとして欠かせないものだろうが、食べていくことも大切だ。今更OLでもないだろう。ひとつ事に集中して走り続けていると気付かないが潰しが利かない。器用貧乏になる必要なないけれど、生活が保てるかどうかも大切な要素だ。それを諦めずに元気に活動されている彼女は立派だ。これからも暖かく見守りたい。

by suzunobu-nigaoe | 2008-07-27 23:59 | 1960-1964(45~49才)
2008年 07月 25日

小柄な体型のどこにパワーが?【ジャガー横田】

c0119436_2044245.jpg

ジャガー横田、本名:木下利美、旧姓:横田、1961年7月25日生まれ。(今日が誕生日)東京都荒川区出身。血液型B型。4人姉妹の末娘。身長159㎝という女子レスラーとしては恵まれない体格の持ち主ながら、その気迫迫るファイトは「女子プロレス界一のストロングスタイル」と評され、現在は現役最古参女子レスラーとして各女子プロレス団体のリングに上がるとともに、フリーの立場で各団体の後輩の指導に当たる。なお、これまでに初代全日本シングル王者。第29代・31代WWWA世界シングル王座など数々のタイトルを所持している。得意技は「ジャガー式ジャーマンスープレックス」、「ジャンピングヒップアタック」など。

2004年7月に、元リングドクターで現在は所沢胃腸病院勤務の医師、木下博勝と結婚。「究極の勝ち組結婚」として世間を賑わし、その後も『徹子の部屋』、『踊る!さんま御殿!!』、『クイズ$ミリオネア』、『はなまるマーケット』『メレンゲの気持ち』『いい旅夢気分』等数々の人気番組に夫婦で出演し、夫婦揃ってお茶の間の人気者となっている。2006年5月に妊娠が発覚。高年齢出産であるということも相まって、マスコミの間で大きな話題を呼んでいる。同年11月29日にハワイの病院で自然分娩にて男児を出産。2007年、年内中にリングに復帰する意向を表明した。

人間できないことを理由にすることは簡単だ。しかし、彼女は小柄ながらもそれをハンディとせず、頂を制している。この似顔絵も毎日描くことを止める理由付けはいくらでもある。しかし、連続描画500日に数十日と迫った今、これを再度繰り返すことは大変だ。できるところまで続けてみることは楽しくもある。ジャガーのファイトを何度かテレビで見たことがあるが、鬼気迫るその戦いぶりは気持ちの表れのように見える。きもちありき、それはある意味正しい。モチベーションをいかに高めるか、持続させるか工夫が必要だ。人が頑張っている姿は見ていて好感が持てる。ファイト!

by suzunobu-nigaoe | 2008-07-25 20:46 | 1960-1964(45~49才)
2008年 07月 17日

「あしたま!」じゃないよ。【浜田麻里】

c0119436_733134.jpg

浜田麻里、1962年7月18日生まれ。血液型A型。東京都出身。青山学院大学中退。中学生の頃からコマーシャルソングの吹き込みで活躍し、都立武蔵丘高校入学後になるとパンクロックバンド「麻里バンド」を結成。更に青山学院大学でも「Misty Cats」のヴォーカルとして活躍し、1983年「麻里ちゃんはヘヴィ・メタる」のキャッチフレーズでメジャーデビュー。1980年代の女性ロックヴォーカリストの旗手として注目を集め、当時のハードロックジャンルとしては異例ともいえるアルバム売り上げを誇っていた。1985年には初のシングル盤となる「Blue Revolution」を発表。この頃からプロデューサーとしても名を連ねるようになる。

1987年発表の「In The Precious Age」から録音場所を海外へ移し著名なプロデューサー、ミュージシャンを起用しアルバムを製作するようになる。この頃から初期にみられたハードロック色の強い曲調からポップさも取り入れた幅広い音楽性を表現しファン層をさらに広げる。1988年にはソウルオリンピックのNHKのテレビ・ラジオ中継のイメージソングとして「Heart and Soul」が採用された。翌1989年の『Return to Myself ?しない、しない、ナツ。』がオリコン初登場5位。また同年に行われた日本武道館での単独コンサートも成功させた。2002年、赤坂Blitzにて9年ぶりとなるコンサートを行った。現在1?2年に1枚ほどのペースでオリジナルアルバムを発表、年1回のペースでライブツアーを行い、「アンチエイジング」な歌声と容姿を披露し続けている。なお、「あしたま」でお馴染みのタレント・女優・歌手の濱田マリとは読みに関しては同姓同名だが別人である。

露出は多くは無いが、今もってミュージシャンとして頑張っている一人だ。ご存知ない方も多いかも知れないが、一時はプリプリや工藤静香らとヒットチャートのトップを競ったものだ。「あの人は今…」的な趣で描いたのではない。スピードはその人に合わせてで十分だと思う。たとえば車と自転車、それから徒歩。目的によって乗り物も異なるが、見える景色も大きく変わる。若いときは走りすぎて見えなかったものが、歳を重ねると見たくなることもある。私は今、免許が無いから選択肢として自転車か徒歩だ。速さは求められても難しいが、止まらないで走り続けることならできそうな気もする。つい、比較しがちの人生ではあるが、自分だけのマイ・ロードを心地よいスピードで進めるのも悪くはない。

by suzunobu-nigaoe | 2008-07-17 23:59 | 1960-1964(45~49才)
2008年 07月 15日

アイドルアナウンサーの草分け。【寺田理恵子】

c0119436_1504836.jpg

寺田理恵子、1961年7月15日生まれ。(今日が誕生日 )聖心女子大学卒業。1984年-フジテレビアナウンサー。1986年4月-文字多重放送キャンペーンで徳光和夫ら10人とともに「もんた隊」を結成。1989年7月-結婚によりフジテレビを退社。その後、離婚し、再婚し、引退、出産。現在の夫は、NEC元会長・関本忠弘の長男・関本雅一。雅一は2007年10月9日、人材派遣会社から5600万円を着服した容疑で逮捕された。

過去の出演番組、ザ!地球どんぶり。オレたちひょうきん族。アナウンサーぷっつん物語等。同期のアナウンサーには、川端健嗣、吉沢孝明(現:フジテレビ名古屋支社長)、吉崎典子、三竹映子等。先代:山村美智子 オレたちひょうきん族歴代ひょうきんアナウンサー、2代目。次代:長野智子 。

別れた連れ合いのことで話題になるとは迷惑な話だ。血の繋がった身内でさえコントロールすることは難しい時代なのに、増してや配偶者など一緒にいてもどうにかなるものでもない。よく、見る目が無かっただの言う人もいるが、自分の人生すら分からないのに、好きになった相手の将来まで見通せたなら、占い師でもなったほうが適職かもしれない。まだ彼女のように、実績ある仕事をこなして来た者には、それなりに仕事を求めることも可能かもしれないが、ただのサラリーマンでは今のご時勢ありつける仕事など厳しいの一語に尽きる。活躍してる人を描くための当ブログではあるが、俺たちひょうきん族は欠かさず見ていた関係で、エールを贈る意味を込め寺田さんを描かせていただいた。いい写真が見当たらず、出来はいまひとつだがご勘弁頂きたいm(__)m

by suzunobu-nigaoe | 2008-07-15 23:59 | 1960-1964(45~49才)
2008年 07月 01日

記憶に残るプリンセス。【ダイアナ妃】

c0119436_23294044.jpg

ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)、1961年7月1日生まれ。(今日が誕生日)1997年8月31日逝去。(満36歳没) イングランドノーフォーク出身。それぞれ第2位および第3位のイギリス王位継承者であるウィリアム王子およびヘンリー王子の実母。 2002年BBCが行った「偉大な英国人」投票で第3位となった。ダイアナは最初はノーフォーク、後にケントの寄宿学校で教育を受けたが、成績は悪かった。ただ、乗馬や水泳などのスポーツやピアノは得意だった。16歳の時にスイスの花嫁学校に入っている。

スイスから帰国したダイアナは社交界にデビューし、1978年11月にバッキンガム宮殿で開かれたチャールズ王太子の誕生日パーティーで初めて将来の夫と対面する。やがてダイアナはロンドンのアパートで住むことを許され、保育士として働きはじめた。1980年7月ダイアナは再びチャールズと出会い、交際を深めていった。だが、チャールズには既に恋人のカミラ・パーカー・ボウルズがおり、カミラがチャールズにダイアナとの結婚を薦めたと言われる。1981年2月24日チャールズ王太子とダイアナの婚約が発表された。1981年7月29日、20歳の時にチャールズ王太子とロンドンのセントポール大聖堂で結婚した。チャールズとカミラの交際は世間に知れ渡り、これを機にダイアナも王室職員やさまざまな男性と大っぴらに付き合うようになった。夫婦は1992年12月9日に別居し、1996年8月28日に正式離婚した。ダイアナはプリンセス・オヴ・ウェールズ(ウェールズ大公妃)を引き続き名乗ることと、ケンジントン宮殿の居住を認められ、その後は対人地雷廃止運動やエイズ啓発活動などに関っていた。


パリ・アルマ橋の事故現場に建つ記念碑「自由の炎」1997年8月31日に、フランス首都のパリで、当時の恋人であるエジプト系イギリス人の大富豪のドディ・アルファイドとともにパパラッチに追跡された果てに、乗車したパリのリッツ・ホテルのメルセデスベンツのハイヤーがパリ市内のトンネル内で交通事故を起こし急逝した。36歳という若さであった。彼女がこの世を去ってから既に10年の時が流れる。人間の死はあっけない。私も同級生の親友を25歳の時に交通事故で失くした。後には悲しみだけしか残らない。でも、今でも私の周りで見守っていてくれるような気がする。自殺しない限り死の時間は自分で決めることはできない。生まれる時も同じだ。この二つだけは受け入れるしかない。せっかく頂いた命だから、後悔しないよう生きれたらいい。皆さんもやりたいこと、やってますか?私は…^_^;

by suzunobu-nigaoe | 2008-07-01 23:35 | 1960-1964(45~49才)
2008年 06月 30日

世界ランク5位のポーランドに8年ぶり勝利!【植田辰哉】

c0119436_0262378.jpg

植田辰哉、1964年7月25日生まれ。香川県東かがわ市出身。大阪商業大学卒業。身長196cm。新日鐵では、センタープレイヤーとして日本リーグ・ベスト6賞に5年連続選出された。全日本男子では1992年バルセロナオリンピックにキャプテンとして出場するなど活躍。指導者としては、新日鐵/堺ブレイザーズ監督、全日本ジュニア男子チーム監督などを歴任。2004年、バレーボール全日本男子暫定監督に就任、その年のワールドリーグ予選ラウンドの指揮を執った。その翌年の2005年に代表監督を要請され、正式に就任した。2007年、Vリーグ40回大会記念特別表彰においてVリーグ栄誉賞を受賞。2008年6月7日、監督として采配を振るった北京オリンピックバレーボール世界最終予選に於いて、自身が選手として出場した1992年のバルセロナ五輪以来16年ぶりの五輪出場権を獲得した。

バルセロナ五輪の開会式の日が自分の誕生日だった。ちなみに自身の夫人とも生年月日が同じである。 全日本男子を再びオリンピックに出場させるという重要な役目にいるゆえ、試合中でも練習中でも非常に厳しい表情で戦況を見つめ、時には怒鳴り、選手を鼓舞する。修行で滝に打たれる映像は有名。しかし練習オフのインタビューで「徳島ラーメンって美味しいよね」と普段は見せないような表情で答えたこともある。2008年6月7日、北京オリンピック最終予選にて出場権を獲得した瞬間に、コートで(前のめりに)大の字に倒れこみ、そのままの状態で男泣きした。

期待されなかったチームを今や女子以上にメダルを狙える位置まで引き上げた。昨夜の逆転勝ちは圧巻だった。前日敗れた相手に8年ぶりの勝利。いやでもモチベーションは上がる。選手の表情も皆生き生きしていた。「1番大切なことは頑張ることだよ。2番目は諦めないこと。」これ、うちの5歳になった孫娘が言った言葉だが、最後まで諦めなければ軌跡だって起こりうる。ちなみに「それじゃあ3番目に大切なことは?」と尋ねると、「帽子をかぶることだよ。」と訳の分からないことを言っていた^_^;とにかく北京オリンピックに向けて雰囲気も盛り上がっている。勢いに乗って突っ走って欲しい。

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-30 23:59 | 1960-1964(45~49才)
2008年 06月 25日

在日をカミングアウト。【南果歩】

c0119436_195986.jpg

南果歩、本名 渡辺果歩。(旧姓:南) 1964年1月20日生まれ。兵庫県尼崎市出身。配偶者 辻仁成(1995年-2000年)、渡辺謙(2005年-)尼崎市立尼崎高等学校、桐朋学園短期大学演劇科卒業。現代制作舎などを経て、ユマニテ所属。アメリカ合衆国・ロサンゼルス在住。短大在学中の1984年に映画『伽椰子のために』のヒロイン役オーディションに応募。2000人の中から選ばれて、主役で芸能界デビュー。1985年にはTBSのポーラテレビ小説『五度半さん』のヒロイン役でテレビドラマに進出。さらに1986年9月には坂東玉三郎演出の『ロミオとジュリエット』のジュリエット役で初舞台を踏み、以後、映画、テレビ、舞台と女優業を中心に活躍。特に1989年には『夢見通りの人々』等の映画での助演に対して助演女優賞が贈られている。

1995年にミュージシャン&作家の辻仁成と結婚し、1男をもうけたが、2000年3月に離婚。2003年1月にテレビ東京の2時間ドラマ『異端の夏』で共演した俳優の渡辺謙と2005年12月3日に再婚した。なお、継子に渡辺大と杏がいる。2007年1月11日放送のNHK総合のトーク番組『スタジオパークからこんにちは』内で両親が韓国人であることを告白した。

在日であることをカミングアウトした芸能人は数多い。和田アキ子(本名:金福子)、元プロレスラーの前田日明、ギタリストの布袋寅泰などが有名。芸能人ではないが極新カラテの創始者、故大山倍達も在日だった。容姿は全く見分けがつかない。しかし、国籍となると話は違う。私は幸いにもそのような複雑な環境下で生まれていないので適切なコメントができないが、不自由な規律・待遇が多いことだろう。偏見が未だ根強いこの日本は一見万人に平等な振りをして、実は大いなる差別大国だ。単一民族だから仕方ない側面はあるにしてもせめて自らはこのような目で見ていないか戒めたい。

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-25 23:59 | 1960-1964(45~49才)
2008年 06月 20日

中森明菜、観月ありさ、平野レミの大ファン。【三谷幸喜】

c0119436_832587.jpg

三谷幸喜、1961年7月8日生まれ。東京都世田谷区出身。血液型A型。 妻は女優の小林聡美。少年時代は、とんねるずの木梨憲武と同じサッカークラブに所属していた。私立世田谷学園高等学校卒業後、日本大学藝術学部演劇学科在学中に劇団「東京サンシャインボーイズ」結成。なお、演劇科の3年後輩の太田光は、当時は演劇志望だったため、「三谷さんは学生の頃から、スゴイ人気者だった。日藝のヒーローだった。一方、自分は教授とケンカしたりして、演劇を諦めた。だから今でも、三谷さんにコンプレックスがある。」と、2006年に自らの番組でカミングアウトしている。1994年頃、劇団の活動に行き詰まりを感じたため、倉敷市芸文館での『東京サンシャインボーイズの罠』を最後に30年間の充電期間に入る。

1997年には初の映画監督作品として『ラヂオの時間』を発表。多くの映画賞を受賞、絶賛を浴びる。2001年には自身の体験に基づいた「建築コメディ」とも言うべき監督第2弾『みんなのいえ』を発表。両作品共イギリスやドイツなどでも上映会が催され、多くの喝采を浴びた。一方『古畑任三郎』以降も『王様のレストラン』『総理と呼ばないで』『今夜、宇宙の片隅で』『合い言葉は勇気』『竜馬におまかせ!』など次々作品を発表、そして2004年に長年の夢であったNHK大河ドラマ『新選組!』の脚本を担当。三谷の意向も入れられたというそのキャスティングは賛否両論を呼んだものの、大きな話題となった。2008年、「コンフィダント・絆」で読売文学賞、第7回朝日舞台芸術賞・秋元松代賞(『恐れを知らぬ川上音二郎一座』の作・演出も含む)受賞。3月、平成19年度芸術選奨の演劇部門で文部科学大臣賞を受賞した。また、2008年6月には、第4弾監督作品『ザ・マジックアワー』が公開された。

出す作品の殆どがヒットする才能豊かな人だ。最近テレビへの露出が多く、現作品への思い入れの深さを感じる。彼の手法はひと言で言うなら斬新さ。他人が未だやっていない事に固執する。これは大切なことだ。新しいことは賛否分かれるから、普通の人はあまりやりたがらない。いや、むしろその発想すら欠落している。周りに変わってると言われる人がいたとすれば、意外と大きな可能性を秘めている人かもしれない。まともでないことはこれからのトレンドかも?

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-20 23:59 | 1960-1964(45~49才)
2008年 06月 13日

山田かつてないテレビ、懐かしいな。【山田邦子】

c0119436_10282385.jpg

山田邦子、愛称:邦ちゃん、1960年6月13日生まれ。(今日が誕生日)東京都板橋区出身。建設会社の社員で後に常務も務めた父を持つ。川村高等学校卒業。1979年 川村短期大学に入学。落語家を目指して早稲田大学の寄席演芸研究会へ入部。父は芸能界に入る事を反対しており、芸能界に入るときに関口宏が懸命に父を説得し最終的に認められたと言う逸話がある。現在も山田に取って関口は恩人である『笑ってる場合ですよ!』(フジテレビ)火曜日のツービートが担当した人気コーナー「ブスコンテスト」に応募し、オーディションで目を付けられ、素人勝ち抜きコーナー「お笑い君こそスターだ!」に出場。ここでバスガイドのネタを披露しチャンピオンになった。いわゆる漫才ブームに付随する形で巻き起こったお笑いブームの潮流に乗り、若手有望株として大きな注目を集める。1981年 ドラマ『野々村病院物語』で女優デビュー。

1980年代前半を中心に女優としての仕事もこなしたが、やがてお笑いタレントへの比重を移し、『オレたちひょうきん族』に歌モノマネなどで番組初期から末期まで出演。「ひょうきんベストテン」では主に薬師丸ひろ子 (後に天久美智子(現・あめくみちこ)に交代)や島倉千代子、松任谷由実、鈴木聖美などを演じ、「ひょうきん絵描き歌」は大ヒット企画になった。1981年の流行語ぶりっ子は山田がギャグに使ったことから、一般的な流行語になったと言われる。ゴールデンタイムでメインの番組を持った女性ピン芸人は現在まで山田以外皆無とする声もあり、芸能界あるいは放送業界では『女性で唯一天下を取ったお笑いタレント』と評する向きもある。

昨年乳癌の手術をして久々に話題となったが、今世の中は癌を患う人が多い。そして術後復活される方も多い。それだけ医学が進歩した証だろうが、このこと自体良いのかどうか疑問を感じる。長生きする意味を考えると尚更だ。今の世の中、後期高齢者と言って75歳以上は医療費等の負担も増えるし、社会環境も暮らしにくくなっている。悠々自適に暮らせる方なら楽しい人生と言えるかもしれないが、その多くは生きることが試練のようにも思えてくる。昔のように自然に天命を任せる選択もアリなのでは?と思ってしまう。山田さんも人気の凋落から精神的に落ち込んだとも聞く。この精神的ダメージが病気を引き起こすと最近言われだした。生き方の選択は自由だ。でも人と違った選択肢は勇気がいる。特にA型の多い日本人は。好きなことをできる余命を今一度考え、優先順位を付け直してみるのも一興だ。

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-13 23:59 | 1960-1964(45~49才)
2008年 06月 09日

忘れてました、昨日で連続400日^_^;【薬師丸ひろ子】

c0119436_230926.jpg

薬師丸ひろ子、1964年6月9日生まれ。(今日が誕生日)東京都港区北青山出身。血液型A型。港区立青山中学校、東京都立八潮高等学校、玉川大学文学部英米文学科卒業。実父は霊友会幹部。1978年、角川映画『野性の証明』の長井頼子役のオーディションに応募、この映画で高倉健と共演でデビューを飾る。当時CMで流されていた「お父さん怖いよ。」の台詞も話題になる。以後、薬師丸ひろ子を主演に据えた角川映画が次々と製作された。『ねらわれた学園』、『セーラー服と機関銃』、『探偵物語』など。ちょうど1970年代に東宝が山口百恵を主演に据えた映画を定期的に製作していたのと似ている。他の角川映画にもゲスト出演している。なお主演第1作は東宝映画の『翔んだカップル』。また原田知世、渡辺典子と共に「角川三人娘」と言われ、1980年代の角川作品の看板女優としても活躍する。

1981年、『セーラー服と機関銃』で主演。自ら歌った同名の主題歌でデビュー曲の「セーラー服と機関銃」も大ヒットとなる。1982年、その人気が頂点に達し、「ブロマイド」の年間売上実績で首位に立つ。透明感のある声を活かした歌手活動も展開し、その後も1983年から1985年にかけて「探偵物語/すこしだけやさしく」「メイン・テーマ」「Woman"Wの悲劇"より」「あなたを・もっと・知りたくて」など、ヒットソングを飛ばす。1991年、玉置浩二と結婚。1998年離婚。2006年、『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。

いくつになってもあの愛くるしい表情は健在だ。今でも多くの薬師丸ファンに支えられている。年齢と共に役柄にも幅が出てきた。最近では『ALWAYS 三丁目の夕日』に代表されるように母親的役も板についているが、たまには彼女ならではのコケティシュな女性を演じて欲しい。ところで私の苗字はありふれたどこにでもあるものだが、彼女のように薬師丸と言えばその人を特定できるような苗字を持った人はどのように思っているのだろうか?仮に漫画の主人公のような「白鳥」とかの良いイメージのものであれば悪い気はしないだろうが、馬鹿にされるような珍しい苗字は誰でも嫌だろう。しかし、こればかりは名前と違って、嫁に嫁く女性(婿に行く男性もあるか)以外選択の余地は無い。受け入れるしか無い訳だが、肉体同様与えられるものをどう活かすかは授かった人の考え方、生き方次第だろう。一時的に頂いたもの、授かったものならそれなりに責任をもって接したい。

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-09 23:59 | 1960-1964(45~49才)