鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 04日

大の『ルパン三世』フリーク。【寺脇康文】

c0119436_86342.jpg

寺脇康文、1962年2月25日生まれ。大阪府堺市出身。岐阜県羽島市で育つ。岐阜県立岐陽高等学校を卒業後、名古屋の俳優養成所でオーディションを受け、合格し入所。養成所卒業後、上京して1984年に三宅裕司主宰の劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)へ入団。同年11月、SETの第17回目公演『超絶技巧殺人事件』でデビュー。1987年、同劇団の岸谷五朗、山田幸伸と共にコントユニット・SET隊(せったい)を結成。SETの公演内やラジオドラマ等でコントを披露していた。1994年、岸谷五朗と共にSETを退団し、企画ユニット「地球ゴージャス」を結成。現在は舞台や映画、テレビドラマ等で活躍中。既婚で子供は3人。

「王様のブランチ」で1996年4月の放送開始から2006年12月まで司会を務めた。地球ゴージャス公演中(東京公演・地方公演)も生放送、その直後劇場に戻って舞台出演と多忙を極めるスケジュールながらも番組を休む事は無かった(2007年1月からは谷原章介にバトンタッチ)。寺脇が過去に出演していた「悪魔のKISS」(1993年7月 - 9月、フジテレビ系列)で共演した常盤貴子も彼女がTBSのドラマに主演する度にドラマPRのため出演を続けた。かつて「悪魔のKISS」で2人が演じた露骨な濡れ場シーンのことは話題にしなかったものの、2人は度々ボケツッコミを交わすなど極めて仲のいいところを見せていた。CMでは片岡物産「モンカフェ」-『相棒』で寺脇が演じている亀山薫がコーヒー好きの設定であることを買われての出演。他に日本たばこ産業「キャスターマイルド」にも。

大好きな水谷豊さんとの競演。俳優冥利に尽きるだろう。最近、「相棒」出演以来演技の評価も高まっている。本年5月10日、主演の水谷氏と共に第16回橋田賞俳優部門を受賞した。オジサンと呼ばれる年代が元気だ。見た目も若い人が増えていると感じるのは気のせいか?それとも若者に元気が無さ過ぎるのか?先日読んだ雑誌にも書いてあったが、若い人の精力が数値的に落ちてるらしい。それを受けて風俗店の危機を訴えていた。何も風俗店の肩を持つわけではないが、若さとは性的欲求に比例するところがあるとも聞いたことがある。行き過ぎた欲求は気持ち悪いが、適度に若さを保つためにも前向きな好奇心は大切だ。私もまだまだ元気だ!(^^)!
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-04 23:59 | 1960-1964(45~49才)


<< ボランティアしてますか?【東ちづる】      ハロー・キティーの大ファン。【... >>