鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 18日

癒し系芸人。【木梨憲武】

c0119436_63747100.jpg

木梨憲武、1962年3月9日生まれ。東京都世田谷区出身。帝京高等学校卒業。身長1
77cm、体重60kg。血液型O型。お笑いコンビ・とんねるずの”頭(かしら)”、相方は石橋貴明(身長182cm)。 細身の飄々としたその体躯から繰り出される細やかで、ライン際スレスレに「画」の中に収まってくる当て勘のいい動きが特徴の芸風である。こういった芸風は岡村隆史らにも影響を与えている。愛称「ノリさん」。妻は女優の安田成美で、間に2男1女。

世田谷区千歳台の自転車店「木梨サイクル」を経営する父・作三の長男として産まれる。相方の石橋貴明が極端な貧乏だったのに対し、中流家庭で育った。1977年に帝京高校に入学し、サッカー部に入部。部室での喫煙がばれてレギュラーから外される。サッカー部内ではムードメーカーで、当時同校の野球部にいた石橋とよくコンビを組んでネタをやっていた。高校時代、日本テレビ系のバラエティ番組「TVジョッキー」の一般参加コーナー「ザ・チャレンジ」に出場。木梨は正司歌江(かしまし娘)・和田アキ子・ルパン三世等のものまねを披露し、5代目チャンピオンとなる。1980年7月、「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ系)に石橋とのコンビ「貴明&憲武」として出場する。1981年、「お笑いスター誕生!!」の勝ち抜き6週目から現在のコンビ名「とんねるず」に改名。1994年、映画『そろばんずく』(1986年)で共演したことがきっかけとなり、女優の安田成美と結婚。

気配りの人である。相方の動的イメージに対し、彼は穏やかな感じが好感を持たれる。唄番組でユニットを組んだり、その多才ぶりは定評があるが周りの空気を読んでの行動にホッとさせられる。とんねるずと言うネーミングの由来は知らないが、ひらがなでの表記は柔らかな感じがして今の時代には受けがいい。私も唄を歌うとき名前の前にキャッチフレーズを付けているが、カタカナでバラード○○としている。でも、これからはひらがなに変えてみようかなぁ。少し、最近疲れ気味なのでせめて名前だけでも癒されたいかなって…。ちょっとした変化で、なんか変わることがあれば楽しいかも。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-03-18 23:59 | 1960-1964(45~49才)


<< ソフトボールはプロ?級。【虻川...      離婚後の彼女から目が離せない。... >>