鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 14日

執事の似合う俳優。【藤村俊二】

c0119436_13501318.jpg

藤村俊二、1934年12月8日生まれ。神奈川県鎌倉市出身。愛称はおヒョイ(よくその場から「ひょい」といなくなることから。現在は大御所となったことから、主に「おヒョイさん」と呼ばれる)。実父は映画館経営などを手掛けた実業家。東宝芸能学校舞踊科を第1期生として卒業。日劇ダンシングチーム12期生として1960年に渡欧し、イギリスやフランスを巡る。このとき本場の芸の水準に驚いて舞踊家の道を断念し、帰国後、振付師に転向。

かつての大人気番組『8時だョ! 全員集合』やレナウン「イエイエ」のCFの振り付けも担当した。ヒゲダンスの振り付けも担当している。また、愛川欽也、大橋巨泉、財津一郎、森山周一郎らと、「昭和九年会」を結成している。芸能界で活躍する一方、ワインBAR「O'hyoi's」を経営している。店のロゴマークにはオーナーの藤村のシルエットがあしらわれている。近年はウェーブのかかった白髪と白い鼻髭という、物腰やわらかなおじいさんといった風貌である。昔からとぼけたキャラクターを演じることに定評がある。ドラマでは知的な老紳士的役も多いが、三谷幸喜作品においてはひょうきんなボケキャラが多い。

穏やかな風貌と語り口が余裕を感じさせる。その年代ごとに味わいというものがあるが、輝いているときだけが魅力ではないことを彼は教えてくれる。人生にピークがあるとするなら、いま自分が居る位置はどの辺りなのか?過ぎてみないと分からないんだろうな、きっと。でも、あらゆる現実を受け入れながら、感謝して生きることができたなら、頂の高低に関係なく幸せなのかも…
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-10-14 14:06 | 1930-1934(75~79才)


<< 働きマン。【菅野美穂】      バラエティーからバラードまで幅... >>