鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 12日

一番人気のプロレス団体社長。【三沢光晴】

c0119436_4535524.jpg

三澤光晴、1962年6月18日 身長185cm、体重110kg。血液型O型。北海道夕張市出身。埼玉県越谷市育ち。プロレスリング・ノア代表。1981年デビュー。2代目タイガーマスク。2006年9月にグローバル・レスリング連盟初代会長に就任。 現在、関東地区で放映中の「リーヴライフ21(ザ・リーヴ)」のコマーシャルに出演中。

人気・実力などにおいて日本の男子プロレス界の頂点に君臨する。一貫してグリーンを基調としたロングタイツを着用し続けている。理由として、彼が好きだった正統派外国人レスラー、ホースト・ホフマンに倣った物であること 、占い師に「貴方は緑がいい」と助言されたこと、などが挙げられている。GHCヘビー初代王者であり、現王者。元来礼儀を重んじる性格の上に「プロレスラーもリングを降りれば常識人でなければならない」というジャイアント馬場の教えを受けた人間であるため、筋の通らないことをする人間に対しては非常に厳しい対応をする。

プロレスが好きである。特にノアの試合が。三沢ももう45歳だが、レスラーの寿命が長いのはなぜだろう?他のスポーツなら考えられない。常にトップを走り続けている彼。若い頃と比べると太った。貫禄が付いたのだろう。顔のシワが歴戦の過酷さを物語る。プロレスを見ていて思うことは、こんな痛さ、自分だったら絶対耐えられないだろうなぁということ。仕事の大変さも、この苦しさから比べたらと思うと、少しは頑張れる。(笑)自分のできないことに憧れを投影しているのかもしれない。いつまでも現役を期待している。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-09-12 05:44 | 1960-1964(45~49才)


<< 24歳にして大富豪。【宇多田ヒカル】      体を張った芸なら右に出るものな... >>