鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 20日

テレビの歴史そのもの。【黒柳徹子】

c0119436_6233875.jpg

黒柳徹子、1933年8月9日生まれ。血液型はA型。東京都港区乃木坂生まれ、大田区北千束出身。愛称はトットちゃん。テレビ番組『徹子の部屋』の司会や、日本最大のベストセラーである『窓ぎわのトットちゃん』の著者として知られる。その形状から「玉ねぎ」などと称される髪型もよく知られているが、大好きなマリー・アントワネットの髪型をモデルにしていると話している。名前は、両親たちが男の子が生まれると思い「徹」と名づけていたのだが、実際は女の子が生まれたため「子」をつけて「徹子」とした。父は音楽家で、NHK交響楽団のコンサートマスターも務めたヴァイオリニストの黒柳守綱、母はエッセイストの黒柳朝。弟はヴァイオリニストの黒柳紀明、妹はバレリーナでエッセイストの黒柳眞理、伯父には日本ニュースのニューヨーク支社長やアメリカ・メトロニュースの極東代表を務めた田口修治がいる。

蛇足的解説は不要だ。日本初のテレビタレントとしてテレビ創世記から活躍する。芸能活動以外にも、国際連合傘下のUNICEF(国際連合児童基金)親善大使としての活動が特に知られる。その他、社会福祉法人「トット基金」理事長、社会福祉法人「あゆみの箱」理事、日本ペンクラブ会員、世界自然保護基金日本理事、ちひろ美術館館長、東京フィルハーモニー交響楽団副理事長、日本チャップリン協会名誉会長、日本パンダ保護協会名誉会長、としても活躍している。

語ることもあるまい。年齢を重ねてきた人は偉大だ。その人自身が歴史だからだ。存在感がすごい。私の周りにも何人かの先輩がいるが、皆さん輝きを持続されている。きっと、尽きない好奇心の持ち主なのだろう。私自身、甘えてしまっているところがあるが、年齢は別にして一生懸命生きている方はある意味可愛い。そのひたむきさと力の入っていない懸命さは到底真似ができない。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-20 23:59 | 1930-1934(75~79才)


<< 現在の売れっ子No.1!【くり...      若者に大人気、でもそんなの関係... >>