鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 19日

なぜ受ける?元ミス日本。【西川史子】

c0119436_0574194.jpg

レギュラー6本。TBS 「サンデー・ジャポン」、テレビ朝日 「快感MAP」、日本テレビ 「ラジかるッ」、MBSラジオ 「イマドキッC」、学研 BOMB 「あやこのイってよし!」、成美堂出版 ブランドバザール、「お悩み診療所」。現役女医・元ミス日本。たぶん、名前は知らなくてもこの人の顔を知らないと言うのなら、きっとテレビを見ていない人に違いない。

人間誰しも勢いがある時には、脚光を浴びるし見た目も輝いて見えることが多い。しかし、才色兼備、収入も破格となれば世間からやっかみの視線が突き刺さるのは避けられない。しかも西川女史、4,000万円以下の年収の男性とはお付き合いの対象外ですと、のたまったものだから尚更バッシングも半端ではない。でも、世の中に媚びて生きるよりも、敢えて世間を敵に回してでも自らを孤高の立場に追いやると言うのはある意味、迎合した生き方が持てはやされる日本では心地よい生き方かもしれない。勇気はいるが…

長く似顔絵を描いていて思うことは、目力があると言われる目の大きな人は、自己主張が強くわがままと言われる割合が高い。動物でも草食動物よりも肉食動物のほうが眼光が鋭い。イコール綺麗と言うことではないにしても、求めるものにはそれなりの容姿が与えられるのかもしれない。まぁ、世の中良い時ばかりではないのが常であることを思えば、変わらない姿勢を保てるか見せられるかが他人の評価になるのではないかと考える。そんな意味で、この西川女史は端正な顔立ちではあるが、計算され尽くした言動に頭の良さを感じずにはいられない。どのくらいのタレント寿命があるのか興味のあるところだ。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-05-19 01:21 | 1970-1974(35~39才)


<< 大統領、日本はお嫌い?>【サルコジ】      最高齢でのゴール更新【三浦知良】 >>