鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:故人 ( 11 ) タグの人気記事


2009年 03月 27日

ネスカフェのCMが懐かしい。【遠藤周作】

c0119436_8293714.jpg
c0119436_8294816.jpg
この題字は三菱鉛筆ボールペン「ジェットストリーム」で直筆したものです。

遠藤周作、1923年3月27日生まれ。(今日が誕生日)1996年9月29日逝去。(満73歳没)
満洲から帰国後、12歳の時に伯母の影響でカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学入学、在学中同人雑誌「上智」第1号に評論「形而上的神、宗教的神」を発表した。 慶應義塾大学文学部仏文科を卒業後、1950年にフランスへ留学。帰国後は批評家として活動するが、1955年半ばに発表した小説「白い人」が芥川賞を受賞し、小説家として脚光を得た。キリスト教を主題にした作品を多く執筆し、代表作に『沈黙』『海と毒薬』『侍』『深い河』などがある。キリスト教と言う世界的宗教をベースに、多くの人たちに影響を与えた狐狸庵先生。宗教だけは取り上げ方が難しい。なぜならその話題だけで戦争にもなったりする。私の周りにも様々な宗教を信心している人々がいる。私自身は無心人者であるが、理解できなくもない。環境としては、創価学会、キリスト教、真光など体感したこともある。そのわすかな経験から感じることは、人は弱い存在で常に何かに頼りたい―と言うこと。私も今、何かにすがりたいかも(;一_一)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2009-03-27 23:59 | 1920-1924(85~90才)
2009年 03月 23日

「清張以前」「清張以後」と言う言葉まで生まれた。【松本清張】

c0119436_651323.jpg
c0119436_6514632.jpg
この題字は三菱鉛筆ボールペン「ジェットストリーム」で直筆したものです。

松本清張、1909年12月21日生まれ。1992年8月4日逝去。(満82歳没)
46歳から「張込み」「顔」で推理小説を書き始め、2年後『顔』が第10回日本探偵作家クラブ賞を受賞。同年から雑誌『旅』に「点と線」を連載。翌年刊行され、『眼の壁』とともに「社会派推理小説」とよばれ、ベストセラーとなり「清張ブーム」が起こった。その後も執筆量は衰えず、『かげろう絵図』『黒い画集』『歪んだ複写』などを上梓。執筆量の限界に挑んだが、書痙となり、以後口述筆記をさせ、それに加筆するという形になった。「自分は作家としてのスタートが遅かったので、残された時間の全てを作家活動に注ぎたい」と語り、広汎なテーマについて質の高い作品を多作したようだが、誰にでもできることではない。それまで高い意識を持って生きてきたからこそ叶った作家生活だったに違いない。結果を残せなければ生業にはなり得ない。自分に言い聞かせるかのように(-.-)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2009-03-23 23:59 | -1919(91才~)
2009年 03月 11日

病を押して出演し続けた晩年、挨拶すらも辛かったと言う。【渥美清】

c0119436_1515991.jpg
c0119436_1521568.jpg
この題字は三菱鉛筆ボールペン「ジェットストリーム」で直筆したものです。


渥美清、1928年3月10日生まれ。1996年8月4日逝去。(満68歳没)
晩年は、立っていることもままならず、撮影の合間は寅さんのトランクを椅子代わりにして座っていることが多かったようだ。病気については1991年に肝臓癌が見つかり、1994年には肺に転移しているのがわかった。47作からは主治医からも出演は不可能だと言われていたが何とか出演した。1996年7月に体調を崩して同月末に手術を受けるが癌の転移が広がり手遅れの状態だった。私も両親を癌で亡くしている。最後は壮絶な末期だったことを今でも忘れられない。長生きするから癌になると言うが、できることなら最後は穏やかに幕を引けるに越したことはない。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2009-03-11 23:59 | 1925-1929(80~84才)
2009年 02月 07日

3分の歌も2時間の映画も感動の密度は同じである。【阿久悠】

c0119436_202758.jpg
c0119436_2022066.jpg
この題字は三菱鉛筆ボールペン「ジェットストリーム」で直筆したものです。


阿久悠、1937年2月7日生まれ。(今日が誕生日)2007年8月1日逝去。
“ 本当に不機嫌ですもんね皆。あの、条件が整って、生活の条件が整えば整うほど人間というのはどっか不機嫌になっていく不思議さですね。で、歌が一番大事なのは、こんな不幸な目にあって悲しいっていうことではなくって、不幸のちょっと手前のね、切ない部分がどう書けるかということが、僕は一番大切なことだと思ってるんですよ。生前の阿久氏のコメントである。難しすぎて意味がよく分らないが(;一_一)、含蓄のある言葉であることは解る。ちょっと手前の切なさ…、これが分らない自分は鈍感なのかもしれないが、今多くの人が経験したことのない不況の中で先の見えない不安を抱えている。不謹慎ではあるが現状も歌になりやすい状況なのかもしれない。いろんな観察の仕方があるものだ。視点を変えること、今こそ求められているのかもしれない(@_@)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2009-02-07 20:04 | 1935-1939(70~74才)
2009年 01月 29日

作品の累計売上は1億枚を超えるという。【テレサ・テン】

c0119436_9382292.jpg
c0119436_20105618.jpg


テレサ・テン、1953年1月29日生まれ。1995年5月8日逝去。
日本ではどちらかというと演歌歌手のイメージが強いが、実際はかなり幅広いジャンルの歌を歌っており、台湾や香港などで出されたアルバムには、演歌やムード歌謡に加えて台湾民謡や英語のポップス、日本語ポップスのカバー曲なども多数含まれている。外国語にも堪能であり、北京語に加えて台湾語、広東語、日本語、英語に堪能で、山東語、マレー語、フランス語などの言葉も話せたと言われる。日本でリリースされた曲は約260曲ほどであるが、中国語でリリースした曲は1,000曲を越すと言う。偉大なミュージシャンだった。それでも生きとし生けるものはいつか死を迎える。やむを得ないことだが切ない。せめて故人の思い出だけでもいつまでも抱きたいものだ。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2009-01-29 23:59 | 1950-1954(55~59才)
2009年 01月 14日

ボディビルを始めた頃から「文体改造」にも着手、「金閣寺」を生む。【三島由紀夫】

c0119436_1362864.jpg
c0119436_1364074.jpg


三島由紀夫、1925年1月14日生まれ。(今日が誕生日)1970年11月25日逝去。(満45歳没)
自殺の原因には諸説が挙げられるが、その一つとして考えられるのが、自身の「老い」への恐怖だったと言う。新潮社の担当編集者だった小島千加子に対しては「年をとることは滑稽だね、許せない」、「自分が年をとることを、絶対に許せない」と語っていたらしい。完ぺき主義だったのだろうか?幸いにも私には、彼のような自己愛的な陶酔癖はなかったお陰で無事歳を重ねてこられた。才能・感性からして、並みの生き方が許せなかったのかもしれない。生きていればそれだけで良いこともあるんだけどね(^_^;) フツーの人生もそれはそれで、楽しむことだってできるのにね、残念。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2009-01-14 23:59 | 1925-1929(80~84才)
2009年 01月 08日

最多ヒットシングル記録(151回)のギネス記録を持つ。【エルヴィス・プレスリー】

c0119436_951699.jpg
c0119436_952834.jpg


エルヴィス・プレスリー、1935年1月8日生まれ。(今日が誕生日)1977年8月16日逝去。(満42歳没)
黒人のリズム&ブルースと白人のカントリー&ウェスタンを融合することによって、今までにない新しい音、ロックを誕生させ広めた人物として知られる。しかしながら、今でこそ讃えられる彼の音楽性も、初期には不良の代名詞的扱いの時期もあった。とかく新しいモノ、革新的な行為は受け入れられるのに時間を要する。手詰まりの世界的な悪循環の中、求められるは斬新なシステムであり、人物なわけで音楽に限らず、誰か救世主よ、現れてはくれないだろうか(^_^;)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2009-01-08 23:59 | 1935-1939(70~74才)
2008年 12月 29日

昨年まで最年長オリコン1位獲得者だった。【石原裕次郎】

c0119436_8313519.jpg
c0119436_8314652.jpg


石原裕次郎、1934年12月28日生まれ。(今日が誕生日)1987年7月17日逝去。(満52歳没)
闘病さなかの1987年に発表した『北の旅人』はオリコン1位を獲得した。当時52歳7か月であった裕次郎さんは、2007年に小田和正さんが『こころ』でその記録を更新するまで、歌手として最年長オリコン1位獲得者となっていた。このレコーディングには酸素マスクをしながらの録音を2月中に2日間行ったらしい。太く短い人生だった。あの貫禄で、まだ50歳そこそこの若さだったとは信じがたい。人生を線でなく立方体で例えたなら、一般の人よりも沢山の容積であるに違いない。そう、人は長さではなくその容量が大切なのかもね(^_^;)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-12-29 23:59 | 1930-1934(75~79才)
2008年 12月 28日

ご冥福をお祈りします。【飯島愛】

c0119436_9284079.jpg
c0119436_9285154.jpg


飯島愛、1972年10月31日生まれ。2008年12月逝去。
イブの日に報道された突然の彼女の死。未だ死因は定かではない。今日昼間の番組でも彼女の死について、多くの番組が特集を組んでいた。薬の間違った服用によって死に至ってしまったのでは?との見解すら出ていた。今、薬・サプリメントの類を常用する人が増えていると言う。治す、補うという部分では必要なものかもしれないが、何でも過ぎたるは及ばざるが如し。自然治癒力と言うものをもう少し見直そうではないか。彼女の意志でなく、死の扉を開けてしまったきっかけが薬だとしたならあまりにも悲しい。人間の体は結構強いものだ。自分を信じられるかが今問われている。飯島愛さん、どうかやすらかに。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-12-28 23:59 | 1970-1974(35~39才)
2008年 12月 14日

「子どもの平和としあわせ」が生涯のテーマでした。【いわさきちひろ】

c0119436_2351521.jpg
c0119436_2353444.jpg


いわさきちひろ、1918年12月15日生まれ。1974年8月8日逝去。
本来のこの似顔絵ブログは、今活躍している方を描くことが目的だった。ところが、いろんな方を調べていくうちに、生きている方だけでなく、亡くなった偉大な方の影響が今に生きていることを教えられた。いわさきちひろさんも没後30年以上経つのに、多くのファンが全国に存在する。だからと言うわけではないが、陳腐な紹介文は失礼に思えた。いつもの何倍も時間がかかったけれど、考えている時間が楽しかった。ありがとうございます。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-12-14 23:59 | -1919(91才~)