鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アイドル ( 3 ) タグの人気記事


2010年 09月 03日

【前田敦子】1991年7月10日 生まれ

c0119436_1027057.jpg


前田敦子、1991年7月10日生まれ。
言わずと知れたAKB48 チームAメンバー。
みなさま、本当にお久しぶりです。こんなに更新しなかったのは初めてのことです^_^;
少々スランプに陥っておりました。自分の描くスタイルに疑問を持ってしまったのです。
まだ解決できたわけではありませんが、自分らしさを出せるよう心掛けたいと思います。
また近日中にアップしたいと思いますので、また飽きずにご覧くださいませ(^O^)/
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2010-09-03 10:35 | 1990-1994(15~19才)
2008年 10月 18日

中国語での読みは「チンチン(今井)イー(翼)」【今井翼】

c0119436_22431312.jpg
今井翼、1981年10月17日生まれ。神奈川県藤沢市出身。血液型A型。タッキー&翼としても活動。身長173cm。藤沢市立明治中学校卒業、八洲学園高等学校新宿校卒業。姉が履歴書を送り1995年にジャニーズJr.に入る。2002年9月に滝沢秀明とユニット「タッキー&翼」を結成。2007年8月18日、8月19日放送の日本テレビ系『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』でタッキー&翼として、メインパーソナリティーを務めた。最近までミドリガメを飼っていた。ベイスターズの大洋時代からの大ファンで、プロ野球にとても詳しい。自身も野球少年だった。Jr.時代、嵐の櫻井翔と共に「翼翔組」というユニットを組んでいた。好きな食べ物は麺類で特にパスタ。一日三食麺類でも大丈夫らしい。猫が苦手(猫アレルギーのため)だが、犬は好き。

Jr.の頃からダンスに定評があり、「今井翼の腰には魔物が棲む」と言われるほどのセクシーダンスも踊ったりする。ジャニーズ(ダンス)四天王・レコメン四天王の1人とされている。スタイルが良いことでも知られる。KinKi Kidsの堂本剛とは兄弟のように仲が良い。NEWSの増田貴久と仲が良く、食事などをする。出身中学校の先輩には、ジャニーズ事務所の先輩であるSMAPの中居正広とRIP SLYMEのSU・FUMIYAがいる。

ダンスが上手いと言うのはリズム感が良いということ。羨ましい限りだ。私は音楽をやっているにも拘らずリズム音痴だ。他界した父親が民謡を教えていて、子供の頃に身に付いた民謡のリズムがベースにある(-_-;)小さい頃覚えたものはなかなか変わらない、嫌変われない。翼クンのようにダンスや踊りが得意な人は素直にいいなぁと思う。だからそちら関連のフィールドには縁がない。体が固いせいもあるが、この歳になって意外と体験してない分野も多いんだなぁと痛感する。限られた寿命の中ではできないことも少なくないが、この先社交ダンスくらいは覚えてもいいかな^_^;
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-10-18 22:45 | 1980-1984(25~29才)
2008年 08月 22日

時が経つのは早いね…。【岡田有紀子】

c0119436_10224016.jpg

岡田有希子、本名:佐藤佳代、1967年8月22日生まれ(今日が誕生日)1986年4月8日逝去。(満18歳没)愛知県一宮市出身。血液型O型。1983年にオーディション番組『スター誕生!』の第46回決戦大会チャンピオンとなり、芸能界入りする。1984年4月21日に『ファースト・デイト』でアイドル歌手としてデビュー。同年、日本歌謡大賞及び日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。新人賞を吉川晃司と共に全て獲得する。1986年1月、カネボウのキャンペーン・ソング『くちびるNetwork』がベストワンとなる。同年4月8日、自宅マンションで手首を切りガス自殺未遂。治療の直後、所属事務所であるサンミュージックが入居しているビルの屋上から飛び降り、全身を強く打って即死した。

その後若者の後追い自殺が相次ぎ、衆議院文教委員会で取り上げられる社会問題になった。これにより、5月に発売予定だった『花のイマージュ』は発売中止となった。歌手としてデビューする前、エキストラで出演していた。禁じられたマリコ (1985年11月5日-1986年1月28日(全12話)、TBS)峰岸徹と共演、これがきっかけで交際との噂があった。亡き父の無実を晴らすため、悪の超能力者との戦う超能力を持つ少女の役を好演。尚、再放送に関しては、1991年の夏にTBS系列ではないテレビ愛知にて、昼間に行われたのが最後の放送となっている。

あれから22年。当時は社会現象ともなった飛び降り自殺。自ら命を絶つことの是非は置いといて、印象に残っているアイドルの一人だ。ただその笑顔がどこか悲しげで、亡くなってしまったと言う先入観も手伝ってか、作られたアイドルと言う感も否めない。死にたくなることは誰にだって一度や二度訪れる。しかし、乗り越えてしまえばそこから又別な人生も開けてくる。個人の想像力はたかが知れている。予想だにしないことが日々起こりうるのが人生だ。自分で決め付けないことが大切かな…。いつも言ってるけど、受け入れてしまう人生ってのも悪くはない。季節の移り変わりを感じられる今に、感謝かな(^.^)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-08-22 23:59 | 1965-1969(40~44才)