鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 15日

国民投票法案国会通過【安倍晋三】

c0119436_2393856.jpg

内閣総理大臣に就任して早や8ヶ月。安倍晋三さん?もなかなかしぶとい。支持率が一時はかなり低迷していたのに、また復調基調にある。今、この他に安倍内閣が取り組もうとしている事は、教育関連、憲法関連と小泉総理時代とは一線を画す。しかしながら、「美しい国つくり」やら、現実に即していない政策ばかりが目につく。もっともっと、生活し易さの観点から見れば改善するところは多々あるのに、立場立場で自分の存在を優先させてしまっているように思えてならない。

ただ、外野で言うは易し、見えない事情もあるのかもしれない。機密事項を全国に発信してしまったら収集がつかないことも当然あるに違いない。こっそり覗いて見たい気持ちもないではないが、世の中暮らしている階層によって知り得る情報も制約されているのだろう。

安倍晋三さんの顔を描く場合、重力によって垂れてきたあの頬をどう描くかがひとつのポイントではある。他には、やせ我慢しているようなあの目。あまり描いていて楽しい顔ではない。個人的に。本音を抑えている表情に見えるからだ。我々も隠さなければならない事由の一つや二つ、誰しも持っているとは思うが、できるだけ裏表のない表情を作れたら良い生き方なのかもしれない。その立場になってみないと分からないことって沢山あるよね。
[PR]

# by suzunobu-nigaoe | 2007-05-15 23:51 | 1950-1954(55~59才)
2007年 05月 15日

力関係って?【藤原紀香&陣内智則】

c0119436_3175252.jpg

言わずと知れた今年を代表するカップル、藤原紀香さんと陣内智則さん。先ごろ、生田神社で結婚式を挙げ、近々披露宴をするとかで正に旬なおふたりではある。しかしながら、男女平等の世の中で、夫婦のどちらを先に並べるかなんて決まりはないのだが、世間一般的に大体男の人を最初に持ってくることが多いと思われる。単なる慣習として。

でもそれは認知度としてなのか、収入の差からなのか、暗黙の了解の下に並べられてきた世間の序列と言ってもいいんじゃないだろうか?藤原さんと陣内さん、この順序で呼んでしまうのが今は自然に感じる。想像でしかありえないが、たぶん藤原さんの方が陣内さんより収入も多いだろうし、人気度を測る目安としてgoogleでその検索数を調べてみたところ、7:3と言う結果だった。この数字は興味深い。インターネット時代とはよく言ったもので、今は全ての決定の前に「検索」と言う作業が入るそうでマーケティングの手法がここ数年で大きく変わってきたらしい。だからどうだと言う訳ではないので、腐らずに頑張ってね、陣内さん。エンタの神様、いつも見て応援してるから…

さて、今回の絵のポイントは雰囲気。同じリアル似顔絵ではあるが、いつもの2~3頭身から結構実際のサイズに近づけている。しかしながら、絵が小さくなることで細かい線はあまり描いても意味がない。目の表情が全てかな?やはり、紀香さんには目で訴える力がある。これって、生まれもった天性のものかな?世の中に公平ってあるんだろうか?時間の長さ?寿命?なんか、それさえもお金で買えてきそうな気がしてしまう昨今の風潮…自分らしく自分らしく。
[PR]

# by suzunobu-nigaoe | 2007-05-15 04:05 | 1970-1974(35~39才)
2007年 05月 13日

90%の確率が一転?【ラモス瑠偉】

c0119436_2055571.jpg

「去就注目の東京V、ラモス監督は続投」。どんな思いで今シーズンを送っているのだろう。100%でない限り、残留の可能性はもちろんあるし、別段辞めさせたい訳ではない。むしろこれからも頑張って欲しいと思う。世の中、回りの声と言うのは気になるし、振り回されることも少なくない。シーズンが終わってみないと分からないことではあるが、ラモス監督の今後はまだまだ先が見えない。

注目される人、期待される人ほど周りの目は厳しい。だからどんなことを言われようと、自分の意思を強く持って欲しいとエールを贈りたい。特に監督稼業は自分で動くわけじゃないから、運もあるだろうし、タイミングに恵まれるかそうでないかも大きい。でも長い人生、身を委ねてみても良いのではないかと最近思えるようになってきた。反省すべきところは省みて同じ過ちを繰り返さないことは大切だけど、全てに成功を求めた生き方は現実的に不可能だし疲れてしまう。次へのステップ程度に考えたい。

さて、ラモスさんは帰化されて今は日本人ではあるが、この似顔絵ブログでは男性として初めての外人顔。日本人と違って、彫りの深さバランスが異なるが、日本人よりは描き易い。メリハリって良く使う言葉だけど、人間の顔にも当てはまる。何の障害もない穏やかな人生も悪くはないだろうが、谷深ければ山高し-と昔から言われるように、高い感動を享受できるようなメリハリのある生き方を目指していきたい。
[PR]

# by suzunobu-nigaoe | 2007-05-13 20:48 | 1955-1959(50~54才)
2007年 05月 12日

妥協すベッキーか!?【ベッキー】

c0119436_19585588.jpg

プロとして納得のいかない作品を載せるのは気が重い。しかしながら、旬な人をテーマに似顔絵を描き始めて今日で7日目。描くこと自体は問題ないのだが、誰を描くかどこから写真を引用してくるか、これが大きな問題ではある。私の場合、写真の入手方法はインターネット上の写真を参考にさせて頂いているのだが、これがまた解像度の低い写真ばかり…。ベッキーの場合も数は多いが適当なサイズ、アングルがなかなか見つからなかった。

似顔絵と言うのは描き手の感覚にもよるが、私の場合は微妙なシワも描き分けたい方なので、写真の状態によって気分のノリ?が全く違ってくる。今日の作品ベッキーは、機会があれば再チャレンジしたい作品である。雰囲気は出ていても、彼女の独特な存在感がいまひとつ足りない。悩むベッキー(親父ギャグかよっ!)作品になってしまった。
もし誰かリクエストを頂く際には、できれば解像度の高い写真も添えて送って頂けるとうれしい。

ベッキーは確かまだ21歳?にも拘らず大人の顔を持つ明るい女性である。先日もあるテレビ番組でリポートをやっていたが、洋服のデザイン・プロデュースまでこなしてしまうマルチタレントさんだ。やはり、回りを明るくしてくれるあのキャラクターは貴重な存在だと誰もが認めている。年齢はあまり関係ないかもね。どんなときでも素敵な人から学べる人間でありたい
[PR]

# by suzunobu-nigaoe | 2007-05-12 10:53 | 1980-1984(25~29才)
2007年 05月 11日

お金を払ってでも見たい投手全米3位!【松坂大輔】

c0119436_2252838.jpg

人間誰しも何らかのプレッシャーを感じて生きている。ストレスを感じたことがないなんて人は、まずいないだろう。きっとそれは、期待に応えようとする思いの強さによって、降りかかる度合いも増してくるに違いない。松坂もランクイン 「お金を払ってでも見たい投手」で大リーグ31人の代表投手の中で3位に入った。

野球選手が続いてしまったが、今年2007年はボストン・レッドソックスに入団した松坂大輔を外して語ることはできないだろう。かつてない移籍金で話題になったのがまだ記憶に新しい。もちろん、金額に見合った活躍を期待されるが、人間思った通りの100%の結果を残すことはそう簡単ではない。それを克服できる人とそうでない人ってどこが違うのだろう?昨日も8奪三振で4勝目を上げた。

松坂の顔は童顔である。愛嬌がある顔と言う言い方もできる。音楽でもコードの表現でメジャー、マイナーがあるが、松坂の表情はメジャーである。描いている方も明るい顔のほうが楽しい。これからもできるだけメジャーな顔を描いていきたい。
[PR]

# by suzunobu-nigaoe | 2007-05-11 23:16 | 1980-1984(25~29才)
2007年 05月 10日

綺麗な人は元からキレイ?【蛯原友里】

c0119436_23163397.jpg

エビちゃんが人気だ。cancanのモデルさんで双子であることでも有名だ。
蛯原友里さん、1979.10.3生まれの27歳。宮崎県出身のO型。
プロフィールを見るとモデルさんだけあって身長168cmもあるんだ~。
B82/W56/H84だって、スレンダーだね。足サイズ24.5cmってちょっと大きめ?
芸能人だけでなく女性のプロフィール確認はドキドキする。なぜだろう?きっと頭の中で良からぬ妄想をしているからなのかもしれない?ハハハ(笑)

エビちゃんの目の表情がいい。良く比較される押切もえさんより控えめな感じが昨日の松井と同じ雰囲気を感じる。人は見られることにより、輝きを増していくのは本当かもしれない。老若男女に拘わらず、人の目線を意識することも若さを保つ上で、魅力を維持する上で必要なことなのかもね。このブログもまだ書き込みこそないものの、見られていることを意識しながら充実させていきたい。
[PR]

# by suzunobu-nigaoe | 2007-05-10 23:32 | 1975-1979(30~34才)
2007年 05月 09日

どうして呼び捨てなんだろ?【松井秀樹】

c0119436_22235650.jpg

野球選手に限らず、スポーツ選手の殆どが名前を呼び捨てで呼ばれる。いつもは○○さんと表記する私も松井さんと書くのがこそばゆい。これって距離感なんだろうか?身内的な感覚を含めてついついモノであるが如く言い放ってしまう。

だから今回は私もヤンキースの松井でご容赦頂こう。彼は2日前、日米通算で2,000本安打を達成した。しかも、印象に残るエラー改め2塁打での記録達成である。日本人の多くは松井のことが好きであるように感じる。最大公約数での好感を持たれる要素が多分あるのだろう。松井はいつも感情的起伏が少ないし、内面に秘めることによって回りへの気遣いを感じさせる。より、表現が日本人的なところに魅かれるのかもしれない。本来なら野球選手を描く場合、旬な人物と言えば松坂だろう。しかし、あえて松井を描くのは私も最大公約数の一人なのかもしれない。

絵的に言えば「ゴジラ松井」と言われている松井の強さよりも、日本人に好かれる優しさを描きたかった。賛否両論であるかと思うが私の目に松井は優しすぎる人間以外の何者でもない。そんな感じたままの人間像を描けるのも幸せなことである。
[PR]

# by suzunobu-nigaoe | 2007-05-09 22:41 | 1970-1974(35~39才)
2007年 05月 08日

自分を知ってるって強みかな?【ハリセンボン】

c0119436_23172657.jpg

最近バラエティー番組で頻繁に見かけるお笑いコンビのハリセンボン。近藤春菜さんと箕輪はるかさん。2003年結成のまだ若い二人組みではあるが人気は高い。失礼な言い方ではあるが「ブサイク系」の代表格とも言われており、本人達もそれを十分に利用している風でもある。

生き馬の目を抜くと言われる芸能界。3枚目より2枚目、汚れ役より綺麗どころ。誰だって良い立場に自分を置きたいのは当然のことではあるが、自分の立ち位置を分かっていて動くのと理想だけを追い求めるのとではその差歴然。彼女たちは卑屈さがない分、見ている側に共感を与えるのだろうか…

彼女たちを描いていて、以外に愛着が湧いてくる感情にテレビに露出し続けることによるブランド?化の不思議さを禁じ得ない。自分の似顔絵もブランド化を目指して頑張ろう。
[PR]

# by suzunobu-nigaoe | 2007-05-08 23:39 | 1980-1984(25~29才)
2007年 05月 08日

頑張っていますよね、意外と彼【東国原英夫】

c0119436_0294319.jpg

言わずと知れたそのまんま東さんこと、東国原知事。
外野の批評をよそに、観光面での経済効果は十分評価されてもいいんじゃないでしょうか?
しかし、飽きやすいのも日本人の性。果たしてどこが頂上なのか、過ぎて見なけりゃ分からないのも世の常。些細なことでも潮が引くように厳しいからね、この日本と言う国は。
とにかく頑張っている、リベンジしている彼の姿勢には心動かされるものがあるのも事実。

今朝もズームイン朝に出演していたけど、テレビで見ない日ないよね。周りの人の反応の変化のほうが見ていて面白い。正に旬の人。又人間、時間と共に感覚が麻痺してくることもあるから、個人的にどのように変わっていくのか見守りたい。
今日がブログ開設2日目。私も末永く続きますよう謙虚に頑張りたいと思います。
[PR]

# by suzunobu-nigaoe | 2007-05-08 00:34 | 1955-1959(50~54才)
2007年 05月 06日

ブログ開設しました【滝川クリステル】

c0119436_18525634.jpg
はじめまして。今日からブログの仲間入りをしました、鈴信博堂(すずのぶはくどう)と言う似顔絵描きです。現在、「似顔絵ファクトリー」なるホームページを作成中です。間もなく互いにリンクができるかと思いますが、とりあえずブログからスタートです。皆様どうかよろしくお願いいたします。

さて、何をこれからアップしていくかと言いますと、今旬の人を似顔絵で描いていきたいと考えております。初回の今日は滝川クリステルさんです。
Googleで検索すると、なんとヒット件数881.000件。ちなみに女優の黒木瞳さんは758,000件。これって異常に高い関心度合いですよね。なぜこの人を描いてみようかと思ったのかと言うと、今まで私の似顔絵は男性の方が多く、特にきれいな女性を描いてみたい衝動にかられ、誰を描こうかとテレビに目をやってると夜11時30分のニュース番組に出てくる斜め座りの滝川さんがとても印象に残りました。また最近では日曜の夜も新たに番組を持ったようです。正に旬な人物ではないかと思ったからなんです。

絵描き的な目で見ても大変バランスの取れた顔立ちで、美形の典型とでもいいましょうか?特に私が描いていきたい似顔絵は「リアル似顔絵」(独自に命名)と言う、本人にどこまで似せられるかと言う描き手の個性を極力押さえた画風が持ち味です。しかも体は2~3頭身を基調にした作品が主体です。
と言う訳で、1回目の今回は私の個人的好みも加味した上で滝川クリステルさんにさせていただきました。この方、アナウンサーなんですがまるでアイドル並みですよね。Googleのイメージをクリックすると、沢山の画像が表示されますがマニアックなファンの多いこと…
ファンの方々に怒られないよう気を使って描いたつもりですが、特に目が気に入っています。
どうか、これからも一生懸命時間の許す限り描き続けていきたいと思いますので、リクエストとかもありましたらアクセスしてくださいね。
よろしくお願いいたします。
[PR]

# by suzunobu-nigaoe | 2007-05-06 18:55 | 1975-1979(30~34才)