鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 30日

世界ランク5位のポーランドに8年ぶり勝利!【植田辰哉】

c0119436_0262378.jpg

植田辰哉、1964年7月25日生まれ。香川県東かがわ市出身。大阪商業大学卒業。身長196cm。新日鐵では、センタープレイヤーとして日本リーグ・ベスト6賞に5年連続選出された。全日本男子では1992年バルセロナオリンピックにキャプテンとして出場するなど活躍。指導者としては、新日鐵/堺ブレイザーズ監督、全日本ジュニア男子チーム監督などを歴任。2004年、バレーボール全日本男子暫定監督に就任、その年のワールドリーグ予選ラウンドの指揮を執った。その翌年の2005年に代表監督を要請され、正式に就任した。2007年、Vリーグ40回大会記念特別表彰においてVリーグ栄誉賞を受賞。2008年6月7日、監督として采配を振るった北京オリンピックバレーボール世界最終予選に於いて、自身が選手として出場した1992年のバルセロナ五輪以来16年ぶりの五輪出場権を獲得した。

バルセロナ五輪の開会式の日が自分の誕生日だった。ちなみに自身の夫人とも生年月日が同じである。 全日本男子を再びオリンピックに出場させるという重要な役目にいるゆえ、試合中でも練習中でも非常に厳しい表情で戦況を見つめ、時には怒鳴り、選手を鼓舞する。修行で滝に打たれる映像は有名。しかし練習オフのインタビューで「徳島ラーメンって美味しいよね」と普段は見せないような表情で答えたこともある。2008年6月7日、北京オリンピック最終予選にて出場権を獲得した瞬間に、コートで(前のめりに)大の字に倒れこみ、そのままの状態で男泣きした。

期待されなかったチームを今や女子以上にメダルを狙える位置まで引き上げた。昨夜の逆転勝ちは圧巻だった。前日敗れた相手に8年ぶりの勝利。いやでもモチベーションは上がる。選手の表情も皆生き生きしていた。「1番大切なことは頑張ることだよ。2番目は諦めないこと。」これ、うちの5歳になった孫娘が言った言葉だが、最後まで諦めなければ軌跡だって起こりうる。ちなみに「それじゃあ3番目に大切なことは?」と尋ねると、「帽子をかぶることだよ。」と訳の分からないことを言っていた^_^;とにかく北京オリンピックに向けて雰囲気も盛り上がっている。勢いに乗って突っ走って欲しい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-30 23:59 | 1960-1964(45~49才)
2008年 06月 29日

久しぶりの正統派アイドル。【南明奈】

c0119436_23525121.jpg

南明奈、愛称アッキーナ、1989年5月15日生まれ。神奈川県座間市出身。血液型O型。身長160cm。小6の夏休みに原宿で母親と買い物をしている際にオスカープロモーションにスカウトされる。その後、レッスン期間などを経て中学2年生の終わり頃からティーンファッション誌『Hana★chu→』のモデルとして活躍。この時に現在の愛称「アッキーナ」をスタッフから名付けられる。2005年9月11日、公式ブログ開設。2006年1月26日、公式サイト開設。同年2月10日、1st写真集・1stDVDを発売。これに前後してグラビア誌に登場し本格的にグラビアへ進出。明るい小動物系を思わせる容姿と細身のモデル体型で注目されるようになる。

同年4月4日、フジテレビ「めざましテレビ」のコーナー早耳トレンドNo.1に初登場。以降、早耳ムスメとして出演。同年8月公開の「Wanna Be FREE!~東京ガール」の読者モデル役で映画初出演。同じ頃、ハンゲームのテレビCMに初起用され、そこで演じたキャラクター『ピンク少佐』の可愛らしい仕種で一躍話題に。その勢いに火をつけるように8月20日に2ndDVDを、9月25日には2nd写真集を発売。10月2日には「めざましテレビ」のコーナー「今日の占いカウントダウンハイパー」のキャラクターに起用される。2008年3月、日出高等学校卒業。第45回ゴールデン・アロー賞「グラフ賞」受賞。

南明奈は、上戸彩、米倉涼子、菊川怜など美人タレントのいるオスカープロモーションに所属していた彼女。アデランスのCMでも有名だよね。特技が和太鼓って珍しいけど、彼女は正統派アイドルという部類では貴重な存在かもね。正統派があれば亜流もある訳で、どちらがいいかと言えばこれまた微妙だ。正統派には枠と言う制約があるが、亜流は評価されるべきベースが無い。私はどちらかと言えば後者の人生を歩んでいるかな^_^;人それぞれ、いろんな生き方があっていいよね。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-29 23:55 | 1985-1989(20~24才)
2008年 06月 28日

いいとも!最多出場記録保持者。【中村雅俊】

c0119436_2014256.jpg

中村雅俊、1951年2月1日生まれ。宮城県牡鹿郡女川町出身。 マリンパル女川名誉館長も務める。慶應義塾大学経済学部卒業。身長183cm。妻の五十嵐淳子、長男の中村俊太は共に俳優である。プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスファン。大学ではESSに所属。1973年、文学座附属演劇研究所に入所。翌年、大学卒業と同時に文学座に入団。同年、日本テレビ系列で放送された青春ドラマ『われら青春!』の主役に抜擢され人気を獲得し、自らが歌う挿入歌『ふれあい』が100万枚を超えるセールスを記録した。

一躍その名を全国に轟かせ、以降、俳優としてテレビドラマや映画、ミュージカルへの出演も行う一方、歌手としてもデビューから現在に至るまで毎年コンサートツアーを敢行。その数は1300回を超え、いずれも大きな成功を収めている。1977年には女優の五十嵐淳子との間に長男・俊太をもうける。当時としては極めて異例のできちゃった結婚として大きな話題を集めた。以降理想的な夫であり父親を貫いている。 パーソナリティを務めるラジオ番組『中村雅俊マイ・ホームページ』は放送開始10年を超える長寿番組である。また、フジテレビ系列で放送中のバラエティ番組『笑っていいとも!』の1コーナー、テレフォンショッキングの出場回数は2007年1月18日放送分をもって16回目を数え男性ゲストの最多タイ記録を樹立している。

それなりに歳は重ねたが、ナイスガイと呼べる一人だ。俳優に歌手、活躍のフィールドは広く、男としての色気も十分兼ね備えている。私が高校生の時、俺たちの旅で主演をしてから時代の憧れの対象だった。今もって活躍してくれているのはうれしい限りである。昔は良かったのにねぇ~とかの形容詞が似合う御仁もいないではないが、彼はそうではない。現役で第一線を張っている姿は絶賛に値する。先輩方の後ろを歩く我々にとって、頑張ってくれている姿は勇気をも頂ける。私もそんな存在になれるよう日々研鑽したい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-28 20:16 | 1950-1954(55~59才)
2008年 06月 27日

進化し続ける28歳。【優香】

c0119436_7261163.jpg

優香、本名:岡部広子、愛称:ゆうかちゃん。1980年6月27日生まれ。(今日が誕生日)東京都あきる野市出身。血液型O型。身長157cm。日出女子学園高等学校卒業。特技はフェンシング(中学時代の部活動)、バドミントン。趣味はお香、ドライブ、絵本を読むこと。東京・池袋のピーダッシュパルコ前でスカウトされデビュー。芸名を雑誌『週刊プレイボーイ』(1997年11月25日発売号)とインターネットなどで一般公募し『優香』となった。由来は、当時の若者言葉「って、言(ゆ)うか」、及び「お香」が趣味だったこともあり「優しく香る」との意味も込めた。

デビュー後間もなくから各種雑誌の表紙などを席巻し、グラビアクイーンとして人気者になる。『癒し系』という言葉が世間に浸透し、癒しブームの先駆けと言われている。最近はテレビのバラエティ番組やCM中心の仕事にシフトチェンジ。そして他のグラビアアイドルもこれを追うようにCMに進出していく流れが生まれた。2000年からはマルチタレントとして活動、自然体で明るい性格を生かして番組の司会やコントをこなす。そして女優としての活動の幅も広げている。2007年デビュー10周年を迎えた。

最近では水着になることは殆ど無いが、その存在感は今や薄れることなく彼女のポジションを作っている。認知されることが目的であってもそれが達成された時には形を変えていく。生き馬の目を抜く芸能界を生き抜くためには必要不可欠な生き方であり、最近の一発芸人にも十分参考になる。いつまでも同じ形態では飽きられる。どの世界でも一緒だ。変化を模索する努力。人間はとかく飽きやすい。だからと言うわけではないが今日の似顔絵は久しぶりに筆ペンでの描画を止めてみた。細いペンで描いてみることで彼女のホンワカ感を表現してみたのだが…。チャレンジ精神は持ち続けたい。まだまだいろんな面で進化できると思う!(^^)!
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-27 23:59 | 1980-1984(25~29才)
2008年 06月 26日

あのジュリーがもう60歳!【沢田研二】

c0119436_6393856.jpg

沢田研二、1948年6月25日生まれ。(昨日が還暦)京都府立鴨沂高等学校中退。京都市出身。妻は田中裕子。中学では野球部に、高校では空手部に所属。ジュリー・アンドリュースのファンだったことから「ジュリー」と呼ばれるようになった。セカンド・シングル「シーサイドバウンド」と続く「モナリザの微笑」、「君だけに愛を」でブレイクしたザ・タイガースは、折りからのグループ・サウンズブームも相まって瞬く間にトップ・アイドルとなる。とりわけ、大きな瞳が特徴的な端正な風貌の沢田は10代の少女を中心に熱狂的な人気を博し、一躍国民的アイドルになった。

急速に音楽シーンが多様化し、爆発的なブームにも退潮の兆しが見え始めた中で、沢田は1969年12月1日に初のソロ作品「JULIE」を発売し、それ以降は他のメンバーのソロ活動も多くなった。そして、1970年12月7日にザ・タイガースは解散を表明。翌年の1月24日に日本武道館で行われた「ザ・タイガース ビューティフル・コンサート」を最後に、その活動に幕を下ろした。実質的なソロ活動元年となった1973年には、「危険なふたり」で第4回日本歌謡大賞を受賞した。この作品からスタイリストとして早川タケジが参加し、以降斬新なファッションが確立された。1975年5月発売のシングル「巴里にひとり」の仏語版「MON AMOURE JE VIENS DU BOUT DU MONDE」がフランスのヒットチャートでトップ10にランクインするなど、海外での活動も評価を得る。沢田が主役を演じたTBS系ドラマ「悪魔のようなあいつ」の主題歌として同年の8月21日に発売された「時の過ぎゆくままに」は、90万枚を超えるセールスを記録し、沢田にとっての最大級のヒット曲となった。

懐メロ番組、のど自慢番組の類には出演しない。腐ってもジュリーと言ったら失礼だが、還暦を迎えた今もプライドを持ってアーティスト人生を歩んでいる。容姿もそれなりに老いを隠せないが、全盛期のジュリーのオーラは半端じゃなかった。「食事をしたお客の前で歌いたくない」とのことからディナーショーは行わないなど、プライドの高さが賛否をかもす部分もなくはないが、それくらいのこだわりがあるのも彼らしい。妥協して生きく方がどれだけ楽なことか…。もういいや、と思った時点でその人の人生は頂を諦めている事になる。私も未だそのような生き方は望まない。還暦までまだ10年以上ある。何ができるかジタバタしてみたい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-26 23:59 | 1945-1949(60~64才)
2008年 06月 25日

在日をカミングアウト。【南果歩】

c0119436_195986.jpg

南果歩、本名 渡辺果歩。(旧姓:南) 1964年1月20日生まれ。兵庫県尼崎市出身。配偶者 辻仁成(1995年-2000年)、渡辺謙(2005年-)尼崎市立尼崎高等学校、桐朋学園短期大学演劇科卒業。現代制作舎などを経て、ユマニテ所属。アメリカ合衆国・ロサンゼルス在住。短大在学中の1984年に映画『伽椰子のために』のヒロイン役オーディションに応募。2000人の中から選ばれて、主役で芸能界デビュー。1985年にはTBSのポーラテレビ小説『五度半さん』のヒロイン役でテレビドラマに進出。さらに1986年9月には坂東玉三郎演出の『ロミオとジュリエット』のジュリエット役で初舞台を踏み、以後、映画、テレビ、舞台と女優業を中心に活躍。特に1989年には『夢見通りの人々』等の映画での助演に対して助演女優賞が贈られている。

1995年にミュージシャン&作家の辻仁成と結婚し、1男をもうけたが、2000年3月に離婚。2003年1月にテレビ東京の2時間ドラマ『異端の夏』で共演した俳優の渡辺謙と2005年12月3日に再婚した。なお、継子に渡辺大と杏がいる。2007年1月11日放送のNHK総合のトーク番組『スタジオパークからこんにちは』内で両親が韓国人であることを告白した。

在日であることをカミングアウトした芸能人は数多い。和田アキ子(本名:金福子)、元プロレスラーの前田日明、ギタリストの布袋寅泰などが有名。芸能人ではないが極新カラテの創始者、故大山倍達も在日だった。容姿は全く見分けがつかない。しかし、国籍となると話は違う。私は幸いにもそのような複雑な環境下で生まれていないので適切なコメントができないが、不自由な規律・待遇が多いことだろう。偏見が未だ根強いこの日本は一見万人に平等な振りをして、実は大いなる差別大国だ。単一民族だから仕方ない側面はあるにしてもせめて自らはこのような目で見ていないか戒めたい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-25 23:59 | 1960-1964(45~49才)
2008年 06月 24日

世界のファンタジスタ。【中村俊輔】

c0119436_655599.jpg

中村俊輔、愛称 シュン、1978年6月24日生まれ。(今日が誕生日)神奈川県横浜市戸塚区出身。身長178cm、体重70kg。血液型O型。市立深谷中学時代には日産(現横浜F・マリノス)のジュニアユースのエースとして全国優勝を果たすもユースへ昇格が出来ず、桐光学園高等学校へ進学しサッカー部に所属、高校2年の全国高校サッカー選手権で頭角を現し、高校3年の全国高校サッカー選手権で準優勝を収めた。またアジアユースにも高校サッカー部からの唯一の選出選手として出場した。1997年、横浜マリノスに入団。徐々に力を発揮しクラブの主力選手に成長していく。同年のワールドユースに出場。1998年初頭にはA代表合宿に初参加する。2000年、U-23代表の主力としてシドニーオリンピックに出場。同年、日本人選手最年少でJリーグ最優秀選手賞(MVP)を受賞し、A代表にも初招集され、アジアカップでは優勝とベストイレブンを受賞、日本代表選手として定着していった。

ケガが癒えた直後の2002年7月、イタリアのセリエAのレッジーナに移籍。レギュラーを確保しキッカーを任され、7得点をあげてセリエA残留に貢献。2003年6月、3得点をあげ『ブロンズシュー賞』を受賞。2004年2月、タレント経験のある元ペットショップ店員と結婚。2005年6月、プレーを高く評価されセルティックに移籍することとなった。同年7月、セルティックFCへ移籍。移籍初年度からリーグ優勝と国内カップ戦優勝の2冠を獲得。2007年3月24日、キリンチャレンジカップ・ペルー戦において、オシムジャパン発足以来の初選出。2アシストで勝利に貢献。4月、セルティックのリーグ戦連覇が決まり、日本人で初めて欧州リーグで連覇を経験した選手となった。 2007-08シーズンは怪我で離脱するなど本調子は欠いたものの、チームの2年連続のCLベスト16進出と、リーグ首位攻防戦の大一番でオールドファーム初得点を決めリーグ3連覇に貢献。

渡欧してからの輝かしい戦績、今や日本代表には欠かせない立場の俊輔。かつては代表選出から漏れ、落胆した時期も経験している。線が細いと言われながらも左足から繰り出す華麗なシュートは絶対的評価を受ける。諦めない事の代名詞的存在の彼、これからの活躍に大きな期待が寄せられる。何か1点、これだけは誰にも負けない譲れないと言うものを作れたなら強いんだけどねぇ。しかしこういったこだわりってそう簡単には身につくものではない。私自身まだまだその途上であり、日々鍛錬の繰り返しだ。亀のような歩みだが焦るのは止めよう、人生のスピードは夫々であって比べるものでもない。自分だけの景色をしっかりと目に焼き付けていきたい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-24 23:59 | 1975-1979(30~34才)
2008年 06月 23日

かつての流行語「おまんら許さんぜよ!」。【南野陽子】

c0119436_6244119.jpg

南野陽子、愛称 ナンノ、1967年6月23日。(今日が誕生日)血液型B型。堀越高等学校卒業。兵庫県伊丹市出身。身長161.8cm。靴23.5cm。代表作は『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』、『はいからさんが通る』、『武田信玄』(大河ドラマ)等。高校の同級生に本田美奈子・岡田有希子・森奈みはるがいる。1984年、日本テレビのドラマ『名門私立女子高校』でデビュー。1985年6月に「恥ずかしすぎて」で歌手デビュー、アイドル歌手としての活動も開始した。

フジカラー他多数のCMキャラクターを務めたことで中高年など幅広い年代層にも認知された。1987年「楽園のDoor」でオリコンチャート第1位となる。その後も「話しかけたかった」「はいからさんが通る」「吐息でネット」「あなたを愛したい」「秋からも、そばにいて」などがヒットする。8曲連続オリコン1位を記録。中山美穂、工藤静香、浅香唯と共に、女性アイドル四天王の一人として活躍した。2002年6月、愛の劇場『一攫千金夢家族』(TBS)で主役を演じ、これがいわゆる昼ドラマの初出演となった。このドラマは昼ドラとしては異例の高視聴率を記録しシリーズ化され、翌2003年6月にパート2が放映された。2007年4月より『笑っていいとも!』の水曜日レギュラーとするが、曜日移動のため2008年4月より木曜日レギュラー現在出演中。2007年5月22日、CMプランナーの箭内道彦と真剣に交際していることが報じられ、7月3日に交際を認めるも、結婚については否定した。

ナンノも41歳。最近結婚しない女が増えているらしい。できないのではなく「しない」のだ。男の結婚できないとは異なり、彼女たちは煩わしい思いをしてまで家に入りたくないのだ。昔と違って今は仕事を持ってる女性が圧倒的に多く、私の周りだけ見ても男性より女性のほうが優れている気がする。なぜだろう?女性は男ほど組織に帰属しないからではないだろうか?男は看板で仕事をするが、女は質を見抜くのかねぇ~。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-23 23:59 | 1965-1969(40~44才)
2008年 06月 22日

ギネスブック認定閲覧数No.1ブログ。【上地雄輔】

c0119436_0325225.jpg

上地雄輔、1979年4月18日生まれ。神奈川県横須賀市出身。血液型O型。父:上地克明氏は横須賀市議会議員。歌手グループ「羞恥心」では「心」を担当。身長178cm(最近は更に伸びている)、体重67kg。中学時代は、軟式野球チームの横須賀スターズに所属。キャプテン。中学では、理科部に所属。私立横浜高等学校卒業。小、中で全日本に選ばれるという輝かしい経歴を引っさげ在学時は硬式野球部に所属し、捕手のポジションを務めた。その1年後輩に松坂大輔(ボストンレッドソックス)がおり、松坂が入部して最初にバッテリーを組んでいたのが上地だった。2年生の秋からは背番号2を背負ったが、練習中に右肘を故障したため正捕手の座を1年後輩の小山良男(現中日ドラゴンズ)に譲った。

卒業前には複数の大学から推薦入学の誘いを受けたが、肘のケガのために断念し、俳優としての道を志した。1999年にTBS系の連続ドラマ『L×I×V×E』でデビューする。2007年6月、フジテレビ系列のクイズバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』にゲスト出演し、珍解答を連発。その後、レギュラー解答者となり、その「おバカキャラ」が人気となり番組に欠かせない存在となっていく。後の「おバカタレント」ブームの中心的存在としてバラエティ番組などへの出演が増える事になる。出身地が同じである俳優の小泉孝太郎、タレントの東原亜希とは幼馴染である。2008年6月4日 自身のブログ『神児遊助』が「世界で最も1日の閲覧ユニークユーザー数が多いブログ」(1日23万人観覧)としてギネスブックに認定された。

強運を持って生まれてきたような感がある。野球もプロを目指せる位置でプレーしていながら、故障のために俳優に転じた後タレントとして成功している。まだ、最終的な結果は見えていないが、彼の表情が前向きで良い。笑顔でいると幸運も転がり込んでくるような気がする。勉強はできなくとも多くの人から愛されるキャラは何者にも変え難い。長い人生、運不運は必ず付きまとう。その時にどのように対応するかで、後々のポジションが決められるような気がする。くさらないで前向きに生きてこそ、いるかも知れない神様からご褒美が頂けるかも知れない。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-22 23:59 | 1975-1979(30~34才)
2008年 06月 21日

伊代はもう43歳だから♪【松本伊代】

c0119436_21134587.jpg

松本伊代、1965年6月21日生まれ。(今日が誕生日)東京都大田区出身。ボンド企画にスカウトされて、1981年にTBS系『たのきん全力投球!』の田原俊彦の妹役でデビュー。同年10月21日、『センチメンタル・ジャーニー』で歌手デビュー。1982年の日本レコード大賞新人賞を始め、数多くの新人賞を受賞した。森村学園中等部、堀越高等学校を経て戸板女子短期大学に進学し、『オールナイトフジ』の司会も務める。人気・知名度とも高かったが、『NHK紅白歌合戦』(NHK)の出場経験はない。1993年にB21スペシャルのヒロミと結婚、その後2男の母となる。

2005年、早見優・堀ちえみとともにママドルユニット「キューティー★マミー」を結成。真如苑の信者として知られている。デビューからの数曲の間バックダンサーとして踊っていたキャプテン(北沢清子、山本恵子)は、のちに麻生真美子(現:麻生真宮子)と共に、女性アイドルグループとしてデビューした。夫・ヒロミによると、本物の天然らしい。子供が焼きそば好きだからと、学校へ持参させる弁当箱が焼きそばだけで埋め尽くされていた事があったと言う。流石に子供もヒロミに「パパ、(弁当箱の中身)全部焼きそばだぜ」と、愚痴をこぼしたとか(NTV系『メレンゲの気持ち』にヒロミが出演した際のトークより)。

似てない似顔絵を描いてしまった(-_-;)選んだ写真が悪かったのか、腕が悪いのか定かではないが、少し凹む。毎日描いてるとこんな日もあるさと自分を慰めてお酒でごまかしてしまう。伊代ちゃんは天然の走りかもしれない。皆さんの周りにも天然系の人って一人や二人いると思うけれど、その多くは女性に多いように思われる。女性はバリエーションが豊富だ。女性は圧倒的に男性より存在感がある。最近は力関係でも男性に負けていない気がする。このまま女性だけが強くなっていく社会を想像するとチト恐ろしい。男女雇用機会均等法とかで平等を叫ばれるが、むしろ守って欲しいのは男の方だ。男達よ、もう少し頑張ろう!
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-21 21:11 | 1965-1969(40~44才)