鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 31日

2時間ドラマの帝王。【船越英一郎】

c0119436_20251461.jpg

船越英一郎、1960年7月21日生まれ。神奈川県足柄下郡湯河原町出身。日本大学芸術学部映画学科卒業。父は俳優の船越英二、母は長谷川裕見子。大叔父は長谷川一夫。伯父は三島謙。妻は女優の松居一代。1982年にテレビドラマ『父の恋人』でデビュー。1986年に、ロックミュージカル劇団「MAGAZINE」を主宰。脚本と演出を担当。1997年には戯曲集「BRAKERS」を出版。2時間ドラマへの出演が顕著で、在京民放5局の2時間ドラマ全てに主演作品がある唯一の俳優と言われる。その出演回数の多さから「2時間ドラマの帝王」「ミスター2時間ドラマ」などの異名を持つ。2時間ドラマの初主演は、2003年『火災調査官・紅蓮次郎』であった。

2001年に松居一代と結婚。船越は初婚だったが、松居は再婚で連れ子もいたため話題になった。しかし、結婚後は夫婦仲・親子仲の円満さが伝えられ、バラエティ番組出演の際なども、家族の話題が取り上げられることが非常に多い。趣味はアニメビデオの収集や漫画。2006年、毎年11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで贈られる『パートナー・オブ・ザ・イヤー』を松居と共に受賞した。芸歴25年を迎えた2007年の4月期に、『その男、副署長~京都河原町署事件ファイル~』で、初めて連続ドラマの主演をつとめる。

俳優一家に生まれたサラブレッドとでも言うべきか。このブログの大晦日を締めくくったのは、大方の予想通り昨日描いた松居一代のパートナーにした。安定感のある演技、文句のないキャリア。締めに落ち着いた空気は悪くない。今。K-1を見ながらこのブログをアップしているが、格闘技の世界でも新旧が拳を交えている。若い人の新鮮さ勢いも魅力的だが、ベテランの老獪さも捨てがたい。年齢を重ねると冒険することに臆病になる。来年2008年は挑戦者の気持ちで、新たにいろんな事にチャレンジしていきたい。また、このサイトをご覧頂いている多くの方に、感謝の気持ちを捧げて今年最後の書き込みとしたい。ありがとうございます、そして良いお年を。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-31 20:26 | 1960-1964(45~49才)
2007年 12月 30日

松居棒でお掃除は完璧?!【松居一代】

c0119436_9451458.jpg

松居一代、1957年6月25日生まれ。滋賀県近江八幡市出身。梅花女子短期大学中退。1979年に『11PM』の“大阪イレブン”のカバーガールで芸能界デビュー。映画「マルサの女」「肉体の門」「夜逃げ屋本舗part2」などに出演。1986年にDCブランドの経営者と結婚して1989年に長男をもうけたが、1996年に離婚。2001年に俳優、船越英一郎と再婚。

とにかく綺麗好き、掃除好き。父親が競艇選手であったことから、勝ち運が逃げないようにと母親から掃除術を厳しく仕込まれたらしい。また、長男が重度のアトピー性皮膚炎であったため、掃除に関しては以前よりも徹底的に行うようになったという。トイレの便器も流水部分まで素手を突っ込んで磨き上げることを公言しており、何故ゴム手袋をしないかを聞かれると、「手袋なんかしたら細かい感覚がつかめない。素手で触っても綺麗なくらい磨き上げる」と答えている。また船越英一郎が入院した時、病室を18時間もかけて掃除したことがあるという。これらの経験を生かし、アトピーや掃除に関するエッセーを複数執筆している。棒にペーパーダスターを輪ゴムで巻き付けた「松居棒」という掃除グッズの考案者でもある。これはホームセンターなどで市販されている。長男のアトピー性皮膚炎やストレスなどで顔面神経麻痺を患ったことがある。離婚後に住んでいたマンションの上の階が、水漏れで天井が落ちるというトラブルに見舞われたことがある。法廷での闘争の結果、ゼネコン等相手に完全勝利した。

年末の大掃除は、皆さんお済みだろうか?掃除請負人的存在の彼女だが、掃除と言うのは徹底してやる人と、片づけができない人に分かれるようだ。私の場合も後者に近く(極端に部屋が汚いわけではないが)、思い立たないとなかなか片づけができない。机の上も郵便物などで物の置き場がない。汚いところに運が来ない?と言われるが、そう言う脅し的文句は好きになれない。確かにきれいな部屋にいると気持ちはいい。しかし、片付けないだらしなさも個人的には心地良い。もちろんきれいに越したことはないが、程度問題で過剰になるのは良くないと思う。自分がしてることは、つい他人にもさせたくなってしまう傾向があるのが人間。でも、押し付けないようにアドバイスできたらいいのにね。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-30 23:59 | 1955-1959(50~54才)
2007年 12月 29日

愛称「山P」の名付親は滝沢君。【山下智久】

c0119436_145740100.jpg

山下智久、1985年4月9日生まれ。血液型A型。身長174cm。体重54kg両利き。母と妹の三人家族。愛犬2匹。 堀越高等学校卒業、明治大学商学部在学。千葉県船橋市出身。1996年9月6日、ジャニーズ事務所に入所。『木曜の怪談』に出演していた滝沢秀明を見て、自分と同年代の人がドラマに出ているのに憧れ、自ら応募しての事務所入りする。ジャニーズJr.時代からバラエティ番組やテレビドラマに多数出演。2002年、Bad Image Generationの後身グループ・Four Topsに所属。2003年9月、『バレーボールワールドカップ2003』イメージキャラクターとして結成された『NEWS』のメンバーに選ばれ、11月15日にイメージソング『NEWSニッポン』でデビュー。

2005年11月2日、連続ドラマ『野ブタ。をプロデュース』で、W主演を務めたKAT-TUN亀梨和也との期間限定ユニット修二と彰で主題歌『青春アミーゴ』を発売、ミリオンセラーを記録。2006年4月、ドラマ『クロサギ』で初の連続ドラマ単独主演を果たし、5月31日に主題歌『抱いてセニョリータ』でソロデビュー。2006年8月、『バレーボール・ワールドグランプリ2006』スペシャルサポーターとして、タイのアイドルデュオGOLF&MIKEと共にGYMを結成。同30日にイメージソング『フィーバーとフューチャー』を発売。2007年1月、休止していたNEWSが正式に活動再開。脱退メンバー2人を除いた6人での再スタートとなった。2008年3月、06年に初主演した連続ドラマ『クロサギ』が映画化となり、同作で映画初主演が決まっている。

ジャニーズの人気は絶大だ。ファンの年齢層も幅広い。彼らの共通点はビジュアル的にイケてると言うことだ。ジャニーズ所属が芸能界ではイイ男のステイタスとも言える。しかしながら、私には彼らの区別がつきにくい。みんな同じに見えてしまう。興味がないことも理由のひとつではあるが、同一規格と言うのは飽きられるスピードも速いような気がする。どちらかと言えば、個性的な者、物の方が私は好きだ。だからと言うわけではないが、ブランド物は殆ど持っていない。みんなと同じが本質的に好きではない。そのせいか、個性的にはなってきた気もするが、変わってるね、と言われることも少なくない。でも、もし身内にジャニーズがいたなら少しうれしいかもしれない(笑)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-29 15:01 | 1985-1989(20~24才)
2007年 12月 28日

本日、入籍されました。【松たか子】

c0119436_10192432.jpg

松 たか子、1977年6月10日生まれ。血液型A型。 白百合学園中学校・高等学校(芸能活動のため転校)→堀越高校卒業。亜細亜大学中退。歌舞伎俳優・9代目松本幸四郎の末っ子。兄は7代目市川染五郎、姉は松本紀保。叔父は2代目中村吉右衛門。身長165cm。趣味:映画、舞台鑑賞。特技:ピアノ。16歳だった1993年に、歌舞伎座の『人情噺文七元結』で初舞台を踏む。翌1994年にはNHK大河ドラマ『花の乱』でテレビドラマに初出演。1995年にはNHKのドラマ『藏』で主演し、以降、テレビドラマ・舞台等で女優としてのキャリアを重ねる。

1996年の『ロングバケーション』、1997年の『ラブジェネレーション』、そして2001年の『HERO』と、フジテレビ系の月9ドラマに出演、木村拓哉と共演することが多く、その度に女優としての知名度を顕著に上げていった。当初は線が細く多少地味な印象もあったが、2000年頃までには、堂々と主役をはれる演技力と貫禄を身につけていった。「梨園の血を引くサラブレッド」という表現をされることも多い。1996年には、史上最年少の19歳で『NHK紅白歌合戦』の司会に抜擢。また、1997年には歌手としてもデビューし、2007年までにシングル20枚、アルバム12枚を発表、全国コンサートツアーも3度行っており、活動の幅を女優のみに留めていない。本日、ミュージシャンの佐橋佳幸との入籍を発表。

まずは、ご結婚おめでとう。良家に生まれるってどんなだろ?こればかりは経験できることではないから,想像でしかないけれど制約も多そうで窮屈そうなイメージもあるかな?結婚に至る道のりだって、周りの人のいろんな意見が錯綜したんだろうな。結婚ってどこか勢い的なところがないと踏み切るのが難しい。だから「できちゃった婚」が、きっかけには最適なのかも。かく言う私もかつてそうであった…。とにかく、どれだけ続くかは分からない結婚ではあるが、一人で暮らすよりは楽しみも多いかも?でも、なかなか難しいんだけどね…。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-28 23:59 | 1975-1979(30~34才)
2007年 12月 27日

お兄さんは築地の卵焼屋さん。【テリー伊藤】

c0119436_0292297.jpg

テリー伊藤、、1949年12月27日生まれ。今日が誕生日。東京都中央区築地出身。テリーは本名の輝夫に因む。身長175cm。早稲田実業学校中等部・高等部を経て、日本大学経済学部卒業。左目が55度外を向いている「外斜視」だったのは、18歳の時に日大全共闘に参加中、投石を受けて重傷を負ったものである。それにより、当時2ヶ月間の入院を要した。怪我する前日の本人の映像が当時のニュース映像に映っている。アイスホッケーに打ち込んでいたスポーツマンだった。フォーク・ミュージックにハマっていた事もある。

築地場外市場に卵焼屋「丸武」を営んでいる。数多くのテレビ番組で実家が放映されており、実家を継いだ兄・光男(通称:「アニー伊藤」)が主に伊藤がレギュラー出演しているサンデージャポンなどでしばしばテレビ出演する。大学卒業後は寿司屋、ファッションメーカーのアルバイトに従事。1973年、IVSテレビ制作に入社し、テレビ制作に携わる。チーフディレクターになってから「鬼の伊藤」と呼ばれ、若手タレントを殴る蹴るなどやりたい放題した為見限られてしまう。これらの行為が反感を買い、業界からも会社からも取引先からも放送局からも干され、数年間、内勤業務を余儀なくされていた時期もあったが『ねるとん紅鯨団』『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』『浅草橋ヤング洋品店』などの企画・総合演出を担当。以来、テレビ番組のプロデュースだけでなく、多くの番組にコメンテータとして出演している。

どんなに脚光を浴びている人でも不遇の時代はある。それを乗り越えられる人と、挫折してしまう人がいる。みんな前者でありたいと願う。しかしながら、それは楽なことではない。乗り越えられない試練はない、とよく言われる。たぶん、捉え方の問題だと思う。テリー氏のように楽しめとまでは言わないが、前向きに受け留められた時環境も自ずと開けてくるとは思うのだが…。言うは易し行なうは難しで、今夜もジタバタしている。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-27 23:59 | 1945-1949(60~64才)
2007年 12月 26日

最近、ふっくらしたね。【山瀬まみ】

c0119436_549026.jpg

山瀬まみ、1969年10月2日。神奈川県平塚市出身。小学生時代は、埼玉県上尾市で育つ。堀越高等学校卒業。第10回ホリプロタレントスカウトキャラバン優勝。身長168cm、血液型O型。1986年に『メロンのためいき』で歌手デビュー。当初のキャッチコピーは「国民のおもちゃ新発売」だった。優れた歌唱力の持ち主ではあったが、アイドル歌手としては成功せず、バラエティ番組を中心に活躍する代表的なバラエティーアイドルとなる。鼻にかかった独特な喋り声で知られ、タモリなどによく真似されていた。

1990年代後半に大日本除虫菊の液体蚊取り器『キンチョウリキッド』のCMで再ブレイク。両親がレストランを経営しているせいか、料理の腕も確かであり、料理本を何冊か出版している。映画『釣りバカ日誌』では、主人公の浜崎伝助の同僚OL役を生き生きと演じ、非常に高い評価を得た。この名演技により、一躍トップスターへと躍り出た。また、『新婚さんいらっしゃい!』のアシスタントを1997年7月より務めており、2008年1月以降もアシスタントを務めれば、同じ事務所の先輩の片平なぎさが持っている10年半を塗り替える事になり注目される。

頭の良さが息の長さにつながっている。空気を読むことがうまいから、バラエティで重宝される。今年は「KY」なる言葉が流行したが、空気を読むとは相手の気持ちになれるかどうかだと思う。つまり、客観的に物事を見れる目線が育まれてきたかどうかだ。人が何を求めてるかが分かれば、人間関係だけでなく仕事だって上手くいく。KYには賛否があるが、大人の人間として優しさのある思いやりと言動は持ち合わせたい。余裕がなくなるとなかなかしんどいが…。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-26 23:59 | 1965-1969(40~44才)
2007年 12月 25日

2007年、M1優勝者。【サンドウィッチマン】

c0119436_6504559.jpg

サンドウィッチマン。伊達みきお、1974年9月5日生まれ。ツッコミ担当。パワフルな突っこみはプロの間で定評がある。宮城県仙台市出身。身長170cm。体重88kg。趣味は野球を始めとするスポーツ。ヤクザのような外見をして、漫才の中でも「○力団の方ですか?」「出所祝いですか?」などとしばしば使用されている。富澤たけし、1974年4月30日生まれ。ボケ担当。ネタ作りも担当している。東京都生まれ宮城県仙台市育ち。身長170cm。体重76kg。趣味はTVゲーム、ワールドサッカー観戦。言葉の勘違いをするネタや伊達の体型をいじるネタが多い。

高校時代のラグビー部で知り合う。お笑い芸人になりたかった富澤は当初は別の相方と組んでいたが、本来は伊達と組みたいと考えていた。しかし伊達は就職していた為、退職を待って二人で上京。本人達はネタ以外ではボケ、ツッコミの役割分担は気にしていないため、フリートークでは自由なポジションで対応している。2005年・2006年のM-1グランプリでは準決勝まで進み、2007年では敗者復活戦から決勝前半戦を1位通過、最終決戦でも審査員7人中4票を獲得し見事優勝を果たした。敗者復活戦から優勝を勝ち取った初のコンビとなる。東京進出9年の今でも、コンビ2人でアパートに住んでいる。

間違いなく来年ブレイクするお笑いコンビの二人だ。エンタの神様出演当初から、面白い存在だと目を付けていただけに今回のM-1優勝はなんだか嬉しい。間の良いボケとツッコミ。漫才の醍醐味の基本だ。下積みが長かっただけに、これからは思う存分羽ばたいて欲しい。何事も途中で諦めちゃいけない!と言った模範みたいな二人ではあるが、人間売れてしまうと芸風から態度まで変わってしまう輩が多い。彼らにはせめて、キャラだけは変わらないで欲しいと望むファンの一人だ。とにかく、新たな人生に向けて益々芸を磨いて頂きたい。私はソッと応援してるから…。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-25 23:59 | 1970-1974(35~39才)
2007年 12月 24日

イブの夜にふさわしい歌声。【エンヤ】

c0119436_0502767.jpg

エンヤ(Enya)、1961年5月17日生まれ。ケルト音楽を下敷きに独自の音楽を展開する女性ミュージシャン。各国でアルバムが発売され、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の主題歌も担当するなど、世界的な人気を得ている。特に日本ではCMや番組のエンディングなどに彼女の曲が多用され、絶大な人気を誇る。ボーカルや自身によるコーラス、ハーモニーを幾重にも録音を重ねることで、ダイナミックかつ荘厳なサウンドを生み出すのが特徴で、日本ではヒーリングミュージックとしていくつものナンバーが愛されている。反面、1曲に費やす手間が増える上に、エンヤ自身が完璧主義者であるがゆえに、アルバム1枚を完成させるのに5、6年かかってしまうと言う。

しかしながら、しばしば過去のナンバーがTVCMやドラマ、映画のテーマとして使用されるために、リスナーの印象が薄れにくく、それも人気を維持している要因といえる。曲はクラシックと教会音楽を基礎に、故国アイルランドの音楽など、さまざまな要素を含有しているので、荘厳な印象を受ける。歌詞は基本的に英語であるが、曲により、ゲール語、ラテン語で書かれている場合がある。5thアルバム『アマランタイン』では、さらに日本語、ローマ・ライアンとともに作った架空の言語、"Loxian"で書かれた曲が収録されている。

昨夜の日本テレビのクリスマス特番でも出演した彼女。多くの年齢層から支持を得ている。持続する人気の秘密は基礎にあるのではないか?私自身、音楽もオリジナル曲を作るが、これが数を重ねるごとに枯渇してしまうのが一般人で、第一線で活躍している人達はもともと持っている『資源』が豊富だ。仕事としてやっていくと言うことは、それなりの基盤がないと長く続くものではない。年も年だからと諦めないで、知識を蓄えることは大切なことだ。今夜はエンヤでも聴きながら聖なる夜に自己回顧でもしてみるか…
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-24 23:59 | 1960-1964(45~49才)
2007年 12月 23日

最近のトレンド俳優No.1。【小栗旬】

c0119436_1834527.jpg

小栗旬、1982年12月26日生まれ。東京都小平市出身。明星学園高等学校中退。身長184cm。血液型O型。小学校6年の時に児童劇団に入団し、子役エキストラからスタートした。1998年の『GTO』(いじめられっ子の吉川のぼる役)で連続ドラマ初のレギュラー出演。その後、高校に進学するも芸能界と勉学との両立できず中途退学した。父親は舞台監督の小栗哲家、兄の小栗了は元俳優で、『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』、『間違いの喜劇』で兄弟共演した。母はバレエの先生で姉がひとり、愛犬が二匹。

2008年1月から放送予定の『貧乏男子 ボンビーメン』では、大学生役で連続ドラマ初主演を果たす。ドラマ現場などでは常にテンションが高く、ムードメーカーである。成宮寛貴、生田斗真、高岡蒼甫は親しい友人。また『花より男子』で共演した松本潤、松田翔太、阿部力とも親しい。CMでも大正製薬 リポビタンファイン、日本民間放送連盟CMのCMキャンペーン、味の素 クノールカップスープ等今年も多くの出演を果たしている。俳優の中でもイチオシの人気急上昇注目株だ。

かわぐちかいじの漫画の主人公に顔が似ている。目の力強さがいい。オーラを感じる。「おぐりしゅん」と言う名前も印象に残る。しかし、芸名でない限り名前は自分で決めることはできない。私の鈴信(すずのぶ)博堂(はくどう)ももちろんペンネームだが、それなりに思い入れがあり意味もある。名前を本名以外に持ってみるのも楽しい。何の活動をしていなくとも、別次元の自分を想像してネーミングしてみることをお奨めする。きっと、名前にいつか近づいていくから…。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-23 18:05 | 1980-1984(25~29才)
2007年 12月 22日

お嫁さんにしたい人No.1?【安めぐみ】

c0119436_22104854.jpg

安めぐみ、1981年12月22日(今日が誕生日)。東京都府中市出身。東京都立府中西高等学校中退。血液型A型。身長:158cm。1996年、15歳の時に芸能活動を開始。CMのエキストラや広告モデルの仕事をこなす。1999年、集英社『週刊ヤングジャンプ』主催の「第10回YJ全国女子高生制服コレクション」で準グランプリを受賞。2000年8月23日、シングル『Private Venus』で歌手デビュー。2001年、『トゥナイト2』でリポーターとして活躍。2002年4月~12月、TBSの『王様のブランチ』のグルメリポーターとなる。2006年10月25日、リリーとのユニット「リリメグ」として『おやすみ』で歌手再デビュー。2007年、第1回ブライダルジュエリープリンセスを受賞。同年7月28日公開の『こわい童謡 裏の章』で映画初主演。

「男性が選んだ結婚したいと思う、いいお嫁さんになりそうな女性、のタレントランキング(2006年)」では1位に選ばれた。匂いフェチで、匂いからその男性の性格や特徴を言い当てるという技能があり、目隠しで手の甲の匂いを嗅ぎながらかなり正確に言い当てた。中学時代は剣道部に所属していた。番組内で眞鍋かをりと対戦し勝利している。哀川翔の熱狂的なファンで、レコード・写真集・DVD等多くの哀川グッズを所有しており、哀川の魅力を熱く語ったことがある。水泳が得意。

見かけと実態はよく異なるものだが、彼女の場合癒し系に分類されている。男は見た目に弱いから、強い女性よりも優しさを求めてしまうのか?騙される方が悪いのか、騙す方が上手なのか、ここでの議論はさて置いて、なかなか人間全てを見抜くことは難しい。だから、たとえ騙さたとしても、そこには相手を選んだ自分がある訳で、100%責任転嫁するのもどうかと思う。結局人生、突き詰めて言ってしまえば半分くらいは博打性が高い。日々、ギャンブルをしているかと思えば、それはそれでまた楽し。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-12-22 22:12 | 1980-1984(25~29才)