鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2007年 08月 31日

現内閣の救世主となれるか?【舛添要一】

c0119436_7441731.jpg

舛添要一、1948年11月29日生まれ。 福岡県北九州市出身。 前政策研究所代表、厚生労働大臣。当選回数2回。自由民主党所属。東京大学法学部政治学科卒業後、ヨーロッパ政治史を専攻の助手として研究室に入る。その後はヨーロッパに留学し、パリ大学現代国際関係史研究所客員研究員、ジュネーブ高等国際政治研究所客員研究員などを経て東京大学教養学部助教授。フランスの政治・外交を専門とし、国際関係論などを講じていた。留学先のフランスで始めた柔道は講道館二段である。 片山さつきは元妻。現在の妻とは3度目の結婚である。

1980年代末から『朝まで生テレビ!』などの討論番組に頻繁に出演し、テレビ映えする討論スタイルで脚光を浴びる。以降、「文化人」と呼ばれる知的タレントとしてお茶の間の人気を博した。2007年7月29日の第21回参院選では、再選を目指し自民党公認で比例代表区より立候補、与党への逆風の中で票を減らしたが、467,735票を獲得して自民党トップで当選した。選挙前後を通じて安倍内閣の閣僚や総理の政権運営を厳しく批判してきたが、2007年8月27日の安倍改造内閣において年金問題を始めとする多くの問題を抱える厚生労働大臣に任命される。記者会見では「年金支給漏れ問題」の解決に意欲を見せる。

強面の言いたい放題がウリ。歯に衣着せぬ物言いは、今の腐りきった政治の世界に一石を投じられるか。目つきが鋭い。ゴルゴ13のように光る眼光。薄い髪もそれなりにカッコイイ。自分ももし薄くなったら、中途半端に長くするのは止そう。だから今回の似顔絵は少し劇画調に描いてみた。絵になるよね、舛添さん。是非、厚生省の改革に踏み切って欲しい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-31 23:59 | 1945-1949(60~64才)
2007年 08月 30日

お幸せになっていただきたい…【雅子さま】

c0119436_631125.jpg

皇太子妃殿下 、雅子様。小和田恆(おわだひさし)氏第1女子。1963年12月9日生まれ。米国ハーバード大学経済学部ご卒業、東京大学ご中退、外務省ご入省、英国オックスフォード大学ベーリオールコレッジご留学等のご学歴。平成5年6月9日ご結婚。平成12年12月1日、敬宮(としのみや)愛子内親王殿下誕生。

お身体の不調を訴えられ、公務をご欠席される旅にマスコミのバッシングの餌食になっている雅子様。女性週刊誌には掲載されない週が無いくらい、その一挙手一動が白日の下にさらされている。具合も悪くなるよ。もう少しそっとしておいてあげられないものだろうか…

ひそやかな生活を望みたくとも許されない環境。大きな瞳に、満面の笑み。結婚当初の彼女の面影は今は少ない。別な人生があったとしても選択の自由さえない。自由の無い人生、考えただけでもゾッとしてしまう。凡人ではあるけれど、選べる自由、ありがたいな。無いものに憂うよりも恵まれていることに感謝したい。頑張って欲しいな。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-30 23:59 | 1960-1964(45~49才)
2007年 08月 29日

日中携手・世紀動向2007in上海【谷村新司】

c0119436_7441133.jpg

谷村新司、1948年12月11日生まれ。大阪府出身。桃山学院大学卒。AB型。堀内孝雄、矢沢透とアリスを結成、数々の大ヒット曲を世に送り出した後に解散、ソロ歌手、他人への楽曲提供など幅広く活動。若い頃はMBSヤングタウンなどのラジオ番組でのばんばひろふみ氏とのコンビは、当時の若者に熱狂的な支持を得た。主なヒット曲に、冬の稲妻、チャンピオン、秋止符、昴、サライ(加山雄三との共作)、忘れていいの(小川知子とのデュエット)、群青、いい日旅立ち、三都物語等500曲以上の楽曲がある。

今秋、中国上海で日中国交正常化35周年の記念コンサートを開く。「同じアジア人としての絆を深めるため、一役買いたい」と意欲を見せる。中国で人気の「昴」などを歌うほか、中国人歌手らが流行歌を披露する。力国の少年少女80人も合唱に参加する。中国との交流のきっかけは、81年に北京で初めて開いたアリスのコンサート。その時から何度も中国に渡り、04年3月からは上海音楽学院の教授も務める。

いい男ではないが、いい顔をしている。日頃の暮らしぶりが窺い知れる顔だ。優しさの中にも厳しさがあり、他人の痛みも解るような雰囲気を漂わせている。提供する楽曲も素敵だ。情景が見えるような詩を歌う。歌はうまければ良いと言うものではない。訴える力があるかどうかが大切だ。歳を重ねなければ歌えない唄、そんな歌い手が本物の歌手だと思う。私が敬愛するアーティストのひとりだ。素人の真似事ではあるが、私も彼のような心に語りかけられる唄を歌いたい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-29 23:59 | 1945-1949(60~64才)
2007年 08月 28日

「世界中の誰よりきっと」をリリース。【酒井法子】

c0119436_744447.jpg

酒井法子、1971年2月14日生まれ。福岡県福岡市出身。堀越高校卒業。血液型B型。福岡市に生まれるが、家庭の事情により小学校時代の6年間を埼玉県狭山市で過ごす。タモリの後輩であることは知られている。1986年開始のドラマ『春風一番!』でデビュー。ほぼ同時に雑誌『Momoco』の「モモコクラブ」にも名を連ねる。桃組出席番号1482番。同期にBaBe、坂本冬美らがいる。

レコードデビューと同時に若者を中心に人気を獲得、ニックネームはのりピー。デビュー当時「のりピー語」と呼ばれる言葉を使い、「ヤッピー」「いただきマンモス」「うれピー」などといったフレーズを流行させた。アイドル時代の活躍は漫画家、イラストレーターと多岐に渡る。『ひとつ屋根の下』『星の金貨』などの出演テレビドラマが大ヒットする一方、『星の金貨』の主題歌として自ら歌った『碧いうさぎ』がミリオンセラーとなり、デビュー9年目にして1995年の第46回紅白歌合戦へ念願の初出場を果たし、ドラマの設定もあり紅白史上始めて手話を交えて歌った。1998年できちゃった結婚した夫はプロサーファーとなっているものの、賞金プロとしての活動は皆無に等しい。1999年7月18日、長男を出産。現在は1児の母。TOYOTA NOAH CMソングの世界中の誰よりきっと(2007年8月22日)をリリース。中山美穂&WANDSのカバー。カップリングは碧いうさぎ(2007 Version)。

この似顔絵は、彼女が同心当時の写真を元に描いたものだが、現在の容姿は著しく変貌した。すっかり大人の雰囲気になってしまったのりピー。女性は男性に比べ極端に変化することが少なくない。そして、強さを併せ持つ。太古の昔からそうなのだろうか?大黒柱として活躍する、今後の彼女を暖かく見守りたい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-28 23:59 | 1970-1974(35~39才)
2007年 08月 27日

早大エジプト発掘40年展開催中。【吉村作治】

c0119436_110629.jpg

吉村作治、1943年2月1日生まれ。東京都出身。早稲田大学文学部卒業。1999年母校で博士号取得。日本におけるエジプト考古学の第一人者で、ハイテクを導入した調査方法で遺跡を発掘する手法が評価されている。「日本のインディ・ジョーンズ」との声もある。

留学と発掘調査、研究などでエジプトでの生活が長く、元妻もエジプト人である。パレスチナの難民キャンプやゲリラの訓練キャンプへの取材も行った経験もあり、大変なアラブ通である。口髭がチャームポイントだが、これはアラブでの生活が長く、成人男子は髭を蓄えるもの、という通念のあるエジプトでの活動を効果的に行うためだという。

藤子不二雄原作で、「もぐろふくぞう」が主役の笑うセールスマンと言う漫画があるが、その実写版のようにそっくりだ。だから今回はマンガ調で描いてみた。雰囲気があるよなぁ、ロマンを追い求めているからだろうか?好きなことを仕事にできる人って幸せだよね。私も僅かながらでも好きな絵を、こうして描かせていただけることは幸せなことだ。記録に残ると言うことは、プロセスが見えて成長の変化が自分でも良く分かる。世の中、無理と思ったら吉村氏ではないが遺跡の発掘も叶わなかっただろう。とりあえず自分を信じて、今日できるところから始めたい…
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-27 23:59 | 1940-1944(65~69才)
2007年 08月 26日

世界陸上、走り幅跳びのアイドル。【池田久美子】

c0119436_11562289.jpg

池田久美子、1981年1月10日生まれ。山形県酒田市出身。女子走り幅跳びの日本記録保持者(6メートル86)。今大会(世界陸上)で日本人初の7m超えを期待されている。100メートルハードルも持つ。身長166cm、体重53kg、血液型B型。仙台育英高校- 福島大学卒。スズキ陸上部所属。小学校6年生で5m18という幅跳びの記録を残し、「驚異の天才少女」として注目を集める。

6m86の日本新記録は、現在世界ランキング6位に相当。2006年ドーハ・アジア大会に出場し、6m81を跳び、アジア大会のこの競技で日本人36年ぶりの金メダルを獲得。愛称は「イケクミ」。ピンクが大好き。子供も好き。趣味は部屋の掃除だそうだ。彼女には花岡と言う、常に数センチを競い合うライバルがいる。その存在の有無で結果は大きく変わる。

陸上の世界では珍しく?アイドル系の美形だ。しかしながら、太りやすい体質のようで、チョコレート絶ちをして7kgの減量に至ったと言う。子供の頃から常に注目されている状況は、芸能人とは別な意味でストレスがかかると思う。記録と言う結果を求められるから…我々も何らかのストレスはみな抱えている。それを楽しんでしまうくらいの心の余裕が欲しいものだ。ガンバレ、イケクミ!
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-26 12:37 | 1980-1984(25~29才)
2007年 08月 25日

和製スーパーマン、世界陸上でメダルを!【室伏広治】

c0119436_16485871.jpg

室伏広治、1974年10月8日生まれ。2004年アテネオリンピックの男子ハンマー投げ金メダリスト。身長187cm。体重99kg。握力98kg。血液型A型。静岡県沼津市出身。千葉県成田高等学校、中京大学を経て、現在はミズノ所属(同時に中京大学大学院に研究生として在学中)。日本オリンピック委員会・選手強化キャンペーンのシンボルアスリート制度適用選手。父親はかつて日本選手権12回制覇、アジア大会5連覇を達成して、「アジアの鉄人」と呼ばれた室伏重信(前日本記録保持者。現在は中京大学体育学部教授)。母親はオリンピック槍投げルーマニア代表のSerafina Moritz (ルーマニア出身、後年父との離婚により生別)。妹はアテネ五輪女子ハンマー投げ代表・女子円盤投げ日本記録保持者の室伏由佳。現在日本で知名度も入れて総合的に一番優れたアスリートと賛同を受けている。

幼少時より英才教育を施され、天賦の才能を発揮。成田高校進学後にハンマー投げに取り組む。当時からほかの選手とは別次元の投てきを連発。日本高校新記録を樹立。中京大学進学後、室伏重信のコーチングを受け、さらに競技力を増す。日本学生新記録・日本ジュニア新記録を樹立。今や、日本のみならず、世界の記録をも塗り変える男。今日から始まった世界陸上での活躍も大いに期待される。

メチャクチャかっこいい。日本人離れしたマスクに、鍛え上げられた完璧な肉体は、男の目から見ても実に美しい。映画に登場させたい真実のアスリートだ。また、笑顔が優しい。これだけ記録を追及していけるタイプは、よほど意思が強いのだろう。凡人では見習うと言っても足元にも及ばないが、できることからやっていこう、フツーの人間は。まずは、明日に回さないこと…
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-25 17:01 | 1970-1974(35~39才)
2007年 08月 24日

多分、登場頂く似顔絵最高齢。【森光子】

c0119436_554879.jpg

森光子、1920年5月9日生まれ。京都府京都市出身。血液型B型。日本俳優連合名誉副会長、フジテレビジョン番組審議委員。紫綬褒章、文化勲章受章。称号は東京都名誉都民。戦前から戦後間もなくにかけては大阪を拠点に芸能活動を行っていたが、1950年前後の約3年間は、肺結核の闘病生活のため芸能活動を休止。1956年には朝日放送と専属契約を結び、ラジオでは「東西お笑い他流試合」の大阪方の司会、テレビでは中田ダイマル・ラケットと組んだコメディ「びっくり捕物帳」などで人気を博するが、1958年に菊田一夫に誘われ芸術座の舞台を踏んだのがきっかけで、翌1959年には東京に活動拠点を移す。同年ラジオ東京のプロデューサーで演出家の岡本愛彦(故人)と結婚(のちに離婚。ちなみに結婚当時、相手が5歳下だったこともあり、森本人は3歳サバを読んで36歳ということにしていた)。作家の水上勉とも噂があった。

何と言っても時間ですよシリーズ(TBS) が記憶に強い。他、舞台「放浪記」は出演回数1800回、主役を演じた年数45年は日本記録、と日本の芸能史の中でCMを始め、多くの分野で存在感を示してきた。 既に87歳。少しでも長く、活躍頂きたい。

似顔絵を描く時、この手の真っ白く塗りたくられた顔は描き手を困らせる。しかし、生命力のある目の輝きは、若さとは単に年齢ではないなぁと感じさせられる。まだこんなに元気であることが奇跡に近い。自分たちの周りを見てもこんなに若々しい「老人」はいない。見られることがそうさせるのか?はたまた独自の秘密があるのか?長生きが幸せとはイコールではないものの、健康で天寿をまっとうできたら素晴らしい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-24 23:59 | 1920-1924(85~90才)
2007年 08月 23日

世界水泳で偉業、2冠達成!【北島康介】

c0119436_5482612.jpg

北島康介、1982年9月22日生まれ。東京都荒川区出身。日本体育大学を卒業。東京スイミングセンター(東京SC)、サニーサイドアップ所属。身長177cm。中学時代は水泳部が無かったために陸上部に所属していた。ただし、陸上部としての活動はあまりしていない。クロールでの泳ぎも速く、個人メドレーにおいても日本では5本の指に入るくらいのレベルにある。「有言実行」をモットーとしている。

2000年、日本選手権 100メートル平泳ぎ優勝してから、その後のシドニー五輪、パンパシフィック水泳選手権、横浜、釜山アジア大会、世界水泳バルセロナ大会、アテネ五輪等、数々の大きな大会で優勝、世界記録を更新し、長い間世界の水泳界のトップを牽引している。今大会の世界水泳でも安定した泳ぎで2冠達成。「チョー気持ちえぇ、鳥肌ものです」のコメントは流行語大賞の年間大賞にも選ばれたほど有名。

良い顔している。マンガのヒーロー顔だ。少年誌で似たような主人公をよく見かける。と言うことは、顔によって人は作られるものなのか?相応な生き方が決まっているとしたなら怖い。早く整形でもした方がいい。そう言えば、悪役の顔にも共通した部分が多い。北島選手の顔は、負けん気溢れる中にも、タレント性豊かなユーモアも感じる。どちらかと言えば、選手を引退してからの転進の方が興味深い。あなたは何顔?
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-23 23:59 | 1980-1984(25~29才)
2007年 08月 22日

パパばかりじゃない。今期2勝目!【横峯さくら】

c0119436_6262877.jpg

横峯さくら、1985年12月13日生まれ。鹿児島県鹿屋市出身。血液型AB型。身長155cm。ゴルフ好きの父親横峯良郎の影響で8歳からゴルフを始める。長姉横峯留衣もプロ。明徳義塾高等学校卒業。2002年、日本ジュニア、サンスポ女子アマ優勝。2004年4月には「再春館レディース」で不動裕理らとプレーオフを演じた。8月プロテスト合格、チャレンジツアーの「穴吹工務店レディースカップ」でプロ初優勝。2004年の獲得賞金は1734万7584円で27位。2005年度ツアーの獲得賞金は6934万7016円で4位。 2006年度ツアーの獲得賞金は9638万7662円で3位。 今期は賞金女王目指し、残り更なる躍進が期待される。

テイクバックでヘッドが地面を刺すほどの超オーバースイングが特徴。素人はおろか、他のプロにも真似のできない独特のスイングは、父良郎氏がゴルフを生業とする人間でなかったからこそ生み出されたものだと言える。 横峯は小学4年生で出場した全国小学生大会で優勝している。この時2位だったのが宮里藍。宮里とは同学年で、中学、高校と鎬を削った良きライバルである。

父の存在から、親離れしようと必死でもがいている今期、プレースタイルも変わってきた。自分自身で考え、判断し行動する。自身で飛び立とうとしたときに、本当の力が試される。まだまだ師でもある父の影響は絶大だろうが、是非とも自分の翼で羽ばたいて欲しい。彼女のスイングはオリジナルですばらしい。必ずや、近い将来賞金女王になれる逸材だ。応援したい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-22 23:59 | 1985-1989(20~24才)