鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:1970-1974(35~39才)( 70 )


2007年 11月 09日

人気度ナンバーワン、アズアズ。【安住紳一郎】

c0119436_19374915.jpg

安住紳一郎、1973年8月3日生まれ。北海道帯広市出身。明治大学文学部日本文学科卒業。身長173cm。血液型AB型。1997年、TBS入社(同期は小倉弘子、伊藤隆太)。TBSでの初出演番組は、『はなまるマーケット』。入社当初はスポーツアナとしてプロ野球中継を担当。その影響をうけて千葉ロッテマリーンズのファンとなった。

本人は報道番組を持つことを強く希望しているが、バラエティ番組を中心に起用されている。その結果、2005年の衆議院解散総選挙の際には、アナウンス室で役員待遇のアナウンサー以外では唯一選挙特番に起用されず、さんまのSUPERからくりTVのロケにまわされた。 特技は、コーラ、ビールなどの早飲み。中学校国語科の教員免許を持っている。話しことば検定1級を持っている。初のボーナスでテレビを11台買うほどのテレビヲタク。鉄道マニアであり、飛行機・船などにも詳しい。また、城郭マニアでもある。人気アンケートでは常に上位にランクされるタレントに近いアナウンサーだ。

最近のアナウンサーは職業の中でもステイタスだ。一昔前まではスチュアーデスとかがトップだったような気がする。また、女子と男子とでは圧倒的に前者の商品価値が高い。最近のスポーツ選手の結婚相手には必ずと言っていいほど、女子アナが納まっている。職業に貴賤はないと、昔から声高に叫ばれるが現実はその逆だ。職業は大切だ。しかしながら、多くの人が望んだ仕事に就けるわけではない。与えられた今の仕事の中で、どう輝くかが重要なところだ。輝いていますか?
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-11-09 23:37 | 1970-1974(35~39才)
2007年 11月 02日

多才な彼女は世の女性の憧れ。【工藤静香】

c0119436_19122663.jpg

工藤静香、1970年4月14日生まれ。東京都羽村市出身。元おニャン子クラブのメンバーである。夫は木村拓哉。幼少期を青森県で過ごす。小学生の時には劇団「東俳」に所属。1984年第3回「[[ミス・セブンティーンコンテスト」に出場。「夕やけニャンニャン」番組スタッフの勧めでおニャン子クラブのオーディションを受け合格、会員番号38番となる。1987年5月7日、生稲晃子・斉藤満喜子とユニット「うしろ髪ひかれ隊」を結成。5月21日に発売のおニャン子クラブ8枚目のシングル『かたつむりサンバ』ではフロントボーカルに抜擢されるなど、終焉に向かっていたおニャン子クラブの中で人気、知名度を上げていく。

『夕やけニャンニャン』最終回の1987年8月31日、『禁断のテレパシー』でソロデビュー。その後ヒット曲を連発し、1980年代後半から1990年代前半を代表する女性歌手の一人となる。特に1989年は『恋一夜』『嵐の素顔』『黄砂に吹かれて』と50万枚以上の大ヒットを連発し、その年のシングル年間ランキング上位10曲の中に3曲入った。画家として二科展に12回の入賞実績がある。2000年11月、SMAPの木村拓哉とできちゃった結婚。現在は、芸能界に復帰し、ジュエリーデザイナーとしても活躍し、自らのブランドを立ち上げている。

才能に恵まれた人である。私もそう言われる事もあるが(笑い)、大概器用貧乏と呼ばれることも少なくない。彼女の場合、更にカリスマ主婦だ。世の女性の憧れと言っても過言ではない。何に向いてるかは別にして、好奇心だけはいつまでも持ち続けていたい。行動力、感動、気力、感受性等など、全てが「カ行」の言葉であるのは面白い。カ行には若さを保つ要素が満ち溢れている。才能のある人は、それを活用することが上手い。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-11-02 22:11 | 1970-1974(35~39才)
2007年 10月 31日

サンタフェも今は昔。【宮沢りえ】

c0119436_12373234.jpg

宮沢りえ、1973年4月6日生まれ。東京都練馬区出身。血液型B型。身長167cm。11歳の時にモデルとしてデビューし、1987年に「三井のリハウス」の初代リハウスガール"白鳥麗子"役で注目を集め、トップアイドルとなる。その後、映画・舞台・テレビドラマで活躍中である。1989年、初主演映画『ぼくらの七日間戦争』で日本アカデミー賞新人賞を受賞。小室哲哉楽曲提供による『ドリームラッシュ』で歌手デビュー。カレンダーでは大胆なふんどしルックが話題を呼んだ。

1991年発売の写真集サンタフェは、人気絶頂時のヌード写真集で大ヒットし、150万部のベストセラーとなる。1992年、貴花田との婚約を発表し、当時国民的な人気を誇っていた2人の交際が大きな話題となる。しかし短期間で不可解な婚約解消。 2003年、『たそがれ清兵衛』で日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を受賞。 日本的な風貌で時代劇出演も多いが、父親はオランダ人である。つい最近も映画[オリヲン座からの招待状」の試写会で挨拶をするなど、話題を提供していた。

端正な顔立ち、抜群のスタイル。適齢期にありながら、なかなか結婚には恵まれない彼女。もちろん、結婚イコール幸せと言う訳ではないが、望んでいてもなかなか縁の薄い人がいるのも事実である。男の人も声を掛けにくいだろうな、彼女のような相手がいて当たり前の女性には。だからと言って、片付いてしまった女性を云々言うつもりもない。日本語は難しい…(汗)最近、女優としての評価が更に高まっている彼女だけに、今後の活躍を楽しみにしたい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-10-31 12:40 | 1970-1974(35~39才)
2007年 09月 09日

カリスマモデルでトークもバッチシ。【梨花】

c0119436_21422194.jpg

梨花、1973年5月21日生まれ。東京都墨田区出身。血液型O型。身長165 cm、体重42 kg。聖徳大学短期大学部卒業、祖父はポーランド系オーストラリア人。実妹は元タレントの中山史奈。1993年、ファッション誌『JJ』や『CanCam』などに登場しデビュー。以来現在に至るまでファッション誌でのモデル活動を展開し続けている。芸名「梨花」は事務所の社長による命名。ゴリラというあだ名がある。

数々の恋愛経験やスキャンダルを乗り越え、今やバラエティ番組に欠かせない存在となっている。三十路を迎えて以降は、自分のおっぱいをアピールしたり、「明日、脱毛するの?」とコメントしたり、陰毛に関するトークをしたりと、大好きな下ネタトークも好調である。 又貧乳疑惑を受けて、番組収録中に共演の女性タレント達におっぱいを見せて確認させた事も有り、その様子はそのままオンエアされた。 誠に作りや嫌味の無いキャラが浸透して来て、益々好感度上昇中である。

今や、バラエティーで彼女を見ない時はないくらい出まくっている。分かれた男の話もネタにして頑張ってはいるが、あの高周波数の自己主張には嫌悪を感じる人も少なくはない。まぁ、目立ってナンボの芸能界だから、計算されての演出かもしれないが、自分の売り処を心得ているタレントではある。自分のウリってなんだろう?結構、言葉に詰まる。この際、良い所だけでも書き出してみようか…朝までかかっても書けなかったらどうしよ。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-09-09 00:00 | 1970-1974(35~39才)
2007年 09月 05日

毒舌お笑いのポジション確立。【青木さやか】

c0119436_646111.jpg

青木さやか、1973年3月27日生まれ。愛知県尾張旭市出身。身長165cm。血液型O型。両親共に小学校教諭という家庭環境で育つ。名古屋学院大学外国語学部中国語学科卒業。就職活動で在名テレビ局のアナウンサー採用試験を受けるがいずれも不採用となる。大学卒業後はテレビタレントセンター(名古屋のタレント養成所)に入学。その後、中京ローカルのフリーアナウンサーとして活動し、林寛子の付き人を経て、中京テレビの深夜番組『めざせ!総・楽・天』に出演。この時はお笑い志望ではなかったが、「面白いタレントになりたい」という自己PRをお笑い志望としてこの番組で紹介されたことがきっかけで、お笑いに転身する。

2003年秋頃からレギュラー番組が激増する。同じ頃、『エンタの神様』(日本テレビ系)などのネタ番組でブレイク。現在は笑い専門だけでなく、女優業や司会業などもこなす。 2004年8月10日に発売された『週刊ポスト』のグラビアでビキニ姿を披露する。 2005年4月13日に、写真集「OùVoyez-vous?」(タイトルは「どこ見てんのよ?」という意味のフランス語)を発売し、初版2万部が3日で完売した。芸人としての持ちネタは主に、バスガイド、保母、エレベーターガールなど様々な職業のコスプレで、皮肉たっぷりにブラックジョークを連発する一人コント。

もうすっかりテレビのレギュラーとして定着してしまった彼女。メリハリ型タレントの典型である。毒舌的な芸風は、最近影をひそめてしまったが、相変わらずの存在感は強い。多分、平素は普通の礼儀正しい女性のような気がする。なぜなら、トーク番組で発する気遣いが、それを感じさせるから。どの世界でも同じタイプの人間は必要とされない。そう言う意味でも、自分のポジションをしっかりと模索してきた人だろう。必要とされるポジション、つかんでますか?
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-09-05 23:59 | 1970-1974(35~39才)
2007年 08月 28日

「世界中の誰よりきっと」をリリース。【酒井法子】

c0119436_744447.jpg

酒井法子、1971年2月14日生まれ。福岡県福岡市出身。堀越高校卒業。血液型B型。福岡市に生まれるが、家庭の事情により小学校時代の6年間を埼玉県狭山市で過ごす。タモリの後輩であることは知られている。1986年開始のドラマ『春風一番!』でデビュー。ほぼ同時に雑誌『Momoco』の「モモコクラブ」にも名を連ねる。桃組出席番号1482番。同期にBaBe、坂本冬美らがいる。

レコードデビューと同時に若者を中心に人気を獲得、ニックネームはのりピー。デビュー当時「のりピー語」と呼ばれる言葉を使い、「ヤッピー」「いただきマンモス」「うれピー」などといったフレーズを流行させた。アイドル時代の活躍は漫画家、イラストレーターと多岐に渡る。『ひとつ屋根の下』『星の金貨』などの出演テレビドラマが大ヒットする一方、『星の金貨』の主題歌として自ら歌った『碧いうさぎ』がミリオンセラーとなり、デビュー9年目にして1995年の第46回紅白歌合戦へ念願の初出場を果たし、ドラマの設定もあり紅白史上始めて手話を交えて歌った。1998年できちゃった結婚した夫はプロサーファーとなっているものの、賞金プロとしての活動は皆無に等しい。1999年7月18日、長男を出産。現在は1児の母。TOYOTA NOAH CMソングの世界中の誰よりきっと(2007年8月22日)をリリース。中山美穂&WANDSのカバー。カップリングは碧いうさぎ(2007 Version)。

この似顔絵は、彼女が同心当時の写真を元に描いたものだが、現在の容姿は著しく変貌した。すっかり大人の雰囲気になってしまったのりピー。女性は男性に比べ極端に変化することが少なくない。そして、強さを併せ持つ。太古の昔からそうなのだろうか?大黒柱として活躍する、今後の彼女を暖かく見守りたい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-28 23:59 | 1970-1974(35~39才)
2007年 08月 25日

和製スーパーマン、世界陸上でメダルを!【室伏広治】

c0119436_16485871.jpg

室伏広治、1974年10月8日生まれ。2004年アテネオリンピックの男子ハンマー投げ金メダリスト。身長187cm。体重99kg。握力98kg。血液型A型。静岡県沼津市出身。千葉県成田高等学校、中京大学を経て、現在はミズノ所属(同時に中京大学大学院に研究生として在学中)。日本オリンピック委員会・選手強化キャンペーンのシンボルアスリート制度適用選手。父親はかつて日本選手権12回制覇、アジア大会5連覇を達成して、「アジアの鉄人」と呼ばれた室伏重信(前日本記録保持者。現在は中京大学体育学部教授)。母親はオリンピック槍投げルーマニア代表のSerafina Moritz (ルーマニア出身、後年父との離婚により生別)。妹はアテネ五輪女子ハンマー投げ代表・女子円盤投げ日本記録保持者の室伏由佳。現在日本で知名度も入れて総合的に一番優れたアスリートと賛同を受けている。

幼少時より英才教育を施され、天賦の才能を発揮。成田高校進学後にハンマー投げに取り組む。当時からほかの選手とは別次元の投てきを連発。日本高校新記録を樹立。中京大学進学後、室伏重信のコーチングを受け、さらに競技力を増す。日本学生新記録・日本ジュニア新記録を樹立。今や、日本のみならず、世界の記録をも塗り変える男。今日から始まった世界陸上での活躍も大いに期待される。

メチャクチャかっこいい。日本人離れしたマスクに、鍛え上げられた完璧な肉体は、男の目から見ても実に美しい。映画に登場させたい真実のアスリートだ。また、笑顔が優しい。これだけ記録を追及していけるタイプは、よほど意思が強いのだろう。凡人では見習うと言っても足元にも及ばないが、できることからやっていこう、フツーの人間は。まずは、明日に回さないこと…
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-25 17:01 | 1970-1974(35~39才)
2007年 08月 21日

現在の売れっ子No.1!【くりぃむしちゅー】

c0119436_238565.jpg

くりーむしちゅー。上田晋也、1970年5月7日生まれ。血液型O型。熊本県熊本市出身。早稲田大学教育学部中退。熱狂的な長渕剛ファンで、一番好きな曲は「ろくなもんじゃねえ」。 2004年に結婚。2006年6月に第一子となる長女が誕生した。 そして、有田哲平、1971年2月3日生まれ。熊本県熊本市出身。立教大学法学部中退。 熊本県有数の進学校である熊本県立済々黌高等学校時代、同じラグビー部に所属した事がきっかけで出会う。高校卒業後別々の大学に進学するも、上田が有田を誘い共にお笑い芸人への道を選ぶ。1991年にコンビを結成しデビュー。当時のコンビ名は“海砂利水魚”。落語「寿限無」に登場する言葉であるが、命名のきっかけは伊豆にある飲食店の店名から。コント山口君と竹田君の付き人として芸歴をスタート。ライブ活動中心に下積み経験を送る。因みにデビュー当初は上田がボケ担当、有田がツッコミ担当だった。だが、有田のツッコミの語彙が乏しく勢いが無かったので、見かねた上田が役割を変えたという。
 
2000年に『新・ウンナンの気分は上々。』(TBSテレビ)におけるコンビ名改名対決でさまぁ~ずに敗北し、同郷のウッチャンナンチャン内村光良により“くりぃむしちゅー”への改名を命じられる。名前の由来は有田の好物であるクリームシチューから。改名以後はコント重視の作家志向な芸風から一転、トーク中心のメディア露出に重点を置くようになった。転機となったのは2003年。上田がテレビ番組『虎の門』(テレビ朝日)の1コーナー「うんちく王決定戦」で優勝、一躍脚光を浴びる。以降、上田は“うんちく王”の称号と共に、薀蓄芸と呼ばれる芸風で数々の執筆やテレビ番組・ラジオ・CM出演とブレイク。以降の活躍は目覚しく、売れっ子を地で行っている二人。飛ぶ鳥を落とす勢いとは、正に彼等のことだ。

お笑いの中にあって、数少ない知性を感じさせるやり取り、ネタ作り。独自性を追求することは、誰もが必要と感じていても易くはない。とても勇気のいることだ。特に日本人は、他人と歩調を合わせることに安心感を覚えるものだが、独自性とはそれと相反する行為だ。自分の似顔絵も他人の絵と比較するたびに、心が揺れることしばしば…気がつけば既に毎日描き続け100人を超えていた。どこで、評価されるかは今は求めないでおこう。続けることが今の目標。結果が付いてくるかなぁ?
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-21 23:59 | 1970-1974(35~39才)
2007年 08月 15日

多才な表現者の彼、今度は松田聖子と…【藤井隆】

c0119436_15564938.jpg

藤井隆、1972年3月10日生まれ。大阪府豊中市出身のタレント兼歌手兼俳優。吉本興業所属。血液はA型。身長 173cm 。高校卒業後の数年間は化学薬品会社の経理課に勤務。1992年、毎日放送の「テレビのツボ」でテレビデビューを果たす。一時オランダを放浪していたが、1997年、全国放送となった超!よしもと新喜劇番組内で演じたオカマキャラでブレイクした。2000年、「ナンダカンダ」で歌手デビューし、同年「紅白歌合戦」に初出場。翌年もRe:Japanのメンバーとして2年連続出場し、「明日があるさ」を熱唱した。2005年5月7日に、乙葉との婚約を発表。同年7月29日に入籍、翌日挙式・披露宴を行った。2006年6月2日、映画『カーテンコール』(2005年11月公開)の演技で、第15回日本映画批評家大賞新人賞(南俊子賞)を受賞。

ハイテンションで高慢で、ややオカマっぽい口調のキャラクターを常に演じている芸風。実際の性格は全く正反対で、とてもおとなしく礼儀正しいと言う。 趣味は音楽鑑賞・プラモデル作り・移動などの待ち時間の読書。特に氷点シリーズを愛してやまない。芸能人からの受けはとてもよく彼を支持する人も多い。最近は松田聖子とバレーボールのオフィシャルサポータとして画面に登場している。6月6日発売のセルフ・プロデュース・アルバム『Baby's Breath』が好調な売れ行きを見せる松田聖子が、藤井隆とのユニット〈松田聖子×藤井隆〉でデビュー・シングル“真夏の夜の夢”を8月1日にリリースした。

頭の回転が早いと言った印象を受ける。そのためか、先を読んでしまう性なのか、多少独りよがり的な表現が目に余る時がある。しかしながら、多才だ。努力家以前に好奇心の強さから、見よう見まねで何でも芸にしてしまう器用さがある。貴重なタレントなんだろう。でも、昔からよく「器用貧乏」と言う言葉を耳にするが、そうならずに立ち位置を見つけて欲しいものだ。私にも言える事ではあるが…
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-15 16:02 | 1970-1974(35~39才)
2007年 08月 02日

世界的評価の先駆け女優。【工藤夕貴】

c0119436_70844.jpg

工藤 夕貴、1971年1月17日生まれ。歌手、女優。歌手の井沢八郎の長女として東京都に生まれる。1983年、渋谷でスカウトされて、芸能界デビュー。TBS「ザ・ヒットステージ」で小堺一機相手にアイドルをメッタ斬りする毒舌小学生で話題になり、その後ハウス食品の、チキンラーメンタイプの袋麺「303」のコマーシャルで「お湯をかける少女」として人気者となる。1984年、石井聰亙監督の「逆噴射家族」に出演し、注目を浴びる。また、この映画の挿入歌「野生時代」で歌手デビューも果たす。また同じ頃、文化放送「ハッとミラクルアイドルナイター」で中学生パーソナリティとしてラジオデビュー。1990年、今井正監督の遺作となった「戦争と青春」に主演し、ブルーリボン賞主演女優賞を受ける。また、1989年、ジム・ジャームッシュ監督の「ミステリー・トレイン」に出演、初ヌードも披露して以来、海外作品への出演も多く、代表的な作品に「ヒマラヤ杉に降る雪」、「ピクチャー・ブライド」がある。

1995年にハワイ在住のサラリーマンと結婚した。しかし、3年後には離婚した。2005年には、地球ゴージャスのミュージカル「クラウディア」に出演し、新しい魅力を印象付けた。これは、本田美奈子が、急性骨髄性白血病で芸能活動を休止することになった際、代役として工藤夕貴が引き継いだものである。現在は静岡県富士山麓に移住し、自宅の隣りに「カフェ ナチュラル」というカフェもオープンさせた。 今年7月31日、ジャッキー・チェン主演の映画「ラッシュアワー3」のプレミア試写会後のパーティーに登場して話題になった。

代表的な独立独歩型の顔だ。全てのパーツがハッキリしている。妥協を許さない性格の人に多く見られ、凹凸にもメリハリがある。いろんなジャンルにチャレンジし、年と共に幅を広げてきたのが現在の彼女だ。人間引き出しは多いに越したことはない。また、挫折の数だけ優しくなれるとも言われる。今後の出演作に期待したい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2007-08-02 23:59 | 1970-1974(35~39才)