鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 23日

松浦亜弥のモノマネが得意で過去に共演も果たす。【はしのえみ】

c0119436_6412534.jpg
はしのえみ、1973年10月23日生まれ。(今日が誕生日)鹿児島県鹿児島市出身。東京都立新宿山吹高等学校卒業。血液型A型。身長155cm、体重42kg。鹿児島市立桜丘中学校卒業。鹿児島県立松陽高等学校1年修了後、単身上京した。萩本欽一プロデュースの演劇集団「欽ちゃん劇団」出身。在籍中は、芝居に限らず、CHA-CHAのバックダンサーに参加したり、音楽ユニット「CHU-CHU」や「ブカブカ」などに参加し、喜劇役者の中でもアイドル的活動をする。1998年4月、芸名をひらがなに変える。

その後一時期休業するが、1996年7月、大型情報バラエティー番組「王様のブランチ」の「ブランチリポーター」の仕事を射止めた。ユニット「BRAN-KO」を結成し、CDもリリースする。2008年10月現在もフロントメンバーとしてレギュラー出演し、正午になれば「買い物好きなお姫様」のキャラクターで登場し、知名度を上げる。また番組では年下のフロントメンバーの優香、小林麻耶等から「えみちゃん」と呼ばれている。その他ドラマ、バラエティー、CMなどに幅広く活動している。

スケジュールに隙間が出来ると、鹿児島に年に何度も帰省するほど郷土愛が強い彼女。私が全国で唯一行ったことのない県が鹿児島だ。仕事の関係で日本全国主要な都市は訪れた。そのいずれも駅前には消費者金融があり、チェーン店の居酒屋の看板が目に付き、いたるところにコンビニが溢れている。いつから日本は特色のない街作りが主流になってしまったのだろうか?街だけではない。人間の個性も画一的という名の下に標準化が図られ、変わった生き方はいつの頃からか封じこめられるようになってしまった。それが高度成長期の世の中のあり方だったが、これからはそれじゃいけないことにみんな少しずつ気付き始めた。人と違うこと、特徴があること、誇りに思える人達が増えるといいね(^^)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-10-23 23:59 | 1970-1974(35~39才)


<< 中国では「恋愛の毛沢東」と呼ば...      ペンペン(ペンギン)の育ての親... >>