鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 13日

今年個人事務所を設立。【森昌子】

c0119436_216142.jpg

森昌子、1958年10月13日生まれ。(今日が誕生日)血液型A型。堀越高等学校卒業。栃木県宇都宮市出身。小学校4年生のとき東京に引っ越す。前夫は森進一。長男貴寛は男性アイドルグループ・NEWSの元メンバーであり、現在ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカリスト。12歳で日本テレビ系『スター誕生!』に出場。初代グランドチャンピオンとなる。1972年「せんせい」で演歌歌手デビュー。翌年デビューした同学年の山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれる。尚、この中三トリオで最初にNHK紅白歌合戦(第24回)に初出場を果たしたのも彼女であり、15歳最年少での出場であった。

堀越高校同期卒業生には岩崎宏美、岡田奈々、池上季実子らがいる。1981年第32回紅白歌合戦では「哀しみ本線日本海」で出場9回目、23歳にして初の紅白・紅組トリを務める。1983年「越冬つばめ」で第25回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。感激の余り受賞時に嬉し涙を流しながら歌い、その後の第34回紅白歌合戦でも泣きながらの歌唱となる。1986年10月1日 演歌歌手の森進一と結婚。これに先立ち8月、引退コンサート及び引退記念曲「?さようなら?」を発表し歌手業を引退。2001年紅白歌合戦へ16年ぶりに出場。これを機に限定的ながら復帰(※夫婦共演形式でのコンサートツアー及びCD吹き込みのみ)。2005年4月19日 離婚を発表。2006年4月、初エッセー集『明日へ』を刊行。2007年NHK朝の連続テレビ小説『どんど晴れ』で女優業を本格再開。2008年ホリプロを退社、個人事務所「おんがく工房」を設立。

歌の上手さには定評がある。演歌の世界にいるせいか、どこか不幸が付きまとう印象が拭えない。イメージと言うのは本人の意思とは全く別物で、一人歩きしてしまう傾向がある。彼女自身は決してそのような不幸感は持っていないかもしれない。ただ、とかく有名人と言うのはプライバシーがない訳で、自由に買い物したりお付き合いしたりすることに制約が多い。国民の大半が連休のときなどは、むしろ仕事が忙しくなければいけないと言うのが客商売だ。独立したとなればそれなりに仕事量もこなさなければならないだろう。世の中今、経済的に大変な状況ではあるが、気分転換を上手にして乗り切ろうではありませんか。そんな時、演歌によって癒す効果も絶大かもしれない。彼女にはこれからも素敵な楽曲を残していただきたい(^.^)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-10-13 23:59 | 1955-1959(50~54才)


<< 日本ではミッキーよりキャラクタ...      一昨年、京都芸術高等学校名誉校... >>