鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 08日

ウエンツ以外の家族全員が英語を話せる。【ウエンツ瑛士】

c0119436_2215842.jpg

ウエンツ瑛士、1985年10月8日生まれ。(今日が誕生日)東京都三鷹市出身。父親はドイツ系アメリカ人、母親は日本人。血液型O型。学校法人武蔵野東学園武蔵野東小学校-中学校、日本大学櫻丘高等学校卒業。4歳でモデルデビュー、天使系美少年と呼ばれ以降雑誌・CMなどで活躍。10歳頃ダンスユニットZOOの全国ツアーにバックダンサーとして同行。NHKの子ども番組 『天才てれびくん』にレギュラー出演。劇団四季のミュージカル 『美女と野獣』 のチップ役で役者デビュー(当時9歳)。CM『森の水だより~美少年編』 (コカ・コーラ社)に出演し、注目される。芸能界から一時引退。2001年日本大学櫻丘高等学校入学。芸能界に復帰。2002年NHK大河ドラマ 『利家とまつ』 で森蘭丸役を演じる。この頃からバラエティ番組に進出。(当時16歳) 小池徹平とシンガーソングライター・デュオ(後のWaT)を結成。

路上ライブを始める。2004年日本大学櫻丘高等学校を卒業。シングル 『卒業TIME』 でインディーズCDデビュー(WaT)。2005年TBSの愛の劇場 『正しい恋愛のススメ』 (昼ドラ)でドラマ初主演。熟女や男性とのラブシーンが話題になり、第47回『ザテレビジョンドラマアカデミー賞 新人俳優賞』を受賞。シングル『僕のキモチ』 でユニバーサルミュージックからメジャーデビュー(WaT)。第56回 『NHK紅白歌合戦』 にWaTとして初出場、メジャーデビューから2ヵ月という史上最短での出場となる。2006年フジテレビの『あいのり』、『ポンキッキ』などのメインレギュラーに抜擢。フランスの高級ファッション誌 『Jalouse(ジャルーズ)』 からスカウトされ本誌に登場。『2006 バレーボール世界選手権』 オフィシャルサポーターを務める。(WaT) 今年、主演映画 『ゲゲゲの鬼太郎』 公開。シングル 『Awaking Emotion 8/5』 (映画「ゲゲゲの鬼太郎」主題歌)でソロデビュー。第58回 『NHK紅白歌合戦』 に3年連続出場。

正に今、やりたいことを次から次へとこなし、好奇心を満足させている時期なのかもしれない。とても真面目な青年であり、考え方も生き方もストイックであると書いてあった。見た目ハーフである分、日本人の平坦な顔の人から見れば羨ましい限りだが、本人はそれがコンプレックスであり鏡を見るのが嫌いだとも記されていた。コンプレックスと言うのは本人でなければ分からないもので、まさかこんなことに悩んでいるのかと思えるようなことが意外と多い。私の場合は以前も書いたが、目に関することが一番大きかった。思春期の頃は体毛が薄く悩んだ時期もあった(笑)。しかし、コンプレックスは時間の経過と共に解決されることが少なくない。今でも悩みがない訳じゃないが、まぁ仕方ないかと割り切れるだけ年齢を重ねてきたのかもしれない。年をとると言うのもそれはそれで悪くはない(^_^;)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-10-08 22:03 | 1985-1989(20~24才)


<< 映画主演依頼も「歌しかできない...      「バブル青田」とは、彼女の歌手... >>