鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 04日

今年双子の息子と娘の父親となる。【つんく♂】

c0119436_1125188.jpg

つんく♂、本名:寺田光男、 1968年10月29日生まれ。大阪府東大阪市出身。近畿大学商経学部卒業。浄土真宗本願寺派の門徒でもある。シャ乱Qメンバー&リードボーカルで、音楽プロデューサー、歌手、作詞家、作曲家、総合エンターテインメント事務所・TNX(ティーエネックス)株式会社代表取締役社長。俳優活動も経験している。公式サイトには、「音楽家、総合エンターテインメントプロデューサー」と書かれている。また福山雅治と同期でもある。実家は乾物屋。大卒後、金融機関に内定していたが2年間という条件で音楽活動を始めた。

モモコクラブの大ファンである。また、菊池桃子に関してはイベントや握手会に迄行く程の大ファンだった。また東京パフォーマンスドールのようなグループを作ってみたいという構想を持っていたこともあったため、モーニング娘。のプロデューサーとしての活動を始めるきっかけだったとのこと。また「バンド活動の経験を活かして、プロデューサー業に進出したくなった」と言っていた。幼少時代からかなりのお笑い好きで、人生で最初に購入したレコードはザ・ぼんちの「恋のぼんちシート」であることを公言している。ミュージックステーションで椎名へきると共演した際、椎名へきるのファンであることが発覚している。 シャ乱Q時代、売れなかった頃に事務所の先輩の森高千里に何かと世話になったためブレイク後も頭が上がらないようだ。

目が離せない仕掛け人のひとりだ。プロデューサーという職業は常に新しいことにチャレンジする責務がある。その点彼は生まれ育った乾物屋での環境から、シャ乱Q時代の下積み経験が大いに役に立っていると言う。好奇心も旺盛だろうが、目の輝きがキラキラしている人は特にその傾向が強いように感じる。また、発想力・行動力・表現力・分析能力などどれをとっても一流の資質を備えていたのかもしれない。彼ほどではないにしろ、分野はともかく、誰にも企画する機会は訪れる。そんな時、つんくのような奇抜さ着眼点を少しでも参考にできたらいい。なんでもモーニング娘。展開においては、ピンクレディーを大いに参考にしたらしい。みんな過去に習っているのかもしれない。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-10-04 23:59 | 1965-1969(40~44才)


<< 現在、三男三女の母(実子3人)...      今年、朝日新聞の記者と入籍。【... >>