鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 02日

もともとはピッチャーだった。。【王貞治】

c0119436_962311.jpg

王貞治、1940年5月10日生まれ。国籍:中華民国。東京都墨田区出身。身長:176cm、体重:69kg。 現役時代のニックネームは「ワンちゃん」。左投左打で一塁手であった。読売ジャイアンツ(巨人)の主軸として積み上げた通算本塁打数は868本、その他数々の日本プロ野球記録を保持する。参考までに、当時のアメリカ大リーグでの通算本塁打数記録はハンク・アーロンの755本である。巨人では入団から監督を退くまで背番号1を背に戦い、1番はチームの永久欠番となっている。「世界の本塁打王」、「世界の王」とも呼ばれる。現在は福岡ソフトバンクホークス取締役副社長、ゼネラルマネージャー兼監督。ワールド・ベースボール・クラシック初代優勝監督でもある。二女の王理恵はタレント。監督としては、2008年シーズンが最後となる。

1959年に契約金1500万円、年俸140万円という高卒新人としては破格の条件で読売ジャイアンツに入団。プロ入りの同期には村山実・板東英二・河村保彦・江藤愼一・田中俊幸・張本勲・足立光宏らがいる。1962年にすくい上げる打法を矯正するため、荒川博打撃コーチの指導の下で一本足打法を習得。この打法は一本足で立つ姿から「フラミンゴ打法」とも呼ばれる。1978年には前人未到の通算800号を達成するが、本塁打は39本に終わり、本塁打王のタイトルは44本塁打の山本浩二に明け渡すことになる。この年は打点王を確保するが、これが現役時代最後に獲得した主要打撃タイトルとなった。

日本が世界に誇れる偉人のひとりだ。またその姿勢も大変謙虚で多くの人から賞賛される所以でもある。人間評価の高まりと比例して態度も大きくなるのが一般的だが、王さんのように謙虚な姿勢を保てるのは人間ができている証だ。私なども調子が良い時は鼻高々となり、スランプのときは凹んでしまう。当然態度にも表れているに違いない。まだまだ未熟だなと感じることがこの年齢になってもなんと多いことだろう。実るほど頭を垂れる稲穂かな―という格言があるが、おごらず人には優しくありたいものだ。一杯一杯になると余裕がなくなり、パニくってしまっていることがよくある。日頃から準備をしてそれに備えられるようになれるといいのだが、現実はなかなかそうはいかない^_^;
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-10-02 23:59 | 1940-1944(65~69才)


<< 今年、朝日新聞の記者と入籍。【...      デビュー28年を超えた息の長さ... >>