鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 29日

芸能界で一番仲の良いのはスザンヌ。【木下優樹菜】

c0119436_7581890.jpg

芸能界で一番仲の良いのはスザンヌ。【木下優樹菜】
木下優樹菜、愛称:ユッキーナ、1987年12月4日生まれ。東京都葛飾区出身。血液型A型。身長169cm、体重54kg。渋谷高等学院(サポート校)卒業。三人姉妹の末っ子として生まれる。江戸っ子気質がある。 デビュー前の13歳時、2001年に行われたモーニング娘。第5期オーディション『モーニング娘。LOVEオーディション21』で最終選考の9人に残るが、メンバーにはなれなかった。 元ヤンキーであることはテレビ番組などで自ら公言しており、中学時代には副番長を務めていた。1対1、いわゆる「タイマン」でトーナメントを勝ち上がり、優勝すると番長になれるというローカルルールのもとで番長決定戦が行われたが、本人は決勝で負けた為に副番長となった。

2006年に渋谷でスカウトされ(なお、スカウトされる前は109でショップ店員をしていた)、現在の芸能事務所に所属し、翌2007年、三愛水着イメージガールに抜擢。スポンサーモデルを勤める傍ら、グラビア方面でも活躍。また体育会系ノリの潔いおバカタレントとしてバラエティ番組に取り上げられるようになった。特に、後述の『クイズ!ヘキサゴンII』でレギュラー解答者となり知名度を上げる。2008年から『PINKY』3ヶ月間の実習モデルを経て5月号をもって専属モデルになる。2008年5月からハチワンダイバーで女優デビュー。

モデル出身の女性はいろいろ潰しが効くようで、歌手・女優業への転進も最近よく耳にする。やっぱり見た目は大切なのかなぁ?売れるかどうかのリスクが少ないかもね。世の中、リスクヘッジという万一の危機回避法も花盛りだが、今日米株価が最大の下げ幅を記録した。経済の不透明感がより一層深刻になったためだ。小手先のリスクヘッジなど全く持って役に立たない時代に突入しているのかもしれない。そういう意味では、彼女のような天真爛漫的な生き方も今の時代にはありなのかなと思えてくる。一昔前だったら絶対安全、安心と言った仕事、企業、環境が存在した。リスクが少ない代わりに面白みにも欠けていたようにも感じる。是非は人それぞれだが、今の時代ならではの楽しみ方もある。原点に還ることだ。基本的に好きか嫌いか、あるいは社会的貢献も含めて架空経済からの脱却を迫られているのかもしれない。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-09-29 23:59 | 1985-1989(20~24才)


<< 日課は腹筋1000回で20年間...      妻、奥居香との出会いは番組中の... >>