鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 26日

弟子には泉ピン子、牧ひろしらがいる。【牧伸二】

c0119436_9133055.jpg

牧伸二、本名:大井守常、1934年9月26日生まれ。(今日が誕生日)東京都目黒区出身。ハワイアンをアレンジした自作曲に、やんなっちゃった等の社会批評を乗せて歌う、ウクレレ漫談の創始者。ギターに持ち替えたり、レゲエやロックに挑戦したこともある。中学時代の2年後輩に、立川談志がいる。夜間高校に通いながら、温度計屋に勤める。高校1年のころ、牧野周一の漫談をラジオを聞き、浅草の話術同好会「話術クラブ」に入る。

高校卒業後、家業の板金屋を継いでいたが、1957年にラジオ東京(現TBS)の『素人寄席』で7週連続で名人位を獲得。この実績をもって牧野に正式入門を許され、牧伸二の芸名をもらうと共に、ウクレレ漫談を薦められた。歌うボヤキ漫談『やんなっちゃった節』で人気者になり、早くも1960年に文化放送でレギュラー番組『ウクレレ週刊誌』を持たされる。この『やんなっちゃった節』は、時世に応じた1500余の歌詞ストックがある一方、牧自身も舞台で原曲を披露することがある。1965年に第2回日本放送作家協会賞・大衆芸能賞を受賞し、喜劇映画・バラエティ番組などにも活躍の場を広げた。余りに早く成功したため芸の壁にぶつかり、一時舞台を休み勝ちになったが、師匠の牧野周一が穴埋めをした。デビュー以来在籍した佐藤事務所の解散に伴い、一門を率いて2007年に独立した。

とにかく芸歴が長い。74歳にしてバリバリの現役だ。野球選手のアラフォー引退から見れば驚異的な息の長さだ。培ってきた引き出しの数も半端じゃない。だからどんな状況でも慌てずに対応できる。若者との違いは経験の差とでも言ったところだろうか。今日は私は単身札幌に来ている。残念ながら遊びではない。今日ぐらいから寒いと感じるようになったと、現地の方も言っていた。季節が確実に変化している。人間の一生も季節にたとえるなら、牧さんは年齢的に言うと一般的には冬に近い(失礼)はずだが、まだまだ元気だ。個人差があるんだなぁとつくづく痛感する。意識の持ち方、鍛え方、環境で季節の進行度合いは全く異なるのが人間の体。北海道の方は車に乗る週間が多いせいか、東京の人たちより歩かないと聞かされた。すすきのから駅まで食後の散歩をしてきたが、街が広々していて散歩するのも気分が良い。これも健康であってこそだ。牧さんの今後の活躍にも期待したい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-09-26 23:59


<< 『大ちゃん数え唄』は38年前の...      メガネっ娘アイドルとして著名な... >>