鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 17日

元スチュワーデス志望。【大貫亜美】

c0119436_9581912.jpg

大貫亜美、1973年9月18日生まれ。夫はGLAYのTERU。 東京都町田市生まれ、神奈川県横浜市育ち。血液型A型。当初はソロデビューの予定で音源も制作されていたが、吉村由美とパフィーを結成し、1996年にシングル「アジアの純真」でデビュー。予想外の成功を収めた為、吉村もソロ音源を制作、併せて大貫亜美・吉村由美名義でアルバム[solosolo」として発表したが、以降はパフィーとして現在まで音楽活動を行っている。その他の活動としては、雑誌へのエッセイ連載、ロドニー・アラン・グリーンブラットの絵本の翻訳、ファッションブランド キャンディー・ストリッパーの板橋よしえとのユニット ロンパース、ドラマ、CM出演等がある。趣味人で、漫画の収集家でもある為、おたくのファンが多い。

「パフィー声」 と称される、ふたりの声が渾然一体となった独特のユニゾン唱法を用いるのが特徴で、CD上でのハーモニーは、実際にはその多くで2人がユニゾンで歌うハーモニー・パートを多重録音しており、2人がそれぞれ違うパートを歌うデュオとは異なる。その理由は、それぞれが違うパートで歌うテクニック(実力)がない為とも言われ、2人をプロデュースした奥田民生自身も「こんなものが売れるはずない」と思っていた。ソニー・ミュージックアーティス,Ki/oon Records所属。2002年からは北米ツアーを行い、アメリカ合衆国やカナダにおいて"Puffy AmiYumi"(パフィー・アミユミ)名義で活動している。

今日は母の命日だ。亜美ちゃんとは何の関係もないが、亡くなって7年が経つ。父は18年前に他界した。どちらも癌だ。最も多い病気だから、癌の家系とかは気にならない。人間はいつか死んでしまう。寿命が延びたとは言え、若くなったと言われても限りある命に変わりはない。だから貴重なのだ、生かされていること自体ありがたい。そんな一生の中で彼女のように成功を収める人もいれば、平凡で何も大きな波のない人、波乱万丈の人、様々な人々で構成されている。ただいえることは夫々に意味のあることであり、誰もが同じように幸不幸の波があると言うこと。その高さが異なるだけのような気がする。パフィーの歌からは上手くはないが目一杯の元気がもらえる。元気だけでも生きる上では大切な源だ。さぁ、元気を出して生きていきましょう。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-09-17 23:59 | 1970-1974(35~39才)


<< 今年上映中の「おくりびと」が好...      祝、連続描画500日達成!【麻... >>