鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 06日

今日から始めました、達筆風ポエム。【長渕剛】

c0119436_20182334.jpg

長渕剛、1956年9月7日生まれ。(明日が誕生日)血液型A型。九州産業大学芸術学部写真学科中退。鹿児島県鹿児島市出身。1977年、シングル『雨の嵐山』で歌手としてデビュー。(一般的には再デビューの1978年『巡恋歌』を本格デビューとしている。)『順子』や『乾杯』、『とんぼ』、『しゃぼん玉』、『しあわせになろうよ』などのヒット曲を持ち、また、俳優としては、『親子ゲーム』や『とんぼ』、『オルゴール』などのドラマや映画出演で知られる。 ソロアーティストとしてアルバム初登場一位獲得数12作品という記録をもっている。またソロアーティストでは井上陽水、槇原敬之とともにシングル売り上げ1000万枚を突破している。

幼い頃の長渕は体が非常に弱く、よく喘息発作を起こし、病院通いが欠かせなかった。音楽が長渕の楽しみであった。吉田拓郎や加川良、友部正人、遠藤賢司等のフォークソングを好んで聴いていた。高校時代に生で観覧した拓郎のコンサートがプロを目指すきっかけ。スポーツ界との交流も深く、そのジャンルも、極真空手の緑健児やプロボクサーの戸高秀樹、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスのゼネラルマネージャーを務める王貞治やオリックス・バファローズの清原和博、F1レーサーの佐藤琢磨、ラグビーの大八木淳史、K-1の山本"KID"徳郁、元Jリーガーの呂比須ワグナー、横綱の朝青龍等幅広い。2008年5月14日、21日、過去に発表された楽曲の中からラブソングを中心にリマスタリング、セルフカバー、リミックスを施して選曲したベストアルバム「LOVE」、「SONGS」を発売。

今日から新たな試みとして「達筆風ポエム」を併せて始めることにした。これは本人の名前の下に詩を書くというものだ。兼ねてからの持論だが、絵と文字は似ている。と言うのも、文字もお手本に忠実に似せて書くと言う点では、似顔絵とさほど変わりはない。ということで、手前味噌だが私は普段、達筆だねとかよく言われるが(苦笑)その極意?を皆さんに伝授できたらうれしい。ペン字の本は数あれど、意外と時間のかかる教え方に思えてならない。私が教えるんだったら絵としてレクチャーしたい。このサイトで始めるか、別に設けるかは課題としてお楽しみ頂けたら幸いだ。長渕さんは言わずと知れたスーパースター。音楽だけでなく芸術にも才能みせているクリエーター。今後の展開に期待したい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-09-06 20:05 | 1955-1959(50~54才)


<< オフシーズンは富士急ハイランド...      お幸せに。【渡辺真理】 >>