鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 04日

昨年結婚14年目にして待望の長男誕生。【近藤真彦】

c0119436_7212539.jpg

近藤真彦、愛称:マッチ、1964年7月19日生まれ。神奈川県横浜市出身。大和市育ち。明治大学付属中野高等学校夜間部卒業。血液型O型。同級生に野々村真、野村義男などがいる。また、レーシングチーム「KONDO Racing」を運営する株式会社エムケイカンパニーの代表取締役社長兼チーム監督としての顔も持つ。1979年10月、TBSのドラマ、『3年B組金八先生』の生徒役でデビュー。同じく生徒役だった田原俊彦、野村義男とともに「たのきんトリオ」として活躍。その後ソロ歌手デビューし、1980年代を代表する男性トップアイドルとして君臨し、ザ・ベストテンやザ・トップテンなどの歌謡番組を中心に活躍した。1981年、1983年のブロマイド年間売上成績で第1位を獲得。また、ファンによる数々の“親衛隊”も誕生。

2005年末にデビュー25周年を迎え、ソロとしては7年7ヶ月ぶりに新曲「挑戦者」をリリースし、芸能界への復帰を宣言。復帰の第一弾として25周年記念ディナーショーを開催し、歌手としては約7年ぶりにファンの前に姿を現した。同年以降のジャニーズ年越しライブにもスペシャルゲストとして参加している。武道館コンサートは2007年にも再演。ドラマでは2008年秋の放送に向けて岡部警部シリーズ第3弾『~十三の墓標~』の収録に入っている。

アイドルのその後としては異例の活躍のマッチ。男らしいと評価の高い要因は、後輩からの慕われ方にも表れているような気がする。年下の者から頼りにされる人物と言うのは、突き詰めて言えば面倒見がよいか生き方が理想とされるかのどちらかだ。自分の事だけで精一杯の人間が多い世情の昨今、マッチの存在は後輩にとってある意味期待値の星だ。ヤンチャさを今尚残す大人の男性の代表格。いくつになっても好奇心を失わず、チャレンジしていくその姿勢は我々も失ってはいけない部分だ。私もいろんなことに挑戦しすぎて疲れることも多々あるが、何もしないよりはマシではないかと自身を慰めている^_^;
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-09-04 23:59 | 1960-1964(45~49才)


<< お幸せに。【渡辺真理】      2007年米男性誌にて「最もセ... >>