鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 03日

2007年米男性誌にて「最もセクシーな女性」に選定。【シャーリーズ・セロン】

c0119436_00184.jpg

シャーリーズ・セロン、1975年8月7日生まれ。出生地:南アフリカ共和国ハウテン州。身長177cm。南アフリカ共和国ハウテン州ベノニで道路建設会社を経営していたフランス系の父親チャールズと、ドイツ系の母親ゲルダの間に一人娘として生まれる。一家は幼い頃からアルコール依存症の父親による家庭内暴力に悩まされていた。シャーリーズが15歳の頃、晩に酔って帰ってきた父親に暴力を振るわれ、娘の命の危険を感じた母親が父親を射殺してしまうという事件が起きる(母親に対しては、正当防衛が認められた)。その後、母親は破産寸前だった会社を5年で立て直す。

16歳の時に地方のモデルコンテストに優勝、モデルとしてミラノやパリで活躍し、一年後、バレエ学校で学ぶために、アメリカ・ニューヨークに移住する。彼女はそこでバレエ・ダンサーを夢見て日々挑戦を続けていたが、不運にも膝の怪我でその夢を断念せざるを得なくなる。その後スカウトされ、本格的に女優活動を始めることになり、1996年に『2 DAYS トゥー・デイズ』で映画デビュー。この作品で一躍知られるようになるが、「セクシーなブロンド役」ばかりのオファーが寄せられた。その後はドラマ・サスペンス・アクションなど、様々なジャンルの作品に出演し、トップ女優としての地位を築く。2003年の『モンスター』でアカデミー主演女優賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞、ゴールデングローブ賞 主演女優賞などを受賞。セロンはアイリーン・ウォーノス役作りのために10kg以上体重を増やした。

我々は一般的にこの日本で生まれ生涯を日本で閉じる。アメリカの有名人の多くは、国を移り、言葉も覚えながら成功を手にしていく。世界でトップを走る人たちの精神力、行動力には頭が下がる。バイタリティが違う。モチベーションが高い。この差はどこからくるのだろうか?彼女のプロセスも順風満帆ではなかったようで、今でこそトップスターだが今の自分に諦めなかったのが幸いだったのかもしれない。来日で話題になっているが、世界中を駆け回るくらいの意気込みを持てないようではそれ相応の人生かもね(~_~;)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-09-03 23:57 | 1975-1979(30~34才)


<< 昨年結婚14年目にして待望の長...      横浜ベイスターズ、横浜F・マリ... >>