鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 31日

「気合だー!! オィッ!! オィッ!! オィッ!!」【アニマル浜口】

c0119436_2083937.jpg

アニマル浜口、本名:浜口平吾、1947年8月31日生まれ。(今日が誕生日)島根県浜田市出身。ヘビー級の元プロレスラーでボディビル指導者。ボディビルダー出身で国際プロレスや新日本プロレスで活躍し、闘将のニックネームで呼ばれた。父親が事業に失敗したため、小学5年生の時母親と妹と一緒に親戚の住む大阪府堺市へ移る。中学卒業後は家計を助ける為、高校進学を断念。工事現場を転々とする毎日だった。17歳でボディビルを始め、1969年にミスター兵庫コンテスト準優勝を受賞。その後、ボディビル界との繋がりが強かった国際プロレスに入団、プロレスラーに転向する。

浜口には格闘技の経験がなく、身長もレスラーとしてはけっして恵まれた体格とは言えなかった。だが国際プロレス時代レスリングの直接指導を受け基礎を築き(このときの経験が後の京子への指導に生かされることになる)、効率的なトレーニングの工夫と頭脳的(ときに狡猾)なプレーで頭角をあらわす。1972年にはディック・ザ・ブルーザーが主宰するアメリカ・インディアナポリスのWWAへ遠征、ブルーザーとの抗争を展開しトップスターとなる。引退後は トレーニングジムを東京都浅草に開設。指導者となる傍ら、自らも一から体を作りあげて、ボディビルの大会(シニア部門)に出場した。その一方、このころからは名伯楽としてもクローズアップされ始めた。ジムからは小島聡、大谷晋二郎、大森隆男、小原道由、SUWA、本間朋晃らを送り出した。また、長女の浜口京子をアマチュアレスリングの世界チャンピオンに育て上げる名コーチとして注目を集めた。

私の世代のプロレス好きの男性は、彼の現役時代を一度は見てはいるがそう記憶に残る選手ではなかった。二番手三番手のイメージが強く、どちらかと言えば縁の下の力持ち的な役所だったように覚えている。娘京子の活躍でクローズアップされてはいるが、その指導力には定評があると報じられている。彼もそうだが、人に名前を覚えてもらうためには工夫が必要だ。子供心にアニマル=動物だよなぁ、動物浜口って変ジャン…て違和感を持ったものだ。インパクトとかサプライズと言うのはあった方がいい。名前に限らず商品名とかに形容詞を付けるのは良い事だと思う。付けた時はシックリこなくても何時しか馴染んできたりする。どうせ付けるならスケールが大きい表現がいい。マイナスイメージなら究極の物を。デビル○○とか破壊王とか。間違っても吹いてしまうようなオチャラケたモノは避けるべきだ。こうして考えるとリングネームだけでなく、ペンネーム、ステージネーム、etc…他の自分を表現できるフィールドは沢山ある。名前だけで変身できるとしたら、こんな素敵なことはない。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-08-31 20:11 | 1945-1949(60~64才)


<< 「雌豹ポーズをさせたらNo.1...      シンクロのマーメイドは今コメン... >>