鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 25日

『007』初代ジェームズ・ボンド役はあまりにも有名。【ショーン・コネリー】

c0119436_81273.jpg

ショーン・コネリー、1930年8月25日生まれ。(今日が誕生日)スコットランド エディンバラ出身。主な出演作品:『007』シリーズ、『史上最大の作戦』、『オリエント急行殺人事件』、『遠すぎた橋』、『薔薇の名前』、『アンタッチャブル』、『インディ・ジョーンズ』、『レッド・オクトーバーを追え!』、『ザ・ロック』、『リーグ・オブ・レジェンド』等。『007』シリーズの初代ジェームズ・ボンド役で一躍有名となり、その他のアメリカ映画にも多数出演している。

牛乳配達、トラック運転手、労働者、美術モデルやライフガードなど種々の仕事を経験。1953年にはミスター・ユニバース・コンテストで3位入賞。イギリスのエリザベス女王からナイトの称号を与えられたが、スコットランドの分離独立を主張するスコットランド国民党の熱烈な支持者でもある。授与式には、民族衣装キルトで正装して現れた。なお、彼は「スコットランドが独立するまで私は死んでもスコットランドに帰らない」とまで明言している。1987年、『アンタッチャブル』でアカデミー助演男優賞を受賞。息子のジェイソン・コネリー(Jason Connery)も俳優である。

禿げててもカッコイイを地でいった最初の人だ。髪の毛の無い人に勇気を与えた、セクシーで渋い男の代名詞となったショーン。容姿は大切だが、むしろその生き方こそ問われてしかるべきといった問題提起をしてくれた功績は大きい。私は幸いにもまだ髪は残っているが、中途半端に少なくなったら思い切って丸刈りにしたい。バーコードヘアーなどもっての外だ。人間、潔さが大事。別れは人間関係だけでなく、身体的にも訪れる。来てしまったものは仕方が無い。執着することは体に良くない。受け入れようではないか^_^;
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-08-25 23:59 | 1930-1934(75~79才)


<< ヌード挑戦で“密林”披露?&q...      高島忠夫は叔父、高嶋政宏・政伸... >>