鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 22日

時が経つのは早いね…。【岡田有紀子】

c0119436_10224016.jpg

岡田有希子、本名:佐藤佳代、1967年8月22日生まれ(今日が誕生日)1986年4月8日逝去。(満18歳没)愛知県一宮市出身。血液型O型。1983年にオーディション番組『スター誕生!』の第46回決戦大会チャンピオンとなり、芸能界入りする。1984年4月21日に『ファースト・デイト』でアイドル歌手としてデビュー。同年、日本歌謡大賞及び日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。新人賞を吉川晃司と共に全て獲得する。1986年1月、カネボウのキャンペーン・ソング『くちびるNetwork』がベストワンとなる。同年4月8日、自宅マンションで手首を切りガス自殺未遂。治療の直後、所属事務所であるサンミュージックが入居しているビルの屋上から飛び降り、全身を強く打って即死した。

その後若者の後追い自殺が相次ぎ、衆議院文教委員会で取り上げられる社会問題になった。これにより、5月に発売予定だった『花のイマージュ』は発売中止となった。歌手としてデビューする前、エキストラで出演していた。禁じられたマリコ (1985年11月5日-1986年1月28日(全12話)、TBS)峰岸徹と共演、これがきっかけで交際との噂があった。亡き父の無実を晴らすため、悪の超能力者との戦う超能力を持つ少女の役を好演。尚、再放送に関しては、1991年の夏にTBS系列ではないテレビ愛知にて、昼間に行われたのが最後の放送となっている。

あれから22年。当時は社会現象ともなった飛び降り自殺。自ら命を絶つことの是非は置いといて、印象に残っているアイドルの一人だ。ただその笑顔がどこか悲しげで、亡くなってしまったと言う先入観も手伝ってか、作られたアイドルと言う感も否めない。死にたくなることは誰にだって一度や二度訪れる。しかし、乗り越えてしまえばそこから又別な人生も開けてくる。個人の想像力はたかが知れている。予想だにしないことが日々起こりうるのが人生だ。自分で決め付けないことが大切かな…。いつも言ってるけど、受け入れてしまう人生ってのも悪くはない。季節の移り変わりを感じられる今に、感謝かな(^.^)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-08-22 23:59 | 1965-1969(40~44才)


<< アイドル時代もそう言えばありま...      冬ソナでペ・ヨンジュンの声を担当。 >>