鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 21日

冬ソナでペ・ヨンジュンの声を担当。

c0119436_856964.jpg

萩原聖人(まさと)、1971年8月21日生まれ。(今日が誕生日)愛称は「ハギー」。神奈川県茅ヶ崎市出身。身長175cm。両親と同じように萩原自身も息子が3歳の時に和久井と離婚している。都立戸山高等学校の定時制に入学するが、僅か一週間で中退。その後短期渡米し、ニューヨークでブロードウェイのミュージカルを観て感銘を受け、芝居に興味を持つ。帰国後、母親が経営するバーを手伝っていた時にスカウトされる。1987年、『あぶない刑事』の第32話「迷路」の回にて、置き引き少年の役でデビュー。 その後もあらゆる作品に細々と出演、1990年のテレビドラマ『はいすくーる落書2』の松岡直次郎役がきっかけで、一気に注目を集めた。

1991年に鈴木省吾、渡辺航、佐久間哲らと共に演劇集団『アーリータイムリーズ』を結成。約7年間に渡り、計6回の公演を行う。1995年11月に『夏子の酒』で共演した女優の和久井映見と結婚。 1999年10月に長男が誕生。2003年7月に離婚。2007年TBSドラマ華麗なる一族において1994年の若者のすべて以来13年ぶりに木村拓哉と競演し話題を呼んだ。相変わらずの友情ぶりを色あせず発揮し、「木村拓哉と並べる男」との声が高い。『冬のソナタ』の吹き替えの仕事をきっかけに、声優としても活躍している。

図らずも親と同じ運命を辿ってしまう事がある。彼の場合も離婚と言う点では同じだ。離婚率38%とも言われる今の日本において今や離婚は珍しいことではないが、家系的に続いてしまうことが多いのは不思議なことだ。嫌な相手と生活を共にしろとは言わないが、結論を出すことが結果的に良かったのかどうかは過ぎてみなければ分からない。ある人は決断は早い方がいいと言い、ある人は割り切ることも必要だと言う。正解はないが、自分だけの満足、幸せのためでなく、不幸な人を少しでも出さないで済む方法を模索したいものだ。子供のために別れたとか綺麗ごとを言う人もいる。一度は自分が選んだ相手であることも事実だ。仮に別れる時が訪れたとしても、その時期を十分考えて行動に移してもらいたいものだ。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-08-21 23:59 | 1970-1974(35~39才)


<< 時が経つのは早いね…。【岡田有紀子】      連覇!姉妹で達成「金」。【伊調馨】 >>