鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 02日

愛媛県に多い苗字のようで。【友近】

c0119436_19312626.jpg

友近、本名: 友近由紀子、1973年8月2日生まれ。(今日が誕生日)愛媛県松山市出身。血液型B型。愛称「ともちー」。姉がいる。スリーサイズは、B94・W68・H90。喫煙者。松山東雲女子大学人文学部卒業。・2000年 第1回新人お笑い尼崎大賞優秀賞、・2003年 第33回NHK上方漫才コンテスト優秀賞、・2003年 NHK新人演芸大賞大賞、・2004年 第25回ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞。

人物描写に優れ、旅館の女将&仲居さん、学校の先生、街中のお姉ちゃん・おばちゃん・おっちゃんネタ、クラブのママといった水商売の女、極道の妻などになりきる「ひとりコント」を持ちネタとしている。 将来はシュールなお笑いも出来る事を目指しているという。歌唱力には定評があり、2004年には『Tokyo』で歌手デビューもしている。同時期にメディア露出が増えた青木さやかと比較される事があるが、本人は「自分は芸人なので、しっかりとネタを披露できる場で仕事をしていきたい」と語っており、トーク中心の青木とは異なり自らのネタに対する大きなこだわりを持っている。

彼女は実に研究熱心だ。こだわりがある人はいい。誰にでも受ける、好かれるよりも、私のこの部分が好きだったらそれでいい的な枠決めがキチンとあった方が生き残れるかもしれない。これは芸人に限ったことではなく、企業の販売戦略にも似ている。これからの時代、八方美人は止めたほうがいい。特定の対象に的を絞ってアピールしたほうが、エンドユーザーにも分かり易い。彼女の表情は自信に満ち満ちて目力がある。大きな賞には今のところ縁がないが、必ずしや業界に残っていくひとりになるに違いない。ハッピー、バースデー、友近。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-08-02 19:33 | 1970-1974(35~39才)


<< 木内マジック、見られるか?【木...      将棋はアマチュア2段の腕前。【... >>