鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 25日

小柄な体型のどこにパワーが?【ジャガー横田】

c0119436_2044245.jpg

ジャガー横田、本名:木下利美、旧姓:横田、1961年7月25日生まれ。(今日が誕生日)東京都荒川区出身。血液型B型。4人姉妹の末娘。身長159㎝という女子レスラーとしては恵まれない体格の持ち主ながら、その気迫迫るファイトは「女子プロレス界一のストロングスタイル」と評され、現在は現役最古参女子レスラーとして各女子プロレス団体のリングに上がるとともに、フリーの立場で各団体の後輩の指導に当たる。なお、これまでに初代全日本シングル王者。第29代・31代WWWA世界シングル王座など数々のタイトルを所持している。得意技は「ジャガー式ジャーマンスープレックス」、「ジャンピングヒップアタック」など。

2004年7月に、元リングドクターで現在は所沢胃腸病院勤務の医師、木下博勝と結婚。「究極の勝ち組結婚」として世間を賑わし、その後も『徹子の部屋』、『踊る!さんま御殿!!』、『クイズ$ミリオネア』、『はなまるマーケット』『メレンゲの気持ち』『いい旅夢気分』等数々の人気番組に夫婦で出演し、夫婦揃ってお茶の間の人気者となっている。2006年5月に妊娠が発覚。高年齢出産であるということも相まって、マスコミの間で大きな話題を呼んでいる。同年11月29日にハワイの病院で自然分娩にて男児を出産。2007年、年内中にリングに復帰する意向を表明した。

人間できないことを理由にすることは簡単だ。しかし、彼女は小柄ながらもそれをハンディとせず、頂を制している。この似顔絵も毎日描くことを止める理由付けはいくらでもある。しかし、連続描画500日に数十日と迫った今、これを再度繰り返すことは大変だ。できるところまで続けてみることは楽しくもある。ジャガーのファイトを何度かテレビで見たことがあるが、鬼気迫るその戦いぶりは気持ちの表れのように見える。きもちありき、それはある意味正しい。モチベーションをいかに高めるか、持続させるか工夫が必要だ。人が頑張っている姿は見ていて好感が持てる。ファイト!
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-07-25 20:46 | 1960-1964(45~49才)


<< 不死鳥のように…。【萩原健一】      24歳はジャニーズのデビュー最... >>