鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 23日

元祖巨乳アイドル。【朝丘雪路】

c0119436_935346.jpg

朝丘雪路、1935年7月23日生まれ。(今日が誕生日) 東京都中央区出身。血液型B型。元宝塚歌劇団月組娘役。父は日本画家の伊東深水。夫は津川雅彦、娘は真由子。義兄は長門裕之、義姉は南田洋子。日舞の深水流家元として、深水 美智雪の名も持つ。料亭「勝田」女将の勝田麻起子の娘として生まれる。芸事を好んだ母の勧めで3歳より日本舞踊を花柳三之輔に師事。妾腹ではあるが父に溺愛され、小学校の通学にも養育係とともに人力車で通っていた。養育係は登校時間のあとは下校まで彼女を車屋と学校で待っていた。

このようなあまりの過保護ぶりを見た深水の友人でもあった小林一三に「娘さんがだめになる」と言われたため、山脇学園卒業後、小林が主催する宝塚歌劇に入団、月組に在籍。20歳で宝塚をやめ、水谷良重、東郷たまみとともに「七光会」(三人とも有名人の娘だったため)として、テレビにデビューする。1960年代に人気テレビ番組『11PM』のアシスタントとなって人気を集める。1967年に医師と結婚、男児をもうける。1968年に現夫との不倫が疑われ離婚する。1973年に津川雅彦と再婚。1974年に真由子を出産。その後も女優として活躍。お嬢様育ちのおっとりしたキャラクターと常識外れな発言で人気を集め、バラエティ番組に多数出演している。

女性は元気だ。70を過ぎて活躍している人が最近では多い。もちろん個人差はあるが、そのひとの健康管理、気持ちの持ち方、環境で若さの差は大きく異なる。だから一概に年齢で判断することは正しくない。老成してる若者も多いし、老けて見える人だって少なくない。若い時には年上に見られたかったが、何時頃からだろう、歳相応でも若く見られても気にならなくなったのは。今日もたまたま30代に間違われた。童顔のせいか、初対面の人は意外と若く見てくれる^_^;有難いことだととりあえず言っておこう。70代、80代で活躍される多くの現役の方々に、これからも頑張ってとエールを贈りたい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-07-23 23:59 | 1935-1939(70~74才)


<< 24歳はジャニーズのデビュー最...      まだ見えぬ着地地点、今年は何位... >>