鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 19日

外見に似合わずタバコ嫌い。【杉本彩】

c0119436_20123483.jpg

杉本彩、別名:姐御、姐さん、エロス侍、愛称:大人のあやや、1968年7月19日生まれ。京都府京都市東山区出身。血液型AB型。身長168cm、体重55kg。 京都府立北稜高等学校を1年で中退。身長168cm、高祖父はドイツ人である。モデルとしてデビューし、『オールナイトフジ』で中村あずさのアシスタント役を務めた。その後も精力的に活動し、学祭出演が多かったことから「学祭の女王」の異名も持った。1992年にミュージシャンと結婚したが2003年に離婚。「セックスレス離婚」と騒がれ、「結婚は無意味なシステムで、私は自分の奴隷になってくれる人がいい」と発言した。

近年では官能小説を執筆したり、団鬼六の代表作「花と蛇」の映画化の主役に抜擢されるなど「エロスの伝道師」的なスタンスでの活動が増えている。安めぐみや梨花と親交が深く、熊田曜子は杉本の生き方を目標としている。さらには赤西仁や錦戸亮、トーマス・オマリーもファンで支持している。未唯と並び料理上手であるが、洋食や中華料理が得意なのだが和食が苦手。

まだ40歳、もう40歳?人それぞれ感覚で年齢の重ね方は異なるが、この人の場合どちらに感じているのだろうか?女性にとって40歳と言う年齢は微妙ではある。しかし、今の世の中いろんな選択肢があるから、昔のようにこうでなきゃいけないと言った決まりごとは必要ないように感じる。彼女の場合も画面で見せる仕事の姿とプライベートは上手に使い分けている気がする。TPOとよく言われるが、チャンネルは多いに越したことは無い。その時々に合わせて切り替えができたならストレスも溜まりにくい。上手に生きるとは、今の世の中無理をしないことも大切だ。200時間残業で過労死の報道が出ていたが、嫌なものにはNO!と言える姿勢も必要だと感じる。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-07-19 20:16 | 1965-1969(40~44才)


<< かつてはアメマバッジ10万個作...      野球選手引退、お疲れ様でした。... >>