鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 14日

MEGUMIの旦那です。【降谷建志】

c0119436_0532644.jpg

降谷建志、本名:古谷建志、1979年2月9日生まれ。東京都出身。父は、俳優、古谷一行。バンド・Dragon Ashのボーカル・ギター・作曲・作詞を担当。青山学院高等部中退後、東京都立代々木高等学校に編入学し、卒業。身長162cm。雑誌のインタビューなどは受けるが、放送メディア(特にテレビ)への出演をあまり好まない。洗礼は受けていないがキリスト教の精神を心の糧として生きており、人生に於いて最も重要な書は『聖書』である。キリスト教の影響を受けていると思われる歌詞も多く書いている。これは出身校がキリスト教系の青山学院であったことが理由と言われている。

ヘビースモーカー。Dragon Ashとして成功する以前は、親の七光りに頼らず評価されたいとの理由からこの事実は隠されていた。名字を一字変えて芸名としているのもこれが理由。アルバムViva La RevolutionのTVCF、また、古谷が主演・プロデュースを務めた映画「手紙」(2003年)で親子共演を果たしている。重度の色覚異常である。多くのタトゥーを入れているが、これは自分名義(Dragon Ash、nidoなど)でアルバムをリリースする度に一つずつ増やしている。これには「メモリアルなものだから、痛みを伴ってカタチにする」という意思がある。2008年7月6日、かねてから交際中であったタレントのMEGUMIと結婚する。所属事務所を通じてマスコミ向けに発信されたFAXにて「犬3匹と、生まれ来るであろう新たな家族と、手を取って、光ある家庭を築いていきたいと思います」とMEGUMIの妊娠(入籍時点で妊娠3ヶ月)をきっかけに結婚に至った旨が綴られている。

とりあえず、結婚おめでとう。きっかけは何であれ、背中を押されるものがないとなかなか踏み切れるものではない、それが結婚。でもいいではないか…。私の好きな受け入れていくことで解決することも多い。彼の場合、私と同様色覚異常。私は色弱だけど、子供時代は辛かった。分かってもらえずに、異常者扱いされた…。でも自分より大変な立場の存在を知ることで、その思いも少しずつ癒された。人は比べることで凹むし、救われもする。それだからいいんじゃないかな…。自分だけじゃないんだから、大変なのは(^.^)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-07-14 23:59 | 1975-1979(30~34才)


<< アイドルアナウンサーの草分け。...      ご懐妊&七夕入籍おめでとう!【... >>