鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 07日

5オクターブの音域を持つ歌姫。【MISIA】

c0119436_842531.jpg

MISIA(ミーシャ)、1978年7月7日生まれ(今日が誕生日)血液型はO型。幼少時代は長崎県の対馬で過ごし、教会でゴスペルに触れ、黒人のヴォイストレーナーに師事した。西南学院大学商学部中退。1998年にシングル「つつみ込むように…」でデビュー。先行発売したアナログ盤5000枚は即完売し、間もなくアナログ市場で高値で取引された。デビューアルバム『Mother Father Sister Brother』は300万枚近い売り上げを記録。2000年には、フジテレビ系テレビドラマ『やまとなでしこ』主題歌の「Everything」が出荷ベースで200万枚を突破した。

2002年にレコード会社をアリスタジャパン(BMGファンハウス傘下)から所属事務所が設立したRhythmedia Tribe(エイベックス傘下)に移籍。2004年、女性ソロ・アーティストとしての初の5大ドームツアー完全制覇を達成。2005年3月31日、愛・地球博にアメリカの歌手エリカ・バドゥと出演。同年、ほっとけない 世界のまずしさキャンペーンに参加。2007年にはレコード会社をBMG JAPANに復帰する事が発表された。

七夕の今日、高まる環境問題に配慮して各地でライトダウンが行われた。電気の無駄遣いを止めよう、と言うのが目的らしいが、一時的なパフォーマンスで終わらないよう一貫した姿勢こそが必要だと思う。MISIAの歌に対する姿勢も一貫したものを感じる。日本を代表する実力派シンガーの一人であるが、メディアへの露出は極端に少なく、テレビへの出演も数えるほどしかない。30歳と言う年齢をどのような環境で迎えられたのだろうか。あれほどの情感たっぷりの唄を歌うには人間としての経験もバックボーンにあってしかるべきだが、元々感受性が豊かな女性なのかもしれない。「♪やさしい嘘ならいらない、欲しいのはあなた…」Everythingの歌詞の一節だが、恋愛だけは当事者だけにしか分からないスペクタルな世界だ。七夕の夜にそんな思いを彼女の絵に重ねてみた。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-07-07 23:59


<< “チョナン・カン”のいるSMA...      3度目の結婚は今のところ順調?... >>