鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 06日

3度目の結婚は今のところ順調?【シルベスタ・スタローン】

c0119436_244632.jpg

シルヴェスター・スタローン、1946年7月6日生まれ。(今日が誕生日)アメリカ合衆国・ニューヨーク出身。身長178センチ。父はイタリア系アメリカ人で美容師、母はアイルランド系アメリカ人で、元ダンサーで占星術師として著名なジャッキー・スタローン。弟のフランク・スタローン、次男のセイジ・スタローンも共に俳優。 1970年代から1990年代のアクション映画を代表するメガスター。典型的なシチリア人の風貌のため54回のオーディションに落ちる。大カルト映画デス・レース2000に準主役として出演したのは、ロッキーのわずか半年前である。

その後『パラダイス・アレイ』で監督業にも進出。『ロッキー』、『ランボー』、『クリフハンガー』など、常に鍛え上げた肉体を駆使した作品でアメリカを代表するアクション俳優となる。2006年、シリーズ16年ぶりの新作となる『ロッキー・ザ・ファイナル』 が公開され、2008年には、20年ぶりの新作となる『ランボー/最後の戦場』が公開された。この後には、チャールズ・ブロンソンの狼よさらばのリメイクや、クリフハンガーの続編が予定されている。

現役のアクション俳優スタローンも62歳になった。体を鍛えることは俳優ならずとも大切なことだ。金属疲労は飛行機だけでなく、人間にも勤続疲労がある。人によって個人差はあるが、体力の落ちてくる40~50代にかけてガクッとくることが多いみたいだ。体的には特に足から、精神的には「ウツ」と言う形で現れることが多い。趣味も持たず、仕事一筋の真面目なタイプが危険だ。体力維持も楽しみながら行えたら長続きするし、楽観的な考え方であれば健康面にもプラス効果が高いらしい。幸いにも私は今のところ元気だ。歩くことでトレーニングジムの代わりとし、音楽・似顔絵・お酒とかが癒しを与えてくれる。スタローンのように魅力ある60代を迎えられるよう、今できることを後回ししないよう継続していきたい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-07-06 23:59 | 1945-1949(60~64才)


<< 5オクターブの音域を持つ歌姫。...      小栗旬くんとの仲もバッチリ!?... >>