鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 25日

在日をカミングアウト。【南果歩】

c0119436_195986.jpg

南果歩、本名 渡辺果歩。(旧姓:南) 1964年1月20日生まれ。兵庫県尼崎市出身。配偶者 辻仁成(1995年-2000年)、渡辺謙(2005年-)尼崎市立尼崎高等学校、桐朋学園短期大学演劇科卒業。現代制作舎などを経て、ユマニテ所属。アメリカ合衆国・ロサンゼルス在住。短大在学中の1984年に映画『伽椰子のために』のヒロイン役オーディションに応募。2000人の中から選ばれて、主役で芸能界デビュー。1985年にはTBSのポーラテレビ小説『五度半さん』のヒロイン役でテレビドラマに進出。さらに1986年9月には坂東玉三郎演出の『ロミオとジュリエット』のジュリエット役で初舞台を踏み、以後、映画、テレビ、舞台と女優業を中心に活躍。特に1989年には『夢見通りの人々』等の映画での助演に対して助演女優賞が贈られている。

1995年にミュージシャン&作家の辻仁成と結婚し、1男をもうけたが、2000年3月に離婚。2003年1月にテレビ東京の2時間ドラマ『異端の夏』で共演した俳優の渡辺謙と2005年12月3日に再婚した。なお、継子に渡辺大と杏がいる。2007年1月11日放送のNHK総合のトーク番組『スタジオパークからこんにちは』内で両親が韓国人であることを告白した。

在日であることをカミングアウトした芸能人は数多い。和田アキ子(本名:金福子)、元プロレスラーの前田日明、ギタリストの布袋寅泰などが有名。芸能人ではないが極新カラテの創始者、故大山倍達も在日だった。容姿は全く見分けがつかない。しかし、国籍となると話は違う。私は幸いにもそのような複雑な環境下で生まれていないので適切なコメントができないが、不自由な規律・待遇が多いことだろう。偏見が未だ根強いこの日本は一見万人に平等な振りをして、実は大いなる差別大国だ。単一民族だから仕方ない側面はあるにしてもせめて自らはこのような目で見ていないか戒めたい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-25 23:59 | 1960-1964(45~49才)


<< あのジュリーがもう60歳!【沢...      世界のファンタジスタ。【中村俊輔】 >>