鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 15日

恋多き女優の代表?【深津絵里】

c0119436_6584814.jpg

深津絵里、愛称:ふかっちゃん、1973年1月11日生まれ。大分県大分市出身。血液型O型。1988年3月26日公開の映画『1999年の夏休み』でデビュー。当初は「水原里絵」、また「高原里絵」名義でアイドル・歌手活動もしていたが不調に終わり、その後は本名での活動に落ち着いた。同年、JR東海の『HOME-TOWN EXPRESS・クリスマスバージョン』(クリスマスエクスプレス'88)CMに起用され、一躍有名となる。初主演ドラマは『パラダイスにっぽん』。当時何故か「デラべっぴん」調べでレズしたい女性タレントの1位になる。小柄だが思いのほか胸は豊かで、隠れ巨乳として有名。舞台『農業少女』では大胆に露出した胸の谷間が話題となった。

演技派女優と評価されている。ほくろがチャームポイント。父親はエンジニアで、幼少の頃に父の出張先である外国に何度か旅行しており、それが彼女が旅行好きになったきっかけらしい。印象と背の低さから、ドラマではしとやかな女性、マイペースな女性、内向的で弱気な女性像にキャスティングされることが多かったが、ちゃきちゃきした女刑事役や正義感溢れる女性記者役や大奥総帥の天璋院役や三蔵法師役などもこなし、新境地を開拓した。「フジっ子」としても知られている。西遊記(2006年1月9日~3月20日、フジテレビ)-三蔵法師役、CHANGE(2008年5月~6月、フジテレビ)-美山理香役他、ザ・マジックアワー(2008年、東宝)-高千穂マリ役、踊る大捜査線 THE MOVIE3(2009年公開予定、東宝)-恩田すみれ役を好演中。

役者として様々な役を演じ続ける彼女。演技力には定評がある。年齢的にも大人の女性として演技の幅を広げている。正直彼女の写真を選ぶとき、どれにしたらいいか随分迷った。エッ、これも同じ人!と言った表情が多く、いろんな顔を持ってる人なんだなぁと痛感。私はこの似顔絵を描くときに、まずグーグルの画像検索を利用する。ヤフーにも同じ機能はあるが、グーグルの方が感覚的に好きだ。世の中、同じようなものが沢山出回っても結局好みによって判断が分かれる。嗜好品と呼ばれる殆どがそうなるが、私はここでも主流派とは別なものを選んでしまう傾向があるようだ。たとえばビデオデッキ。これも最初に買ったのはVHSではなくベータだったし、ワープロも1行画面表示のころから専用機を6~7台購入した。まぁ、買うことによって満足欲が満たされるから、それ自体の目的は達成されてる訳でいいのだが反主流の生き方を実感する。へそ曲がりもそれはそれで楽しい。引き出しがだいぶ増えた^_^;
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-15 23:59 | 1970-1974(35~39才)


<< 50過ぎて益々カッコイイ!【C...      文学者の自殺って多いよね。【川... >>