鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 07日

アフリカの女神として。【鶴田真由】

c0119436_19334017.jpg

鶴田真由、1970年4月25日生まれ。神奈川県鎌倉市出身。身長156cm、血液型O型。成城大学文芸学部卒業。 1988年、「あぶない少年II」でデビュー。2002年12月、芸術家の中山ダイスケと結婚した。テレビドラマ出演作品は、1991年、世にも奇妙な物語「切腹都市」、ADブギ(#1)。1992年、悪女(わる)、誰かが彼女を愛してる。1993年、ジェラシー、じゃじゃ馬ならし。1994年、花の乱、妹よ。1995年、正義は勝つ。1996年、君と出逢ってから。1997年、総理と呼ばないで。1998年、徳川慶喜、お仕事です!。1999年、グッドニュース、チープ・ラブ。2000年、つぐみへ…~小さな命を忘れない~、菜の花の沖。2001年、宮本武蔵。2002年、張り込み、サトラレ。2003年、ゆうれい貸します、ドラマW『交渉人』。2004年、恋する京都。2005年、いくつかの夜、2006年、氷壁、火曜ドラマゴールド『バカラ 疑惑のIT株長者に賭けた女』。2007年、金曜ナイトドラマ『帰ってきた時効警察』(第五話)、2008年、篤姫、ドラマスペシャル「24時間あたためますか?~疾風怒涛コンビニ伝~」』、バラエティー、レポーターにも多数出演。

番組の取材などでアフリカを訪れたことが契機となり、2008年2月、第4回アフリカ開発会議(TICAD)親善大使の委嘱を受けた。同年3月から4月にかけてケニア及びスーダン南部の視察を行っている。今女優から新たな分野への転進を試みている。

なべやかんと同級生と言うことから当初彼女を知ったが、今ではその露出度の違いから断然全国区としての知名度ではなべやかんより有名になった。以前は可愛らしさだけが注目されていたが、20年間の女優業の中で彼女の持つ存在感が光り始めている。TICAD親善大使になった彼女のコメント。「アフリカを訪れて驚くのは、子供達の笑顔の多さです。決して裕福でも便利でもない生活の中で、なぜあんなに素敵に笑えるのでしょうか。アフリカには私たちが経済成長の中で失ってしまった素晴らしい「何か」が、まだたくさん残っているのではないでしょうか。5月の第4回アフリカ開発会議の機会に、ぜひ皆様と一緒にアフリカに学び、「豊かさ」を考えていきたいと思います。」たとえ番組がきっかけにしても世界に目を向けることはこれからの時代不可欠だ。自分自身が揺らいでいるのに果たして何ができるのだろう。何ひとつ答えが見つけられない情けない現実だけが思い知らされます(ーー;)
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-07 19:40 | 1970-1974(35~39才)


<< 史上3人目、2度目の総合No....      今や大学教授の肩書きの彼。【さ... >>