鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 03日

ハロー・キティーの大ファン。【マライア・キャリー】

c0119436_8581537.jpg

マライア・キャリー、1970年3月27日生まれ。アメリカ合衆国ニューヨーク州ハンチントン出身。1990年代を代表する女性歌手で、18曲の全米No.1ヒットはビートルズに次いで歴代2位である。女性アーティストとしては1位。ちなみに彼女はこれまでに全世界でシングルセールス6500万枚以上。アルバムセールス1億7000万枚以上。トータルセールス2億3000万枚以上のセールスを記録している。ベネズエラ系移民の父(白人と黒人の混血)とアイルランド系アメリカ人の母(白人)の間に3人兄弟の末っ子として生まれ、人種差別に耐えながら幼少期を過ごした。音楽はブラックミュージックを基盤としている。

デビュー当時から7オクターブの声域を持つ歌姫と言われている。声域をいっぱいにまで使った曲はデビューから数年によく見られる。最も高い声を出す人としてギネス・ブックに認定されていた。アルバム『Music Box』(1993年)、『Daydream』(1995年)は全世界で各2500万枚を超える大ヒットとなった。Boyz II Menとのデュエット曲「One Sweet Day」は1995年から1996年にかけてビルボードのHOT 100で16週連続No.1を獲得。この最長記録は2007年現在も破られていない。1997年のアルバム『Butterfly』では、張りのあるヴォーカルよりもささやくようなコーラスやフェイクが目立つようになる。音楽的にはそれまでのアダルトコンテンポラリーから、多くのラッパーを起用したR&B、ヒップホップ系に大きくシフトした。後に彼女がバタフライをトレードマークとしているように、一時の商業的POP志向から離れ、マライア独自の芸術性・音楽性を開放していくきっかけとなった。2008年4月、最新作「E=MC2」をリリース。現在来日中。

洋楽を殆ど聴かない私にとって、彼女への知識があまりない。聴けばわかるものもあるかもしれないが…知っている曲は無い。中学のときにフォークソングに目覚め、かぐや姫、陽水、チューリップとはまり、邦楽一辺倒でこの歳まで来た。最近になってビートルズバンドに参加したりして、ポップスもメジャーなものは聴くようにはなったがそれでもキャリアは浅い。昔聴いてたものは不思議と未だに歌詞が口をついて出る。しかし、今覚えようとしてもなかなか頭に記憶されない。歳なのかな?と感じる瞬間でもある。しかし、いろんなジャンルの方の音楽と触れると垣根はないなぁと痛感する。今日もお手伝いしてきた新橋の「さんろすLIVE」でシャンソンのコンサートが開かれ、スタッフとして始終を聞かせて頂いた。食わず嫌いをやめてみるのも人生の幅が広がる。まだまだ、自分の中の空の引き出しは多い。詰めてみるのも楽しいかもしれない。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-06-03 23:59 | 1970-1974(35~39才)


<< 大の『ルパン三世』フリーク。【...      全局出演達成!【久米宏】 >>