鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 20日

高学歴芸人の走り。【光浦靖子】

c0119436_2321058.jpg

光浦靖子、1971年5月20日生まれ。(今日が誕生日)愛知県田原市出身。1995年、東京外国語大学外国語学部インドネシア語学科卒業。血液型A型。幼馴染であった大久保佳代子と早稲田大学のお笑いサークル・寄席演芸研究会でコンビ「オアシズ」を組みメジャーデビュー。売れない時代から現在まで、毒舌系キャラとして地位を確立。特に高学歴・高学力を活かした表現のボキャブラリーの豊富さは、同系統の女芸人の中では随一である。2005年4月15日放送の日本テレビ系バラエティ番組『プリティガレッジ』内コーナー「資格家の人々」で、さまざまな資格取得に挑戦。なまはげ伝道士の資格を取得した。また、2005年9月4日放送の『パネルクイズ アタック25』(ABC系列)の特別企画「芸能人・知識人最強ペア決定戦」でモンキッキーとコンビを組み、優勝を果たした。

かつて事務所社長からピン芸人として活動するよう話があったが、「私はオアシズの光浦です。オアシズを解散するときは私が芸能界を辞めるときです」と言って断っている。2007年7月20日に脳動脈瘤の処置を行うため、入院した。長女なのにあかの他人のお下がりの服を着ていた。大学1年生の時一度だけ、「押入れの湿気取り」を万引きをしたことがある。小さい頃から近所の人たちに「経理顔」と言われていた。小学生の子役に、「カマキリみたい」と言われた。兄嫁に「靖子さん」と言われるだけで嬉しい気持ちになる。

いじめられキャラと言う立ち位置があるならその一人だろう。芸風なのか素でもそうなのか、可愛げに欠ける。容姿だけではなくひがみ易い性格が災いしてるのかも知れない。なまじ口が達者だから尚更だ。先の逸話を読むと可愛そうにもなってくるが、これなんかもいじめられっ子は場所を変えても同じ扱いを受けてしまうのに似ている。もし彼女が計算で今のポジションに収まっているとしたなら、それはそれで怖い存在だ。男は利口な女を嫌う傾向がある。おバカブームではないが、少しくらい足りないと思われたほうが可愛げがある。それを意識してできる人こそ真に賢い。女性に限ったわけではないけれど…^_^;
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-05-20 23:15 | 1970-1974(35~39才)


<< 日本人史上3人目の快挙。【今田竜二】      昨年度の好きな若手俳優アンケー... >>