鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 14日

かなりな負けず嫌いなようで…。【釈由美子】

c0119436_703535.jpg

釈由美子、1978年6月12日生まれ。東京都清瀬市出身。血液型B型。165cm、45kg。吉祥女子高等学校を経て学習院女子短期大学中退。「所沢です」と出身地を語ることもある。1997年、短大在学中に講談社週刊ヤングマガジンの「Missキャンパスグランプリ」にグランプリに選ばれてデビュー、グラビアアイドルとして男性ファンを多く集め、同年放送のTBS系の深夜番組『ワンダフル』で 第1期ワンダフルガールズとして出演。翌年1999年、サントリースーパーホップスキャンペーンガールに抜擢されたのを皮切りに本格的にグラビア活動を開始。翌年には各グラビア誌を総ナメ、〝釈を表紙にすると売れる〟とまで言われるようになり、 グラビアクイーンの名を欲しいままにする。その後バラエティー番組で、不思議キャラ、天然ボケキャラ、電波キャラとして親しまれていた。

演歌歌手のジェロに、好みの女性として知花くららと共に名前を挙げられている。一昨日はトヨタの新型車の発表会で会見。新ミニバン「アルファード」と新型車「ヴェルファイア」の存在感や高級感を表現するため、胸元を強調したオートクチュールをまとって登場。見事な谷間を形成したバストは85センチ、Eカップで関係者によると、今年から始めた加圧トレーニングでカップ数が2つ上がったという。この日のために制作した衣装と宝石は総額3億6000万円相当。コージアトリエ製のオートクチュールが6000万円、ディアディクト社のネックレス、リング、ブレスレット、イヤリングが計50カラットで3億円だった。会見の最後は、主演中のテレビ朝日系ドラマ「7人の女弁護士」(木曜午後9時)の決めゼリフに引っ掛けて「(車選びに)残された答えは1つです」。言葉通り、アルファードとヴェルファイアのどちらかを実際に購入しており、1カ月後に納車予定という。

不思議ちゃんキャラの彼女も来月30歳。なかなか息の長いタレントだ。少女マンガのヒロインさながらの愛くるしい顔立ちは健在だ。彼女のイメージには明かりさばかりで、マイナスイメージが殆ど感じられない。こういう人は得な存在だ。現に企業CMのキャラクタとしての評価も高い。人間、物事の捉え方一つで受け取られ方も大きく変わる。彼女から学ぶことは大きい。いつもニコニコはそう簡単なことではない。解っていてもできるものではない。ついつい、しかめっ面してしまう。鏡に向かって「にこっ!」してみるか^^;。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-05-14 23:59 | 1975-1979(30~34才)


<< 13人目の400号達成、本人も...      生まれたときから見えないって…... >>