鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 30日

「おせん」好演中。【蒼井優】

c0119436_92111.jpg

蒼井優、1985年8月17日生まれ。福岡県春日市出身。血液型A型。身長160cm。堀越高等学校卒、日本大学芸術学部演劇学科中退。小学生の頃から地元のモデル事務所に所属してCMや広告に出演しており、1999年に約1万人の中からミュージカル『アニー』のポリー役に選ばれデビューした。2001年には、岩井俊二監督の『リリイ・シュシュのすべて』で映画初出演。その後、2002年、三井のリハウスの10代目リハウスガールに選ばれ、2003年、『高校教師』で初めて連続ドラマにレギュラー出演するなど、活躍の場を広げていった。

2005年、7本の映画出演作が公開され、『ニライカナイからの手紙』で単独初主演を果たした。2006年、第11回釜山国際映画祭にて行われたスターサミットアジア2006に参加し、これからアジアの映画を担っていく女優として市原隼人、香椎由宇らと共にカーテンコールの1人に選ばれた。2006年度は、映画『フラガール』などでの好演が認められ、第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞をはじめ、多くの映画賞を受賞した。本人曰く「自分は個性がないところが個性だ」。宮崎あおいとは仲が良く、映画『害虫』やドラマ『青と白で水色』、CM『ファイブミニ』、雑誌、など多くの機会で共演しており、お互いを「あおい」、「優」と呼び合っている。年齢より若く見られることがよくある。時には中学生に間違えられることがあるとテレビ等で語っている。

素朴な感じのする女優さんだ。かつての田中裕子を髣髴させる雰囲気がある。その人の持つ雰囲気とはとても大切だ。俳優と言えども瞬間に作れるものではなく、育んできた経験や体験からでしか生み出すことはできない。自分のかもし出す雰囲気とはどんなものだろう?鏡に映るものではないから自ら評価することは難しいが、私の場合50年近く生きてきた今が、一番自然体でいい姿のように感じる。無理をしていないから。器に合った自分とでも言ったらいいだろうか、己の器量・力量が分かってるのと分からないのとでは雲泥の差だ。この年齢に感謝したい。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-04-30 23:59 | 1985-1989(20~24才)


<< 本人曰く、肩書きは「作詞家」。...      今年のブレイク、イチ押し!【世... >>