鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 14日

カラオケ定番の女王。【今井美樹】

c0119436_659011.jpg

今井美樹、1963年4月14日(今日が誕生日)。宮崎県児湯郡高鍋町生まれ、東京都出身。血液型AB型。オーディオ専門店の一人娘として生まれる。ジャズ好きの父親の影響を受ける。中学時代には松任谷由実に熱中し、ピアノの弾き語りをする。宮崎県立高鍋高校を卒業後、スチュワーデスを目指し上京。1981年 横浜で行われたインターハイに100mハードルとリレーメンバーとして出場。1983年 ファッション系女性情報誌『エムシーシスター』(mc Sister)でモデルとしてデビュー。デビュー前の1982年には、読者ダイエットモデルとして『アンアン』に出ていたこともある。1984年 山田太一脚本のTVドラマ『輝きたいの』で女子レスラー役として女優をスタート。1986年 映画『犬死にせしもの』(井筒和幸監督)に出演。唯一のヌードシーンがある。1986年 『黄昏のモノローグ』で歌手デビュー。

1987年 第29回日本レコード大賞において、アルバム『elfin』で優秀アルバム賞を受賞。1988年 第30回日本レコード大賞において、アルバム『Bewith』で優秀アルバム賞を受賞。1988年 資生堂秋のキャンペーンソングになった4枚目のシングル『彼女とTIP ON DUO』のヒットでブレーク。1990年 ドラマ『想い出にかわるまで』に主演。1991年 11月7日シングル『PIECE OF MY WISH』発売。120万枚を超える自身初のミリオンセラーとなる。1991年 ドラマ『あしたがあるから』に主演。これ以降歌手活動がメインとなり女優活動はほとんど行っていない。1996年 シングル『PRIDE』が売上160万枚を超える自身最大のヒット。2006年 12月31日NHK紅白歌合戦に初出場し『PRIDE』を歌う。夫の布袋寅泰もギターで参加・共演した。

カラオケの定番を何曲も持つ彼女。華々しいほどのいくつものヒットと、第一線での画面露出が彼女を支える。見られることで人は綺麗になる傾向がある。そして伸びやかな歌声。女性ヴォーカリストとして理想的な軌跡を歩む。最近カラオケに行っていない。男性が女性の歌を歌うのが流行りでもあるが、誰しも十八番を持っているものだ。私の好きな歌は、J-WALKの「何もいえなくて夏」かな?若い人の歌うラップのようなものは全く歌えないし、その気になれない。情景が見えるようなバラードが好きだ。見られていることを意識しつつ、年齢相応の味わいのある歌を傍らに歌ってみたいものだ。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-04-14 23:59 | 1960-1964(45~49才)


<< R-1グランプリでも準優勝。【...      平和の祭典を上手にリードして。... >>