鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 10日

なごみーずが好評。【太田裕美】

c0119436_2291682.jpg

太田裕美、本名 福岡弘美。出生日 1955年1月20日生まれ。血液型A型。上野学園高等学校入学。東京都荒川区出身。歌手であるが、独特のハイトーンの可憐な声質や、ルックスの良さ(可愛さ)からアイドル視される事もしばしばあった。事実、当初はキャンディーズの一員としてデビューする予定だったが、田中好子と交代している。歌謡曲を歌う庶民的なアイドル歌手と、1970年代半ばに台頭してきたフォーク/ニューミュージック系歌手との中間的なイメージがあり、独特な位置づけの人気歌手になった。

1975年12月に3作目のアルバム『心が風邪をひいた日』からシングルカットされた『木綿のハンカチーフ』が大ヒット、翌1976年のオリコンチャート4位を記録(1位は子門真人『およげ!たいやきくん』)、スター歌手の仲間入りを果たした。なお、NHK紅白歌合戦には初登場の1976年から1980年まで、5年連続で通算5回の出場経験がある。この後の曲調はポップスが中心となり、その後も『赤いハイヒール』『最後の一葉』『しあわせ未満』『九月の雨』などをリリースしてヒットさせる。しかしその一方で多忙をきわめ、喉を痛めるなどの苦労もあった。2008年現在コンサートツアー、ドラマ出演等、精力的に活動している。また太田、伊勢正三、大野真澄の3人で全国をまわっている『アコースティックナイト』コンサートを開催していて、好評を得ている。この3人は「なごみーず」と呼ばれるユニットを組んでおり、2007年12月2日にはコンサート会場と通販のみの限定リリースで、ライブ盤のCD「アコースティックナイト」を発売した。

清純派歌手の代表的存在だった。少しふっくらした感はあるが、年相応に年輪を重ねるのは悪いことではない。私の周りにも極端に若く見える人もいるが、それもある年齢まで。後期高齢者^_^;になれば五十歩百歩ってところだろう。そんな外見よりも内面を鍛えたいものだ。足腰はもちろん、頭の体操を含め見えない部分は人生を楽しく生きる上で欠かせない。見える部分だけに惑わされてはいけない。騙すのが上手い奴がワンサカいる。騙す奴も悪いが、騙される愚かさも猛省すべきだろう。さて、あなたはどちらだろう?騙されたい方?
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-04-10 23:59 | 1955-1959(50~54才)


<< 贈る言葉はラブソングって知って...      R-25でのエッセイも人気です... >>