鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 04日

今を輝くファッションリーダー。【木村カエラ】

c0119436_9225687.jpg

木村カエラ、1984年10月24日生まれ。東京都足立区出身。血液型A型。身長154.6cm、体重41kg。 東京都立向丘高等学校卒業。母は日本人、父はイギリス人。カエラ(Kaela)とはヘブライ語で「最愛」の意味。趣味はギター、ピアノ、服作り。得意なスポーツは水泳。昔、神社で巫女のアルバイトをしたことがある。また、高校時代から「animo」という名前のインディーズバンドを続けており、2005年には「...of newtypes」というオムニバスCDにも参加していた。ノー・ダウトのボーカル、グウェン・ステファニーから影響を受けている。また、ランシドのTIMの大ファンでもあり、自らモヒカンフリークと名乗る。ライブツアーは大ホールはあまり利用せず、1000人規模の集客のライブハウスを中心に活動している。2007年6月、初の武道館ライブを行う。

ガンダムシリーズのフィギュアやプラモデルを自分の部屋に飾っているが、ファースト派である事をラジオ番組でカミングアウトした。コスプレが好きなようで、saku saku内では幾度かコスプレを披露している。漫画好きで、中でも好きなのは「ONE PIECE」。本人いわく、肉好きの大食いであるが、胃下垂であるため太らないらしい。

モデル出身の彼女。時代のトレンドを地で行ってる自然体が、若者に大きな支持を得る。ハーフは見た目に綺麗な娘が多い。日本人特有の扁平な顔立ちと違って、彫りが深く目鼻立ちがハッキリしている。ただこれも若いときは美の方に傾くが、老いては老けるのも早い。逆に平坦な顔立ちの人は、見た目にさほど変化がないから年老いてからの変化は少ない。人間は割合、公平にできている。だから、今不幸に感じている人がいたなら、反対側に良い事があると思ったらいい。なかなか思えないかもしれないが、必ず光と影でできているのが世の常だ。法則のようにも感じる。諦めない者にだけ恩恵が訪れる。公平だからと言って、カエラの晩生が醜くなるわけではないが…。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-04-04 23:59 | 1980-1984(25~29才)


<< カシマ10冠達成の原動力。【小...      チームはやっと今日今期1勝目。... >>