鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 23日

さんろすLIVEに遊びに来てくれました。【中村中】

c0119436_842215.jpg

中村中(あたる)、愛称 あーちゃん、1985年6月28日生まれ。東京都墨田区出身。幼少の頃より音楽に触れる。10代初めより独学でピアノを習得。千葉県成田市に住んでいた時、中学の音楽の先生からも音楽を習う。15歳の頃より作詞作曲を始める。性同一性障害を抱えており、戸籍上の性別は男性であるが、精神は女性で外見も女性。中学3年生の頃より路上ライブを行い、ストリートミュージシャンとして活動するようになる。後に高校を中退し、本格的に音楽活動を始める。2004年3月28日、第5回かつしかバンドフェスティバルにてグランプリを受賞。同大会でのソロボーカルの受賞は史上初。11月、ヤマハ音楽振興会主催のTEEN'S MUSIC FESTIVAL 2004の全国大会に出場する。以後、ヤマハに所属し、インディーズで楽曲制作や、ライブハウスなどでライブを続ける。

2005年6月28日、P-PRO Musicからインディーズ盤『友達の詩』を1000枚限定で発売。2006年2月22日発売の岩崎宏美のアルバム『Natural』に楽曲「友達の詩」を提供。作家としても片鱗を見せる。6月28日、自身の21歳の誕生日にシングル『汚れた下着』でavex traxからメジャーデビュー。この5日前の6月23日に未発表の楽曲「愚痴」を、着うたにてメジャーデビューに先駆けて配信する。8月11日から8月13日まで、舞台『Radiogenic リーディング・スペクタクル 優雅な秘密』、13日『Radiogenic リーディング・スペクタクル 特別公演苫小牧スペシャル 下町日和』にディーバ役で出演し、舞台俳優としてもデビューする。

透明感のある歌声と女性さえも羨むルックス。今人気絶頂の中くん。彼が一昨日遊びに来てくれた!(^^)!。明日からオープンする新橋の「ライブ酒場 さんろすLIVE」のレセプションに友人が連れてきてくれた。彼のことは私もデビュー前から知っていて、そのステージを始めて見た時には軽い衝撃を受けた。インパクトがあった。表現者としての資質に溢れていた。そんな彼が今活躍しているのをリアルタイムに見れるのは嬉しい。仕事も忙しいだろうが、たまには是非寄ってもらえたなら感激だ。さぁ、明日から始まる「さんろすLIVE」のご紹介を少しだけさせていただこう。JR新橋駅から徒歩2分、生ビール500円、焼酎ボトルも2000円を切る低価格からご用意。音楽をする人も聴く人も両方が楽しめる座席数55席のサラリーマンの聖地ならではのお店だ。店長の武田氏は新橋で洋食屋さんを35年間やっており、お酒だけでなくおいしい料理も安く提供する。案内を添付するので、興味ある方は是非足を運んで頂きたい。私も頻繁に顔をだすつもりだ。お会いした時には是非お声を掛けてくださいね。
c0119436_85349.jpg

[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-03-23 23:59 | 1985-1989(20~24才)


<< 祝、大阪場所優勝。【朝青龍】      56歳でセミリタイアして再復活... >>