鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 21日

世界選手権、残念だったね。【安藤美姫】

c0119436_10192077.jpg

安藤美姫、1987年12月18日生まれ。愛知県名古屋市出身。身長162cm。愛称は「ミキティ」。トヨタ自動車所属。中京大学体育学部在籍中。トリノオリンピック女子シングル日本代表。2007年世界選手権優勝。2002年のジュニアグランプリファイナルにおいて、ISU公式大会で女子選手として史上初の4回転ジャンプ(サルコウ)に成功。非常に明るい性格であり、日本フィギュア界のムードメーカー的存在である。試合において、小さい頃から現在も変わらずに常に楽しむこと「エンジョイ」をモットーに掲げている。

荒川静香や高橋大輔との親しい交友関係はよく知られており、1人っ子である荒川は安藤を妹のように可愛がり、長女である安藤も荒川を姉のように慕っている。女性歌手の絢香とは生年月日が同じで、親交も深い。2006-07シーズンのエキシビションでは絢香のデビュー曲「I believe」の英語版を使用し演技を披露した。この英語版は絢香が安藤へプレゼントする為に特別レコーディングしたもので、CD化はされていない。安藤は「自分を信じることで全てが始まる」という歌詞で前向きになれたと語っている。2007年世界選手権のエキシビションでは絢香の生歌と演技のコラボレートが行われた。

今年の世界選手権はSP8位と出遅れ、フリーは右足故障により棄権してしまった。期待が大きいだけに、並みの結果では周りは納得しない。若干20歳だが、これまでにどれほどの紆余曲折があったことか…。凡人の我々には想像できない。アスリートはその人生の殆どを競技に賭けて生きている。だから、それ以外の選択肢はあり得ないのだろう。でも、ちょっと視点を変えただけで別な道が開けることはよくあることだ。彼女も今回の成績を後に残さないで、新たな戦いにトライしてもらいたい。また、どこかで区切りがついたときには他の世界もチャレンジしてほしい。人間にはいろんな可能性がある。私も今、さんろすライブのスタッフの一員として新橋のお店を側面から応援しているが、いろんな人の支えで助けられていることを痛感する。これからも皆様、よろしくお願いいたします。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-03-21 23:59 | 1985-1989(20~24才)


<< 56歳でセミリタイアして再復活...      中学時代はイジメられっこだった... >>