鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 11日

女子マラソン初の連覇へ。【野口みずき】

c0119436_716476.jpg

野口みずき、1978年7月3日生まれ。三重県伊勢市出身。オリンピック・マラソン競技金メダリスト。女子マラソンの日本記録、アジア記録保持者。血液型O型。身長150cm、体重40kg、左利き。小柄ながらも、強い筋力を生かしたストライド走法の走りが持ち味である。現在の所属はシスメックス株式会社。中学1年から陸上を始めた。宇治山田商業高校時代には3,000mでインターハイに出場、駅伝でも活躍した。1999年2月、監督らとともにグローバリーに入社。この年の犬山ハーフマラソンに優勝したのをきっかけに、ハーフマラソンを中心に取り組むようになる。1999年の世界選手権では2位、2001年全日本実業団で優勝するなどその活躍はめざましく、「ハーフの女王」として知られた。2007年7月の札幌国際

ハーフ優勝までハーフマラソンでは30戦19勝。2002年3月、初のフルマラソンとなった名古屋国際女子マラソンでは、中盤の25Km過ぎで2位の大南博美、3位の田中(現.大島)めぐみらを引き離して独走、初優勝を飾る。翌2003年1月には大阪国際女子マラソンへ2回目のフルマラソンに出走。当時日本歴代2位の2時間21分18秒で優勝。国内最高記録をマークした。2004年8月22日、アテネ五輪の女子マラソンは、12秒の差で野口が逃げ切って優勝。シドニーオリンピックの高橋尚子に続き、日本に2大会連続のオリンピック女子マラソン金メダルをもたらした。2008年3月10日、北京五輪女子マラソンへ正式に代表入りを果たし、2大会連続の五輪出場を決めた。

安定感No.1。彼女の走りは力強い。自他共に認める、マラソン界の女王だ。彼女を見ていると、決して恵まれた環境ばかりでないのに、キチンと結果を出してくるその姿には学ぶべき点が多い。期待通りの結果を残せる人が真の実力者だろう。私なども気分が乗っている時には相応の力を発揮できるが一定していない。ムラがある。この似顔絵にして然りだ。似てる時とそうでない時の差が甚だしい。彼女も言ってるが、先日の名古屋で負けたQちゃんの分まで是非いい走りをしてもらいたい。国民みんなで応援している。
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-03-11 23:59 | 1975-1979(30~34才)


<< 無駄に長いカタカナ名前?【ユー...      2008年世界長者番付は3位に... >>