鈴信博堂の似顔絵日記

suzunobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 28日

北京オリンピック、出場期待してるよ。【高橋尚子】

c0119436_65116.jpg

高橋尚子、1972年5月6日生まれ。女子マラソンオリンピック記録保持者(2時間23分14秒)。爽やかな笑顔と前向きな生き方から多くのファンを生み出し、社会人時代初期から引き継いでいるQちゃんの愛称で親しまれている。岐阜県岐阜市出身。中学から陸上競技を始め、藍川東中学‐県立岐阜商業高校‐大阪学院大学商学部を経て、1995年に小出義雄が陸上部監督を務めるリクルートに入社。1998年3月8日の名古屋国際女子マラソンでは、後半に驚異の追い上げを見せて2時間25分48秒という日本最高記録を4秒更新してのマラソン初優勝を果たす。

2000年9月24日のシドニー五輪女子マラソンではトップでゴール。常にレースを引っ張る堂々たる走りは、ゴール後のさわやかな笑顔とともに、世界のマラソンファンに強い印象を与えた。高橋の五輪での金メダル獲得は、日本マラソン界の長年の悲願達成であるとともに、日本女子陸上界においても史上初の快挙だった。またゴールタイムの2時間23分14秒はジョーン・ベノイト(米国)がロス五輪でマークしたタイムを16年ぶりに更新する五輪最高記録である(この記録は今もなお破られていない)。これらの功績により国民栄誉賞を受賞(2008年現在、高橋は最後の国民栄誉賞受賞者である)。2001年9月30日のベルリンマラソンでは、女子初の2時間20分突破となる2時間19分46秒の世界最高記録(当時)をマーク。2008年北京オリンピック女子マラソン代表入りのため、3月の名古屋国際女子マラソンに出場するべく一昨日中国から帰国。

人間の感動なんて一時的なものに過ぎない。あれほどフィーバーしたオリンピックでの活躍も今や台頭する若手に取って代わられた。特に日本人は熱しやすく冷めやすいと言われるが、周りの雰囲気に流されることが多いように感じる。彼女も辛酸をなめたに違いないが、まもなく迫る最終選考レースには是非がんばって欲しい。勝って当たり前と言われるような展開ほど緊張するものはない。見ている方は気が楽だがやる方のプレッシャーは半端じゃない。我々の日常にはなかなかそう言った展開はそうあるものではないが、多少は緊張感も悪くはない。ありえない状況を想像しながら、もうひとつの別な自分をイメージして見るのも楽しい。Qちゃん、がんばって!
[PR]

by suzunobu-nigaoe | 2008-02-28 23:59 | 1970-1974(35~39才)


<< 祝連続300日達成!【峰竜太】      モヤモヤ病はもう完治されました... >>